« もうひとつ | トップページ | 大好きな九州から »

2011年3月17日 (木)

あとで、

福岡での地震のあとに対応したお仕事の中から書いても問題なさそうなものを少し…。

  • “落下”が原因で起動しなくなったPCは、ノートPCならメモリやバッテリーを一旦外して取り付け直す、デスクトップPCならメモリやケーブル類に加えてボタン電池を付け直すことで復旧することが多かったですね。この症状は、落下から数年経過してトラブルになることがある(緩んでいたんでしょうね…。)ので、落下や転倒があった場合は問題なく起動していても点検されることをおすすめします。
  • 水没したPCに保存していた写真をどうしても取り出して欲しいと言われたんですが、元のデジカメを確認してみるとすべての写真がSDカードに残っていました。最近は容量が大きいのでSDカードに残す設定になっているケースも多いようですね。携帯電話の写真データなどはご本人に全く意識がなくてもバックアップソフトでPCに保存されていたりすることもありました。
  • デジカメは本体が粉々になったり泥だらけで電源入らなくなっていてもメモリーカードさえ無事ならデータを散りだすことが出来るかもしれませんね。逆に地震があったときに大切だからバッテリーとメモリーカードを抜いて別に保管しておいたら、そっちを紛失してしまったお客様もいらっしゃいました。笑えません。
  • おまけ、以前に記事に書きましたがデスクトップ機の本体から大きな音がすると言われて開いてみたらCPUクーラーがマザーボードに麻縄で縛り付けてありました。地震で落下した後、近所のおじさんが親切で直してくれたらしいのですが、さすがに3年経って緩んできた模様です。『パソコンは精密機械ですから』と言われることが多いですが、まぁ結構平気だったりもします。

壊れたPCのご対応やデータの取り出しなどはもう少しあとになりそうですが、首都圏でも停電が続いたりすると故障や不具合が増えそうですね。時間に制限がないのなら、簡単に諦めずにいろいろとあがいてみるのがいいのかもしれませんね。
『パソコンのサポートやってます。』のfacebookページではただいま皆さんおからのご質問受付中です。『今なにしてる?』の欄に書きこんでいただければ出来る範囲で頑張ってお答えしたいと思いますので宜しくお願いします。facebookのアカウントをお持ちでない場合はこの記事にコメントいただければ転載いたします。

|

« もうひとつ | トップページ | 大好きな九州から »

データ復旧」カテゴリの記事

ハードウエアのトラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/51144635

この記事へのトラックバック一覧です: あとで、:

« もうひとつ | トップページ | 大好きな九州から »