データ復旧

2012年4月19日 (木)

いろいろ試しましょうね

昨日、珍しくデータ復旧が2件続きましたのでメモ代わりに残しておきます。

最初のトラブルは、購入して一年のノートPCで突然起動に大変時間がかかるようになってしまったと呼んでいただきました。
確かに電源ボタンを押してからデスクトップにアイコンが現れてどうにか使えるようになるまでに30分くらいかかりますのでおかしいですね。お客様によると『スタートアップ修復』も『チェックディスク』も途中で止まってしまうそうです。購入後すぐとか3年以上経過してからではなく、購入から1年でハードディスクが壊れてしまうとは考えにくいのですが思い当たることがあったのでお預かりしてじっくり見させていただくことにしました。
ーで、持ち帰ってからハードディスクを取り出して仕事場の検証機(Vista)につないで見ると問題なく認識できましたので、データを取り出してからチェックディスクをかけると予想通り『ファイルシステムエラー』が次々と修復されていきます。
これって原因はよくわからないのですが『Vista』以降によく遭遇するトラブルで、メーカーのサポートでは『リカバリ』を勧められるようです。確かに自機につないだままではどうにもならないうえにハードディスクが壊れてしまったわけではないのでリカバリになってしまうのも仕方がないようにも思えますけどね・・・。あと、取り出してから接続するPCがWindowsXPでもうまく認識できないようです。同業の方でもまだXPを検証用に使っている方がまだまだいますけど、少なくともこのトラブルには厳しいかもしれませんね。

次は、デジカメの写真データを保存したDVDを間違って上書きしそうになり、あわてて中断したものの読み込めなくなってしまったというトラブルで呼んでいただきました。PCには保存されていないらしく、撮影に使ったSDカードも確認してみましたが消去後に上書きされているらしく復旧ソフトでも一部のデータしか出てこないようです。
ーで、問題のDVDからどうにかして取り出すしかないのですが、市販のデータ復旧ソフトでもCD/DVDからの復旧に対応しているものとそうでないものがあるようです。ウチはとあるデータ復旧の研修を受けたときに購入した(講習の料金に含まれていた)英語のソフトを使っていますが、ソフトによっては試用版で復旧できるかどうか試せますのでいろいろやってみることをお勧めします。あ、データは運良く全部取り出すことができました。今回はソフト頼りでしたけど・・・。

データ復旧の場合、どうしても『ふわっとした』書き方になったしまうのはどのくらい『壊れているのか』によってご対応がずいぶん変わってしまうからなんですね。また、専門の業者でも得手不得手にはずいぶんばらつきがあるのが現状ですので、こちらもいろいろ試してみられることをお勧めします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

前兆あり

本日のお客様、

毎度おなじみの起動不良です。2004年製なのでご相談の上 PCを買換えして頂くことになったのですが『 マイドキュメント』だけはなんとか取り出して欲しいとのことですのでデータ復旧でお預かりすることになりました。

最初にハードディスクを抜きだして検証用のPCに接続したのですが、『Documents and Settings』の『 Owner』フォルダだけがどういう訳だか「フォルダは空です」と表示されて開くこともできません。フォルダ情報が壊れてしまっているんでしょうか?

次に、ハードディスクを本体に戻して「Ubuntu」の最新版ライブCDで起動してみますがまったく反応せず。ではPCに近い年代のものをということで「KNOPPIX5. 3. 1」で起動してみると、ドライブ直下に『Folder000』というフォルダがあり、辿って行くと『Owner』フォルダが見つかりましたので丸ごとコピーして無事にデータを取り出すことができました。やはりフォルダ情報が壊れてしまっていたようです。

データの取り出しはできていますしPCの買換えも決まっているので、回復コンソールから chkdsk / rなどやってみましたが、ハードディスクから「カランカラン」と音がするようになってしまいましたのでダメ押ししてしまったようですね。終了です。

単独でのデータ復旧は久しぶりでしたが、今日のような起動しないというようなわかりやすい形でなくても「前兆」は必ず出るんだと思います。5年以上使用されているかたには特に注意をお願いしたいです。まあ、バックアップがきちんと取れていれば問題ないわけですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

8GBに1200枚

いかんですね、また週二になってきました。それほど忙しくしているわけでもなんですけどね。
今週ご対応した中から少し…。
Android携帯をご利用のお客様から操作を間違って消してしまった写真データ取り出しのご依頼をいただきました。8GBのマイクロSD8GBから出てきた写真は1200枚でしたが、お客様は特にパソコンを母艦にしたりはしないでご利用されているようでした。
まぁ確かに携帯電話でデータのバックアップをパソコンにしっかりとっておられる方は少ないと思われますが、せっかくのスマートフォンですからパソコンに繋いでおくといいと思いますね。
写真その他のデータを自動的にクラウド上に保存するアイデアもあるようですけど、現状の帯域とどの位の大きさの器を用意しないといけないかを考えると多くの方が容量を余らせているローカルのPCに同期を取るのが現実的だと思いますね。数年先にはどうなっているのかわかりませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

あとで、

福岡での地震のあとに対応したお仕事の中から書いても問題なさそうなものを少し…。

  • “落下”が原因で起動しなくなったPCは、ノートPCならメモリやバッテリーを一旦外して取り付け直す、デスクトップPCならメモリやケーブル類に加えてボタン電池を付け直すことで復旧することが多かったですね。この症状は、落下から数年経過してトラブルになることがある(緩んでいたんでしょうね…。)ので、落下や転倒があった場合は問題なく起動していても点検されることをおすすめします。
  • 水没したPCに保存していた写真をどうしても取り出して欲しいと言われたんですが、元のデジカメを確認してみるとすべての写真がSDカードに残っていました。最近は容量が大きいのでSDカードに残す設定になっているケースも多いようですね。携帯電話の写真データなどはご本人に全く意識がなくてもバックアップソフトでPCに保存されていたりすることもありました。
  • デジカメは本体が粉々になったり泥だらけで電源入らなくなっていてもメモリーカードさえ無事ならデータを散りだすことが出来るかもしれませんね。逆に地震があったときに大切だからバッテリーとメモリーカードを抜いて別に保管しておいたら、そっちを紛失してしまったお客様もいらっしゃいました。笑えません。
  • おまけ、以前に記事に書きましたがデスクトップ機の本体から大きな音がすると言われて開いてみたらCPUクーラーがマザーボードに麻縄で縛り付けてありました。地震で落下した後、近所のおじさんが親切で直してくれたらしいのですが、さすがに3年経って緩んできた模様です。『パソコンは精密機械ですから』と言われることが多いですが、まぁ結構平気だったりもします。

壊れたPCのご対応やデータの取り出しなどはもう少しあとになりそうですが、首都圏でも停電が続いたりすると故障や不具合が増えそうですね。時間に制限がないのなら、簡単に諦めずにいろいろとあがいてみるのがいいのかもしれませんね。
『パソコンのサポートやってます。』のfacebookページではただいま皆さんおからのご質問受付中です。『今なにしてる?』の欄に書きこんでいただければ出来る範囲で頑張ってお答えしたいと思いますので宜しくお願いします。facebookのアカウントをお持ちでない場合はこの記事にコメントいただければ転載いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

始まりはハードディスクから

昨日の夜から始めた仕事場での初作業はハードディスクからのデータ復旧でした。
幸先良くうまくいきそうなのでまとめを少し…。

仕事始めにPCを起動しようと思って電源を入れても全く反応しないとのお話で伺ったのですが、どうも電源ユニットに問題が発生しているようです。机の下を見てみると3分岐コンセントを2段重ねでご利用になっていますがコンセントはすっかり変色していて一部焦げています。6日間の休み明けですし特定は難しいですが怪しいですね。

さらに、大事なデータを保存しようとハードディスクを取り出してIDE/USB変換ケーブルを使って持ち込んだ検証用PCに接続してみますが異音こそしないものの全く反応ありません。PC本体の復旧はウチでは難しいので、今回はデータの復旧のみ承ることにして取り出したハードディスクを持ち帰りました。

ーで、ウチで機材にかけるとどうにか読み取りはできそうなので2時間ほどかけて200MBほどのデータを取り出して終了です。本日情報ですが、PC本体を買い換えることになりましたので後日新しいPCにデータを戻しに伺うことになりました。

ここで少し脱線してハードディスクのトラブルについてですが、『異音がする』などの“機械的な故障”によるものは専門の業者に数十万円かけて依頼をすることになりますが、今回のように『特に異音はしないけれど接続しても認識されない』場合は、PCを起動して毎回同じような作業をして短い時間でシャットダウンするような使い方をされていることが原因だったりすることもあるようです。その場合は、電源が正しく供給されるPCに取り付けてCD/DVDブートでWindowsのインストールディスクからチェックディスクをかけると復旧したりしますね。その後も使い続けられるかどうかは全く保証しませんが…。
また、異音がするようなケースでも今くらいの時期に一晩おいておいたりして“完全に冷えた”状態にすると短い時間ですが一時的に使えるようになったりします。その昔、冷蔵庫に入れておくと復活するらしいとか言われていたのも同じだと思います。同じく復旧についても全く保証しませんけど…。

いわゆる定番でないトラブルの解決には『たくさんの解決方法を用意しておく』ことが大切ですね。ウチは料金いただいているので当たり前ですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

3連発で思うこと、

先週から100GB超のデータ復旧案件が3件も続いてありがたい限りなんですが、データの取り出しはどうしても夜間にやることになってしまうのでちょっとフラフラです。

ーで、いづれも法人なので自分で直接受けた仕事とはいえ内容について書く事は無理なのですが、気がついたことを少し書いておきます。

  1. 大容量のPDFファイル。お仕事ではたくさん利用されているPDF形式のファイルですが、データの取り出しをしていると大きな容量のPDFファイルを見かけることがあります。以前から少し気になっていたんですが、データが100GBを超えると待ち時間も大量にあるので調べてみるとフリーのPDF作成ソフトの中に元のファイルより大きなサイズのPDFファイルを作成するものがあるようです。大変便利なPDFファイルですが、大量に作成されている方は一度調べて見られるといいかもしれませんね。
  2. 大量のショートカットとコピー確か先週も書きましたが、これはドラッグ中にマウスポインタが“飛んで”しまって行方不明になってしまったファイルやフォルダの“成れの果て”だと思われます。ずっと対応させてもらっている個人のお客様の場合は見つけたら問答無用で削除していたんですが、法人のお客様の場合はどこかのタイミングで本体だと勘違いして“愛用”している人がいたりして削除すると怒られたりします。コピーが出来てしまっている場合は、どっちが本体なのか誰にも分からなくなってしまっていることも多いのでウチとしてはお手上げです。無意味に容量を喰っているのがはっきりしていても削除できませんね。
  3. エクセルやワードの一時ファイル。これままだ何も調べていないのですが、大量にTEMPファイルが保存されていることがあります。ネットワーク上のフォルダに直接保存するような使い方をしているときに自動保存用の一時ファイルが取り残されるようなことがあるんでしょうかね・・・。

いやいや、愚痴っぽくなってきたのでこのへんにします。週末は夜間作業連発なので体調整えておかないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

最近のデータ復旧

ただいま午前6時を過ぎたあたりです。どうしてこんな時間に記事を書いているのかというと、ただいま正常に認識できなくなったハードディスクから200GBのデータを取り出しているところです。どうやら内部にエラーがないらしいことは分かっているのですが、一度内部にアクセスが出来るようになると『もし明日うまくいかなかったらどうしよう』と考えてしまうので一度つながったら最後まで一気にやってしまうことになりがちです。ただ、転送速度ががっくり落ちた状態で200GBのデータを転送するのはやはり大変です。

ーで、朝まで時間はたっぷりあるので、しかも現在ハードディスクを扱っているのでバックアップに関連して最近気になることを少し書いておきます。

最近続いているのがUSB接続のいわゆる外付けハードディスクがある日突然認識しなくなるトラブルです。昨年からタウンページの広告にも『データ復旧』を掲載していることもあってある程度大きな規模の法人のお客様から引き合いをいただくことがあるのですが、近頃は悪い景気の影響なのかファイルサーバーやNASを導入する代わりにUSB接続の外付けハードディスクにまるごと共有をかけて使用されているのを良く見かけます。確かに最近は1TBのUSB外付けハードディスクが1万円程度で手に入りますので、同じ容量のファイルサーバーやNASよりもずいぶん安く手に入ります。ただ、特に外付けハードディスクを管理している基盤部分が一度にたくさんのアクセスを受けることに耐えるように出来ているのかどうかについてはちょっと心配ですね。アクセス権の設定など機能上の差もありますが、ファイルサーバーやNASには“それ相応”の耐用性が設定されていますので簡単にUSB外付けハードディスクで代用して済むものではないように思います。価格が安い分、きっちり二重化するなどで済むことはあると思いますが…。

現在、120GBほど取り出したところで元のハードディスクもずいぶん熱くなってきましたのでデータの取り出しは一旦おやすみです。また明日、あ、今夜か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

どっちがよかったかと…。

本日のお客様、

WindowsXPご利用でこんなの

kidou

が繰り返し表示されるようになって、ハードディスクがカッコンカッコン鳴っていますのでハードディスク障害の模様です。ほとんどのデータは外付けハードディスクに保存されているもののデスクトップに作業中のデータが少し有るということなので、ハードディスクを取り出してデータを取り出すことになりました。先月にも同じようなケースがありましたがハードディスクが熱くならないうちであればアクセスができるようなので、前回と同じくうちわに登場してもらって500MB程のデータを30分ほどで取り出して終了です。PCは購入してから7年だということなので買い替えになる模様です。

ただ、今回のお客様も『バックアップ』を少し勘違いされているようでした。お客様は普段からデータの保存先を外付けハードディスクにされていたようなんですが、今回のように壊れたのがPC本体ではなくて外付けハードディスクの方だったら大変なことになっていたところです。確かに新しいほうが壊れにくいということは言えるのかもしれないのですが、『データが一カ所にしかない状態を回避する』ことが大切なポイントですね。ハードディスクの価格はずいぶん安くなっていますので、大切なデータをなくさないためにもバックアップの設定をおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

うちわ

本日のお客様、

法人のお客様なんですが、外付けのハードディスクが認識しなくなってしまったとのお話です。実際に見させていただくと電源が入ったままでなんだか「カチッカチッ」と嫌な音がする上に触れないくらいに熱くなっています。確かこの機種には冷却ファンがあったはずだと思って背面をみてみるとしっかり止まってしまっています。市販の内蔵ハードディスクが外付けケースに入っているものみたいですが、電源ボタンは効かないみたいなので電源コードを外して分解してみましたが、ファンから伸びているケーブルはしっかりコネクタにつながっているのでまぁ単純に故障なんでしょうね。

お客様によるとこのハードディスクにしか保存していないデータがたくさんあるらしく、しかも今日の夕方までに必要なものが幾つかあるとのことです。またまたバックアップを間違えて理解している人がここにもって感じですね。別に保存する場所はどこでもいいのですが、「データがひとつの場所にしかない状態を解消する」ことがバックアップの大事な部分だと思うんですけどね…。って能書き垂れている間にデータを取り出さないといけないのですが、取り出したハードディスクをUSB変換ケーブルで私の検証用PCに接続してもうまく認識できないようです。

ただ、うまく説明できないですがいつもの壊れたハードディスクを扱っている時とは様子が違うので、取り外したハードディスクをお客様から“うちわ”をお借りして冷やしてみることにしました。ご家庭だと扇風機があったりするんですが、事務所だといいとこうちわですね、何も無いよりは全然ましですが…。

ーで、10分ほどで十分に冷えたようなのでもう一度接続すると、今度は問題なく認識できました。まず大事な分を取り出した後全部で10GB程のデータを30分弱で取り出すことができました。念のため取り出している間もずっとうちわ使っていましたが…。

数千円で外付けケースを買い直せばまた使えるような気がしないでもないですが、一度熱でやられているのでやっぱり怖いですね。どちらにしてもバックアップの設定をしっかりやる必要がありそうですから、来週もう一度呼んで頂くことにして今日は終了です。
まぁ何でも冷やせばなんとかなるというわけではないですがラッキーでした。

dr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

キャンペーンやってます。

お仕事をさせていただくようになってもう2年?になりますが、キャンペーンをやっていますのでご興味のある方は右または下のバナーからキャンペーンページをご覧下さい。

キャンペーンをやるような性格のサービスなのかどうかはなんとも…。

18080

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧