« ふた | トップページ | 新品はテスト用 »

2011年4月29日 (金)

無線でも大事なLANケーブル

iPad2の購入で浮かれてばかりはいられないのでちゃんと記事書きますね。
本日のお客様、

以前から利用しているバッファロー製の無線ルーターを経由してのWebブラウジングがうまくいかなくなったということで呼んでいただきました。現物を確認させていただくと、PCと無線ルーターの接続は出来ているのにブラウジングやメールの送受信ができていないようですから無線ルーターの管理画面をみないといけないようですね。

念のために無線ルーターの電源をOff-Onしてから管理画面を開いてみると、バッファローのインターネット@スタート(回線の自動判別機能)が始まってNTTフレッツ用のユーザーアカウントと接続パスワードを入力する画面になっています。

ん?

お客様のお宅はルータータイプのADSLモデムを利用ですからPPPoEと判別されるのはおかしいですね。バッファローの無線ルーターはルーター機能をオフにできる切り換えスイッチがあるので試しに切り替えてみると問題なく接続できるようにはなるのですがなんだか気持ち悪いです。

ーで、ADSLモデムと無線ルーターを接続するLANケーブルを持参のものに変更してみると自動判別でも問題なく接続できるようになりましたので、今回の犯人はLANケーブルで間違いなさそうです。お客様は先週からなんだか接続のスピードが遅くなったような気がしてお知り合いに相談して、言われるままに無線ルーターのコンセントを一度抜いてみたところ全く接続できなくなってしまったそうです。残念でしたね…。

今回のようにたくさんの機器がある中で問題がある場所を見つけるのは難しいですね。連休で大掃除をしたり模様替えをしたりした場合に家具の下敷きになってしまっているケーブルを見つけた場合にはそのままにせずに交換をおすすめします。外から見て問題なければそのまま使いたくなる気持ちはわからなくはないですが…。

|

« ふた | トップページ | 新品はテスト用 »

ハードウエアのトラブル」カテゴリの記事

家庭内ネットワーク」カテゴリの記事

無線LAN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/51524677

この記事へのトラックバック一覧です: 無線でも大事なLANケーブル:

« ふた | トップページ | 新品はテスト用 »