« CCC | トップページ | kizasi »

2007年2月14日 (水)

試しに…。

本日のお客様、

VAIOのデスクトップ(WindowsXP)をご利用で起動しなくなってしまったんだそうです。電源を入れていただくと、『次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでしたWindows\System32\Hal.dll 』ーとエラーメッセージが出ますので、『boot.ini』というファイルに問題が発生しているようですね。

マイクロソフトのサポートページによると『回復コンソール』を使って復旧をしてくださいということなんですが、お客様は『すでにいろんな所がおかしくなっていたのでリカバリしてください』とのご要望です。時間をかけて構わないとのお話なのでパソコンをお預かりして作業をすることになりました。

まず、K N O P P I Xを使ってデータのバックアップをしてしまってから、ハードディスクのチェックをしてみましたが問題なさそうなので、やはりWindowsに原因がありそうですね。

ーで、国産のWindowsXPのシステムディスクが付属していないパソコンで回復コンソールが使えるかどうかについてはよくわからないのですが、今回一応やってみた結果はNGでした。そこで思い出したのが『DSP版や製品版のWindowsXPのディスクを使って修復インストールを行い、最後のプロダクトIDを入力するところでパソコン本体のシールにあるプロダクトIDを入力すればいけるはず』というある仕事仲間の話です。

時間がたっぷりある上にHomeEditionのDSP版もちょうどあったので試してみましたが、予想通りプロダクトIDがはじかれてしまいました。当たり前といえば当たり前ですが…。ただ、『2週間しか使えない』点を除けば元通りお客様が使っていた環境にはなっているようです。よく見てみると、プリインストールのノートンアンチウイルス2003を削除しないまま、別のウイルス対策ソフトがインストールされていますので、おかしくなってしまったの原因はこのあたりかもしれません。試しにネットワークにもつないでみましたが、大量のスパイウエアにもやられていました。デスクトップやマイドキュメントをもう一度見直してバックアップしたデータに漏れがないことを確認して『リカバリメニュー』からリカバリを行うことにしました。SP2にアップグレードした後、現在隣で72項目のMicrosoftUpdare中ですが問題なく終わりそうです。

私のお客様でもWindowsXPのHomeEditionをProfessionalにアップグレードされている方は、アップグレード用のディスクを使って回復コンソールの利用も修復インストールも問題なくできたんですが、プリインストールのHomeEditionのままではいろいろ難しそうですね。WindowsVistaではこのあたりがどうなるのかも気になるところですが…。

|

« CCC | トップページ | kizasi »

楽しいリカバリ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/13910738

この記事へのトラックバック一覧です: 試しに…。:

« CCC | トップページ | kizasi »