« 先週の検索ワードランキング | トップページ | ギネスに挑戦らしいです »

2008年6月17日 (火)

10GB、その2

先日、WindowsUpdateが失敗するといわれたのものの、内蔵のハードディスクの容量が10GBしかないことからその場での解決を断念したお客様なんですが、やっぱり気になるので今日伺いました。

今日は少し時間があったのでゆっくりパソコンをよく見てみると、Windows2000のシールが貼ってあります。どうやら一旦はWindows2000がインストールされていたのをWindowsXP(SP2)にアップグレードして売っていたのかもしれませんね。さらにお話を伺うと購入した時点で、WindowsUpdateの『インストーラ3.1』に失敗するようになっていたというおはなしです。

うーん、お客様のお話はちゃんとお聞きしないとだめですね。それならば原因はこれ

Windows XP インストールを修復した後、Windows Update、Microsoft Update、または自動更新で更新プログラムが正常にインストールされない

ーですね。最新版にアップデートされている状態のWindows2000をSP2が適応されたばかりのWindowsXPにアップグレードするlことで、古いバージョンのシステムファイルが上書きされてトラブルになるようです。どうやら修復インストールだけが原因になるわけではないようでした。昨年の秋ごろから何度か対応したことがあったのに、内蔵ハードディスクが10GBであることに驚いてすっかり見落としてしまっていました。

その後、サポートオンラインの記事にあるとおり、コマンドプロンプトから

  • net stop wuauserv
  • regsvr32 %windir%\system32\wups2.dll
  • net start wuauserv

ーと入力して、念のため再起動して問題なくアップデートができることを確認して終了です。ハードディスクの残りは2GB程になってしまいましたが、お客様にもすっきりしたといってもらえて何よりです。ただ、今後はプリンタサーバとして使うことになりそうなんですが、それにあたって自動更新は無効にすることになりそうです…。

|

« 先週の検索ワードランキング | トップページ | ギネスに挑戦らしいです »

ソフトウエアのトラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/41563285

この記事へのトラックバック一覧です: 10GB、その2:

« 先週の検索ワードランキング | トップページ | ギネスに挑戦らしいです »