« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月24日 (土)

土曜日のおまとめ

はい、おまとめです。先週は丸々飛ばしてしまって失礼しました。年末までに終わらせないといけないお仕事や年度末に向けての見積もりや年賀状作成のために久しぶりに無防備なままのPCを使い出したら一発でやられてしまった方へのご対応などでえらいことになっています。『これでウチもついに軌道に乗ったか?』と勘違いするのも毎年のことですが…。

今週も二件お届けします。

最初は少し前にたくさん対応したような気がしますが、起動すると大量のウィンドウが開いて操作不能になり、しばらくするとデスクトップの壁紙が消えアイコンが消えスタートメニューも空になりすべてのプログラムにも何も表示されなくなってしまう『アレ』ですね。しばらくすると画面中央にあやしいセキュリティ対策ソフトっぽいものが現れて(実際それしか扱うことができないので)『OK』とかクリックしながら進んでいくとクレジットカード番号を入力する画面になる『アレ』です。

私が対応した範囲ではWindowsVista/7でしか感染がないので『セーフモードで起動してシステムの復元』が無難な復旧方法なんですけど、最近のやつはすべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→システムの復元のショートカットを真っ先に消してしまうらしく、持ち込まれたPCはまだ壁紙が消えたくらいの初期症状でしたがシステムの復元のショートカットは消えてなくなっていました。

ーで、セーフモードで起動したあとフォルダオプションですべてのファイルとフォルダを表示する設定に変更をして大事なファイルを取り出した後Cドライブ直下の『ProgramData』フォルダを開くとお客様からお聞きした『パソコンがおかしくなった時間』に近い時間に作成された単独の実行ファイルがありますので一旦ゴミ箱に入れて再起動して問題がなくなったことを確認してもう一度セーフモードで起動をしてコマンドプロンプトからシステムに復元を起動させて一週間前のWindowsUpdateのところまで戻して復旧成功です。その後adobeやらjavaやら各種のアップデートを何度か再起動しながら終わらせて問題なさそうなので終了です。まぁ、やり口は変わっても抑えておくポイントは変わらないので焦らずゆっくり対応するのがオススメです。

次は、たぶん同じように偽のセキュリティ対策ソフトにやられたらしいのですが、お客様のPCがWonodwsVistaでメインメモリ1GBだったために長時間にわたってハードディスクがアクセスしっぱなしになったところでハードディスクに障害が出てしまったということみたいです。

起動しない症状で伺ってすぐにUbuntuを使って必要なデータの取り出しが出来たので当初はハードディスクじゃないような気がしたんですけど、セーフモードでの起動も不可・システムの復元も不可ときてリカバリメニューも表示されないとなってウチの在庫品でハードディスクの交換をやってみたらすんなりリカバリ出来たので、あらためて新品のハードディスクを使ってリカバリやって各種のアップデートをやった上で取り出したデータを戻して終了となりました。無印のVistaだとSP1・SP2から最新のWindowsUpdateまでメインメモリ1GBでは途方もない時間がかかるので作業用にメモリを増設したんですけど、リカバリはいいけどメモリの増設はダメと言われてしまって微妙な状態でのお届けとなりました。ハードディスクが新しいうちはキビキビ動くんですけどね…。

最初にも書きましたが、この時期のトラブルは年賀状の作成のために久しぶりに無防備なままのPCを使いだした方が今年流行した攻撃にしっかりやられてしまうことも多いので、我々としてはこの一年間のおさらいをやっているような気分です。懐かしんでる場合じゃないんですけど…。

あ、あと今日からTwitterの書き込みもFacebookページに流すことにしました。こちらもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

土曜日のおまとめ

はい、おまとめです。周辺では勤めていた時の同期の集まりとか忘年会の案内がチラホラ届くようになりました。特に同期の集まりはFacebookきっかけという大変わかりやすい形で進んでいて、テレビのSNS特集で紹介されるような展開が自分のごく近いところで起こっているのは不思議な感覚です。流石に福岡から東京の集まりに出たりはできませんが…。

今週も二件お届けします。

最初のお客様は、メールの送受信やWindowsUpdateなどはスムースにできるのにInternetExploereだけが全部表示されるまでに大変時間がかかるということで呼んでいただきました。一時ファイルの削除をやってもYahooJapanのトップページの右上の広告スペースが表示れないまま固まってしまうのでFlashPlayerに問題がありそうです。

ただ、InternetExploereの動作がままならない状態ではFlashPlayerの再インストールは面倒そうなんですが、お客様のPCにはGoogleChromeがインストールされていたのでFlashPlayerのインストールページを表示して『別のオペレーティングシステムまたはブラウザをお持ちですか』をクリックして『手順1』でOSを選択して『手順2』で『FlashPlayer11for InternetExploere』を選択してインストールを行うと問題なくInternetExploereが起動して表示も問題なくなりました。

各種のアップデートを行う際にGoogleChromeなどのインストールを勧められるのはあまりいい気がしていないのですが、こうやって役に立つこともあるんですね。まぁ、こういう事態に備えてUSBメモリから起動できるFirefoxやGoogleChromeも持ち歩いているので他の方法でもどうにかなったとは思いますが…。

次は最近Windows7あたりの比較的新しいPCで対応することが増えてきたトラブルなんですが、突然インターネットがつながらなくなったと呼んでいただきました。伺って見てみましたが、ブロードバンドルーターからLANケーブルまでは問題ないのですが、LANケーブルを挿してもPCは全く反応しません。デバイスマネージャでは問題なし、IPアドレスの取得NGときてコマンドプロンプトのipconfigでは『メディアは接続されていません』ではなくて192.254.xxx.xxxとAPIPAってるところにヒントありそうなんですが、ウイルス対策ソフトにはネットワークの遮断機能がなくてWindowsファイヤウォールにも設定を変えた形跡なし…。ーで、時間なくなってしまったのでシステムの復元で復旧することになりました。

ここ二週間に五件対応したすべてがシステムの復元で復旧しているのでまぁいいかとも思うのですが、原因がわからないままなのはどうもスッキリしませんね。これについてはたぶんまた対応することになると思うのでまた書きたいと思います。

今週の火曜日から自宅兼仕事場のサブマシンをWindows8にアップグレードして使い始めました。まぁ、足りないところがたくさんあるのは仕方が無いですが、それをアプリで補えばいいのか設定をどうにかすればいいのかといった情報がまだまだ少ないので、『これ一台でどうにかする』のはまだちょっと厳しいのかもしれません。時間の問題だとは思いますけどね…。『ソリティアが入ってない』という理由で採用が見送られることがないことを祈るばかりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

土曜日のおまとめ

はい、おまとめです。Windows8やiPadが発売になったりして忘れがちですが、私の周りでは各社のプリンター/複合機やはがき作成ソフトも出そろってすっかり年末モードです。ただ、Facebookなど実名で利用するサービスの普及で年賀状の利用は減ってしまうんでしょうかね…。

今週も二件お届けします。

最初は今日獲れたての画像から…、
20121103-3 
少し控えめな大きさにしておきますが、Facebookページには大きな画像も載せています(問題ありそうな所にはモザイクかけてますけど…。あ、画像じゃなくて文字ね。)ので興味がある方はどうぞ。特にコレクションしているというわけではないですが…。

どうも最近手口が変わった(以前は『枠』になる画像をローカルにダウンロードさせていたのが今回は丸ごとネットから引っ張るようです。)らしく、ネットワークに接続していなければ画像は表示されませんので少し楽ですね。以前、

この手のやつのなかでも、プロセスの『mshta.exe』を停止すると画像が消えるタイプはユーザーフォルダにある『***.hta』という拡張子のファイルを削除した上でレジストリから該当のファイルが自動起動するキーを削除して対応していたんですが、今回は問題のファイルを見つけることができませんでした。

ーと書いたことがありますが、画像にある『登録日時』でPC内を検索するとそのビンゴの時刻に作成されたフォルダやファイルが見つかりますので一旦ごみ箱に入れて、レジストリの自動起動項目を削除して再起動で問題なくなりましたのでゴミ箱を空にして終了です。まぁ、新しいPCならシステムの復元が楽でいいみたいですが…。

次はPCを買い替えてネットにはすぐにつなげることができたもののメールの移行がどうやってもうまくいかないと呼んでいただきました。

お客様はプロバイダ関連の書類はしっかり残されていたので簡単に終わりそうに思えたんですが、ご利用のYahooBBのアカウントに設定されているメールアドレスはどうやってもお客様がメモしているパスワードがはじかれてしまいます。その後、初期値のパスワードが通ったのですが、ずっとWebメールをご利用だったそうなのに受信トレイにはYahooからのお知らせしか入っていませんので確かにこれではなさそうです。

ーで、書類の山を探していると届いたメールを印刷したものが出てきたので、ヘッダー情報からお客様のメールアドレスが判明しました。Yahooのフリーメールでした。

そういえば、今はたぶん違うと思いますけど、以前のYahooBBは回線の利用を開始した当日は初期値からメールアドレスの変更ができないため、わざわざフリーメールのアカウントを取得して設定していく設置屋さんがいたとかいなかったとか、聞いたことがあります。(ん?DIONでしたっけ?)

ともあれ、判明したメールアドレスとお客様がメモしていたパスワードの組み合わせで無事にメールが利用できるようになって完了です。何だか最近こういった『技術じゃないところ』がどんどん得意になっていくようで心配ですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »