« 待ちすぎです。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

2007年5月13日 (日)

逆でもだめです。

本日のお客様、

先週、スパイウエアの駆除を自分でやってからパソコンの反応がすごく遅くなってしまったのだそうです。電話でお話を聞いている限りそれほどお詳しそうではないのでいやな予感はしたんですが午後から伺うことにしました。

パソコンはVAIOノート(WindowsXP)で回線はNTTの光プレミアムです。セキュリティ対策ツール(ウイルスバスター2007)は最新版になっているようですからスパイウエアは問題なさそうですが、デスクトップには『Spybot1.4』のアイコンもあります。確かに電源を入れてからまともに使えるようになるまで10分以上掛かりますのでどこかおかしいですね。CPU使用率は低いままなのでWindowsUpdateの問題でもなさそうですし・・・。

ウイルスバスターは2007から『スパイバスター』を統合した影響か、インストールの時点で『Spybot1.4』を削除するように警告が出るようになっています。ウイルスバスターがインストールしてある状態でspybot1.4をインストールしようとしても特に警告は出ないのですが、たぶんよくないんじゃないかと思ってアンインストールして再起動するとまともに動くようになったような気がします。お客様もよくなったような気がするというお話なので、しばらく様子をみながら使っていただくことにして終了です。

Spybot1.4はフリーソフトですので自己責任での使用が原則ですが、スパイウエア対策としてはかなり一般に広く広がっていて、ウイルス対策ソフトと同居できるとされています。今回のことが本当にウイルスバスターとの競合によるものなのかは不明ですがちょっと注意が必要かもしれませんね。

|

« 待ちすぎです。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

ソフトウエアのトラブル」カテゴリの記事

コメント

インターネットセキュリティ2007もインストールの時点で『Spybot1.4』を削除するように警告が出るようになっていますね。そのため私は併用してたAd-Aware SE Personalのみインストールしてます。

今回の件の理由は分かりませんがインストール時の警告が出るということは何かそうしないといけない理由があるように思います。

ちなみに併用時はAd-Aware SE Personal使用後にSpybot1.4
を使うことが多かったです。

現在はAd-Aware SE Personal使用後にインターネットセキュリティ2007でスキャンしてますがいくつか検知してくれます。

Ad-Aware SE PersonalとSpybot1.4を比べると、個人的な使用感ではAd-Aware SE Personalのほうが検知率が高いですね。

そんなわけで、Ad-Aware SE Personalが使えなくならなかったのが救いでした。

投稿: GAN☆ | 2007年5月18日 (金) 09時19分

GAN☆さんコメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
NIS2007でも同じなんですね情報ありがとうございます。ウイルスバスター2007はパーソナルファイヤウォールや起動時のトラブルが多くて、おかしいと言われた時に原因を探すのが大変です。だいたい再インストールしてしまいますが…。

投稿: pts. | 2007年5月20日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/15055952

この記事へのトラックバック一覧です: 逆でもだめです。:

» メモリー増設効果 メモリー増設方法について [メモリー増設効果 メモリー増設方法について]
メモリ増設によって得られるメリットメモリを増設することでパソコンはどうなるのかというと、一言でいうと処理スピードが向上するということです [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 21時32分

« 待ちすぎです。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »