« 取り出すのはデータだけではなくて、 | トップページ | ドック »

2010年9月 4日 (土)

最近のデータ復旧

ただいま午前6時を過ぎたあたりです。どうしてこんな時間に記事を書いているのかというと、ただいま正常に認識できなくなったハードディスクから200GBのデータを取り出しているところです。どうやら内部にエラーがないらしいことは分かっているのですが、一度内部にアクセスが出来るようになると『もし明日うまくいかなかったらどうしよう』と考えてしまうので一度つながったら最後まで一気にやってしまうことになりがちです。ただ、転送速度ががっくり落ちた状態で200GBのデータを転送するのはやはり大変です。

ーで、朝まで時間はたっぷりあるので、しかも現在ハードディスクを扱っているのでバックアップに関連して最近気になることを少し書いておきます。

最近続いているのがUSB接続のいわゆる外付けハードディスクがある日突然認識しなくなるトラブルです。昨年からタウンページの広告にも『データ復旧』を掲載していることもあってある程度大きな規模の法人のお客様から引き合いをいただくことがあるのですが、近頃は悪い景気の影響なのかファイルサーバーやNASを導入する代わりにUSB接続の外付けハードディスクにまるごと共有をかけて使用されているのを良く見かけます。確かに最近は1TBのUSB外付けハードディスクが1万円程度で手に入りますので、同じ容量のファイルサーバーやNASよりもずいぶん安く手に入ります。ただ、特に外付けハードディスクを管理している基盤部分が一度にたくさんのアクセスを受けることに耐えるように出来ているのかどうかについてはちょっと心配ですね。アクセス権の設定など機能上の差もありますが、ファイルサーバーやNASには“それ相応”の耐用性が設定されていますので簡単にUSB外付けハードディスクで代用して済むものではないように思います。価格が安い分、きっちり二重化するなどで済むことはあると思いますが…。

現在、120GBほど取り出したところで元のハードディスクもずいぶん熱くなってきましたのでデータの取り出しは一旦おやすみです。また明日、あ、今夜か…。

|

« 取り出すのはデータだけではなくて、 | トップページ | ドック »

データ復旧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/49340182

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のデータ復旧:

« 取り出すのはデータだけではなくて、 | トップページ | ドック »