« kizasi | トップページ | 人力。 »

2007年2月16日 (金)

注意しろと…。

ブロードバンドルータに対する新種ファーミング攻撃、Symantecが警告

ーなんだそうです。
その昔設置屋をやっていた頃、『パスワードは“admin”で…』と指示があったりしましたけど、とんでもないですね。市販のブロードバンドルータをご利用の方はほとんどの方が購入した時の設定のままでしょうし…。

|

« kizasi | トップページ | 人力。 »

ウイルス・スパイウエア」カテゴリの記事

コメント

> 市販のブロードバンドルータをご利用の方は
> ほとんどの方が購入した時の設定のままでしょうし…。

NTTレンタルのルーターを使っているのですが、
購入した時のままというよりも、パスワードの変更メニューは
ありますが、ユーザ名の変更メニューは、そもそもないんです。

これって考えてみるとちょっと変ですよね。
ユーザ名忘れてログインできない人が多いからでしょうか。(^^;)

投稿: Ryokucchi | 2007年2月17日 (土) 00時06分

ども、LONGです。LANとインターネット(WAN)の間にはルータを入れれば安心なんてとんでもないですね。結局インターネットを利用するときの基本は「怪しげなモノは無闇にクリックしない」って所に尽きるのでしょうか。最も、ルータにはLANでインターネットを共有するという意味合いが主でセキュリティは従、どちらかというとオマケみたいなものかもしれません。どうしてもこうしたハードウェアでセキュリティを行うとなればそれ専用のセキュリティアプライアンスを購入しなければなりませんし、メンテナンスとセットで購入することになるので、SOHO向けの小型のものでも現状ではかなり高価ですよね。

ただ、私は今までルータの設定変更はWAN側からは出来ないと思っていたので今回のこの記事の手口にはビックリでした。JAVAスクリプトを実行させてLAN側から設定変更してしまうなんて。やはり、コンピュータとは何かを考え、原点に立ち返って新しいシステムを開発する時期に来ているような気がします。今のように30年も前のシステムのままでは限界なのかもしれません。

投稿: LONG | 2007年2月17日 (土) 01時49分

Ryokucchiさんコメントありがとうございます。
NTTの場合は最初に設定画面を開くときにパスワードを決めさせる仕様だったりしますね。とりあえず何かパスワードを入れないといけないのでまだマシのような気がしますが、ユーザー名が変更できないのは確かに変ですね。NTTのというよりもメーカーの仕様なのかもしれませんが・・・。

投稿: pts. | 2007年2月17日 (土) 23時54分

LONGさんコメントありがとうございます。
スパイウエアが問題になるようになってから、いわゆる営利目的ものは手の込んだよく考えられているものが多くなりましたね。NTT西日本の光プレミアムのようにNTTサイドで管理できる機器(CTU)を用意するというのも一つの手なのかもしれませんが・・・。

投稿: pts. | 2007年2月18日 (日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/13934414

この記事へのトラックバック一覧です: 注意しろと…。:

« kizasi | トップページ | 人力。 »