« ここも替えましょうね。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング »

2008年8月10日 (日)

そんなものはありません。

本日のお客様、

先週、スパイウエアに感染して知り合いに駆除をしてもらったらしいのですが、昨日からまた同じ症状になってしまったのでちゃんと駆除をお願いしたいとのお話です。

最初は、先週の駆除が不完全でネットにつないだことによって復活してしまったのかと思っていたのですが、なんだかちょっと違うようです。先週のスパイウエアは、英語のメールのリンクをクリックしてやられてしまったようなんですが、駆除してもらった後また同じメールの同じリンクをクリックしたんだそうです。

お客様によると、ウイルスなんだから免疫ができるんじゃないかということなんですが、そんなものはありません。そもそも厳密にいえばウイルスじゃないですし…。

その後1時間ほどかけて駆除をした後、何度か再起動をしながら問題のないことを確認していただいて終了です。お客様がご利用のOCNでは迷惑メールブロックは有料ですが検討をお願いしました。なんだかご自分で申し込みをされるとは思えませんが、バックアップはちゃんととれているようなので、次に呼んでいただいたときでもよさそうですね。勝手に次があることにしてしまっていますが・・・。

|

« ここも替えましょうね。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング »

ウイルス・スパイウエア」カテゴリの記事

コメント

ども、LONGです。

>ウイルスなんだから免疫ができるんじゃないか

ってのは傑作ですね(^^;。笑ったら叱られそうですが思いっきり噴出してしまいました。まだまだ、マジでこういう方がいらっしゃるんですね。ノリとしては落語の

先生:本能寺の変を起こした人は誰ですか?
生徒:僕じゃありません。

ってのに似てるかな。

投稿: | 2008年8月15日 (金) 19時51分

LONGさんコメントありがとうございます。
“ブラスター”のときなんかはバッチを当てて対応したりしたので、“同じウイルスには感染しない”で間違いではないんですけどね・・・。

投稿: pts | 2008年8月16日 (土) 18時34分

ども、LONGでっす。でも、そういうのって果たして免疫と呼ぶのだろうか?ハテ??などと考えたりもしますよね。確かに、スパイボットなんかではそんなのを免疫化なんてよんでますけど(^^;。うーん・・・・・。

だんだん言葉遊びみたいになってきた(^^;。


投稿: LONG | 2008年8月23日 (土) 16時19分

昔はウイルス対策ソフトそのものを「ワクチンソフト」と呼んでいた時期がありましたが、
http://e-words.jp/w/E383AFE382AFE38381E383B3E382BDE38395E38388.html
最近は特定のウイルスに対しての対策ソフトのことを指すようですね。
免疫と言えなくもないですが、感染して死にそうな状態で使うものですから、どちらかというと「血清」と言った方がいいような気が…。

言葉遊びみたいでスンマセン。

投稿: ささもと | 2008年8月26日 (火) 23時25分

LONGさんコメントありがとうございます。
間違ってましたか…、詳しくないのに書くもんじゃないですね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: pts. | 2008年8月31日 (日) 15時05分

ささもとさんコメントありがとうございます。
フォローありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: pts. | 2008年8月31日 (日) 15時11分

ども、LONGです。どうも誤解されてしまった様ですが、私はpts.さんが「言っていることが間違いだ」等とは一言も言っていませんよ。なぜなら、大昔からパソコンの世界では「マウス」「パッチ」「エミュレータ」等本来の言葉の意味からはかけ離れた物に対して駄洒落的に引っ掛けた様な命名の仕方をすることが多々あったからです。多くの不正プログラムや不正アプレット、それに対抗するセキュリティソフトもその例外ではないでしょう。

ただ、「免疫というものは本来生物の体が自ら作り出す物で、外から与えられるものではない」との解釈から今回のような喩えについては異常な違和感を感じると言うことです。

つまり、私の考えとしては、数多くのセキュリティソフト及びシステムアップデートで提供されるセキュリティ機能については全て外部から与えられた抵抗力なので精精「効力が残留する『抗生物質』」位でしかないのです。

要するに今のPCセキュリティとは「抵抗力0の体に多種多様かつ大量の抗生物質を投与して持たせている」のに等しいのですね。

なので、亜種(耐性種ですね)が現れれば立ち所にしてやられてしまったりするのです。つまり、抗生物質の開発と耐性種出現のイタチごっこ・・・新薬開発現場と良く似ていると思いませんか。

しかし、このイタチごっこは本物のセキュアOSが開発されない限り永久に続いてしまうんでしょうね。今のOS(Win Linux その他)が何故セキュリティ的にダメなのかは判っている筈なんですがねぇ。

長々と申し訳ありませんでした。

投稿: LONG | 2008年9月 1日 (月) 00時48分

LONGさん何度もすみません。
“獲得免疫”の『特定の病原体への初回応答から作られた免疫記憶は、同じ特定の病原体への2回目の遭遇に対し増強された応答をもたらす。』(Wikipediaより引用、コメント欄ではリンクできない設定にしているのでこれでご容赦を。)…がお客様の言葉の“免疫”に当たるのだと判断して記事にしたのですが、ちょっと違っていましたね。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: pts. | 2008年9月 7日 (日) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/42130970

この記事へのトラックバック一覧です: そんなものはありません。:

« ここも替えましょうね。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング »