« 大混乱 | トップページ | 先週の検索ワードランキング »

2010年5月16日 (日)

ハイブリッド

本日のお客様、

WindowsVistaをご利用で、操作中にPCが反応しなくなってしまったので電源ボタンを押して終了してからもう一度起動しても同じ画面のままでどうしようもないそうです。

WindowsVistaでは同じようなトラブルがたくさんあって、起動中に短い時間電源ボタンを押すと『スリープ』になるように設定されているPCが多いですから、お客様は電源を切ったつもりでもトラブルが解消されないままになってしまうようですね。このような場合、WindowsVistaではハイブリッドスリープが有効になっていることが多いので、ノートPCならバッテリーを外してACコードを抜けば一旦休止状態に落ちて電源ボタンを押せば元通り正常に起動するようになったりします。操作できなくなってどうしようもなくなったノートPCを電器店などに持ち込むと問題なく起動するようになったりするのは、ACコードを抜いて運んでいるうちにバッテリー残量が減ってしまってスリープが休止状態に変わるからなんでしょうね。

Windows7でノートPCはハイブリッドスリープは既定で無効になっていることが多いので、一度スリープから復帰させて電源ボタン長押しがいいかもしれませんね。

今回のお客様も、バッテリーを外して休止状態に変えてから電源ボタンを押して問題なく起動するようになりました。毎回のことなんですが、このトラブルって基本的には何もしないで復旧するので仕事としては微妙です。多くの場合別件が発生するのでどうにかなることが多いんですが…。

一応マイクロソフトの説明を…。

スリープ、休止状態、ハイブリッド スリープの違いは何ですか。

スリープ、休止状態、ハイブリッド スリープの違いは何ですか。
スリープは、作業を再開したいときに、すばやく (通常は数秒間で) コンピューターを通常の電力状態の動作に戻すことができる省電力の状態のことです。コンピューターをスリープ状態にするのは、DVD プレーヤーを一時停止させることに似ています。コンピューターは作業中の動作を即座に停止しますが、好きなときにいつでも再開することができます。
休止状態は、主としてノート PC 用に設計された省電力の状態のことです。スリープが作業していた内容と設定をメモリに保存し、電力を少量使用するのに対し、休止状態は、開いているドキュメントとプログラムをハード ディスクに格納して、コンピューターをオフにします。Windows のすべての省電力状態の中で、休止状態が最も消費電力が少ないオプションです。ノート PC では、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。
ハイブリッド スリープは、主としてデスクトップ コンピューター用に設計されています。ハイブリッド スリープは、スリープと休止状態を組み合わせたもので、開いているすべてのドキュメントとプログラムをメモリとハード ディスクに保存し、作業をすぐに再開できるようにコンピューターを低電力状態にします。こうすることで、突然電源が落ちた場合、Windows ではハード ディスクから作業を復元できます。ハイブリッド スリープが有効にされていると、コンピューターがスリープになる状況では、コンピューターは自動的にハイブリッド スリープになります。デスクトップ コンピューターでは、ハイブリッド スリープは、通常、既定でオンになっています。

|

« 大混乱 | トップページ | 先週の検索ワードランキング »

Windows7」カテゴリの記事

WindowsVista」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/48373838

この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリッド:

« 大混乱 | トップページ | 先週の検索ワードランキング »