« 先週の検索ワードランキング | トップページ | まずいのか? »

2008年4月29日 (火)

できたら新しいほうで、

本日のお客様、

バッファローの無線LANカードを購入してご自分で設定したもののうまくいかないとのお話です。パソコンはDELLのノートパソコン(WindowsXP)らしいので嫌な予感を持ちつつ伺いました。

実際に見せていただくと、DELLのパソコンはWindowsXP初期のころのモデルらしく、よく見ると無線LAN内蔵モデルです。

ただ、内蔵されているのはIEEE802.11bという規格の無線LANで、どうやら無線親機の設定が“IEEE802.11gのみ”になっていたために接続ができなくて新しい無線LANカードを購入されたみたいですね。もうパッケージを開けて設定までし始めているので返品は無理でしょうから新しい無線LANカードで設定をすることにしました。

その新しい無線LANカードでならすんなり接続できそうなんですが、確かにうまく接続できていません。よく見ると、画面右下の通知領域にはたぶん元からあったと思われる『intelProsetWireless』と新しく入れたバッファローの『クライアントマネージャ3』の両方が起動していて、問題なのはクライアントマネージャが元のIntel製のアダプタを“既定のアダプタ”として認識してしまっていることのようです。クライアントマネージャも3以降はパソコンにプリインストールされているアダプタに対応するようになっているからなんでしょうね。

ーで、今回はデバイスマネージャから元の無線LANアダプタを無効にすることにしました。再起動すると、IntelProsetには有線アダプタしか表示されていませんし、クライアントマネージャ3も新たに取り付けた無線LANカードをアダプタとして認識しています。

その後、簡単に無線の設定を行い何度か再起動をしながら問題のないことを確認していただいて終了です。Windows98/Meのころは、ネットワークアダプタが複数ある状態でトラブルになると、まっさきにデバイスマネージャで使わないアダプタを無効にしていましたが,WindowsXPでも場合によっては有効ですね。ただ、もっと早い段階で呼んでいただいていれば、親機の設定をb/gに変更して終わっていたんですけど…。

|

« 先週の検索ワードランキング | トップページ | まずいのか? »

無線LAN」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
私も同じ現象がありましたよ。内蔵でAPを探そうとも
しないので、LANカードをセットアップしたら今度はクライアント
マネージャが内臓NICを認識して、セットアップしたbaffaloの
カードを選択していない現象でした。
内臓NICを無効にして接続しましたが。
内臓NICが動作せずに×のままでAPを探そうとしないのは
何でしょうかね?

投稿: bb | 2008年4月29日 (火) 18時48分

bbさんコメントありがとうございます。
そういう風に動くのが“デフォルト”なのかもしれませんね。情報ありがとうございます。内蔵NICが動作しないのは“他のユーティリティが邪魔しているから”とかでしょうか?私もよくわかりません。

投稿: pts. | 2008年4月30日 (水) 22時41分

私も先日、内蔵無線LANをバッファロークライアントマネージャ3で使おうとして、内蔵無線LAN用のAtherosのソフトとバッティングしていたものがありました。
どっちが曲者なのかは微妙ですけど…。

で、古い11bの無線LANアダプタですが、最近は、ちゃんとWi-Fiに対応していないがために11b/gの親機につながらない、という現象も意外と多いようです。
もうしばらくはこの手の現象に悩まされる事になりそうですね。

投稿: ささもと | 2008年5月16日 (金) 08時21分

ささもとさんコメントありがとうございます。
Wi-Fi認定の件はNTTからレンタルしたり購入する機器でも問題になりますね。11bの機器でトラブルの原因になるとは思っていなかったので今後は注意してみたいと思います。情報ありがとうございました。

投稿: pts. | 2008年5月19日 (月) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/41032278

この記事へのトラックバック一覧です: できたら新しいほうで、:

« 先週の検索ワードランキング | トップページ | まずいのか? »