« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

これは意外に…。

先週からロジテックのモバイルブロードバンドルータLAN-PWG/APRを使っています。

以前からタイミングがなかなか合わなくて買いぞびれていたのですが、値段もずいぶんこなれてきたので先週購入しました。

最初にというか一番驚いたのは本体の大きさです。外箱は普通のブロードバンドルータとそれほど変わらないのでそれなりの大きさを想像していたのですが、本体はちょうどZIPPOライターを二つ並べたくらいです。振動には強そうではないので現実的ではないですが、ストラップホールがあればネックストラップにでもつけられそうですね。

設定も、誰にでもというわけにはいきませんが、アクセスポイントの設定をやったことのある人であれば、問題ないでしょう。ちなみに初期アドレスは、192.168.1.200です。

性能はまだいろんな場所で使ったわけではないのですが、私のWindows2000のThinkPadにインストールしているクライアントマネージャ3で、『電波状態100%、速度5Mbps』と表示されますので、それなりというか使うのに支障のない程度ということなんでしょうね。

同じような製品が他社からも発売されていて、量販店でも大きく展開されているせいか『熱を持つので長時間使えない』などと価格比較サイトで書かれていたりしましたが、このあたりの製品を長時間使おうとすること自体に相当無理があるように思いますけどね…。

私の場合、お客様のところでも使えますし、最近月に一度はビジネスホテルに泊まっているので大変重宝しそうです。USB給電にも対応していて、USB給電ケーブルが同梱されているのもいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

そんなに貯め込まなくても。

本日のお客様、

フレッツADSLをご利用なのですが、先週くらいからYahooJapanのWebページだけが表示できないそうです。他のページは問題ないそうですし、パソコンも今年買い替えてウイルス対策ソフトもインストール済みということです。思い当たることがあったのですが、『すぐに終わってもいいから』と言っていただいたのでお伺いすることになりました。

このような場合は、『インターネット一時ファイル』を削除するとよくなることが多いですね。『インターネットオプション』を開いてズバッと削除してもいいのですが、最近は『Windows Live OneCare 』のスキャンをよく使っています。デフォルトのままフルスキャンをすると数時間かかってしまうので、設定の途中で『ウイルスとスパイウエアのクイックスキャン』を選択すると10分ほどで終わります。

昨年くらいまでは、『お客様のパソコンにベータ版を使うのはどうなのか』みたいな事を仕事仲間ともよく話していたのですが、最近は何でもかんでもベータ版で提供される様になっていて意味合いも少し変っているように思いますし、あくまで『お客様が利用するのをお勧めする』程度ならいいのではないかと思っています。

ーということで、お客様のパソコンはやはり一時ファイルがずいぶん溜っていたようで、スキャンの後YahooJapanのWebページも問題なく表示される様になりました。まだ半年しかご利用でないのに無効なレジストリ項目がずいぶんあったのは少し気になったのですが、しばらく様子を見ていただくことにして今日は終了です。

ダイヤルアップやISDNで接続をしていたころは、ある程度の一時ファイルがないとWebページの表示に時間がかかって大変でしたが、ブロードバンドと比較的新しパソコンをご利用であればそれほど貯め込まなくても問題ないでしょうね。ただ、それが『高速化』になるのかどうかは微妙ですけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

Skype専用。

バッファローから無線LAN利用のSkype専用フォンが発表になりました。同様の製品はすでにロジテックからも発売になっていますし、少しずつ商品が揃いつつあるといったところでしょうか。

Webブラウザを使ってのユーザー認証などには対応していないということですから、もっぱら御家庭内での利用が中心になるんでしょうけど、パソコンを起動しなくてもSkypeができるということだけでも十分なかたは多いように思いますね。

バッテリーの寿命については心配ですが、無駄に無線LANの電波を飛ばしているご家庭も多いですから、一万円くらいで買えるようになったらお勧めかもしれませんね。

Wskpgbk_t1_bw_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

先週の検索ワードランキング。

最近メモリメーカーのWebページでパソコンの型番を入れて検索をすると、本来ラインアップにあるはずの512MBを飛ばして1GBの製品しか表示されないことがよくあります。素直に考えると1GBの製品しか動作保証が取れていないということだと思うのですが、何度も続くとメーカーで何か思惑があるのかと勘繰りたくなりますね。WindowsVistaやデュアルチャンネルへの対応といった問題があるのかもしれませんが…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 msmpeng
2 MsMpEng.exe
2 msmpeng.exe
4 MsMpEng
5 cm3_tray.exe
6 パソコン
7 dell
7 WindowsLiveOneCare
9 エラー
10 設定
11 CTU
11 リカバリ
13 fga
13 windowsliveonecare
15 拡張子
15 トラブル
15 光プレミアム
18 WindowsDefender
18 無線LAN
18 ウイルスバスター
18 DELL
18 Windows98

そろそろ年賀状ソフトをご利用になる季節になりましたね。13位の『fga』はたぶん筆ぐるめのファイルの拡張子のような気がします。年賀状ソフトは当たり前ですが日本独自のアプリケーションソフトですから、ファイルの管理の方法などが独特なまま今まで更新されてきていることがありますのでちょっと注意が必要です。例えば、『ファイルに保存』で保存した住所録はダブルクリックしても開かず、『インポート』しないと使えないなどなかなか手ごわいです。

久しぶりに『CTU』がランクインしましたが、そういえば昨日あたりからCTUのファームウエアがバージョンアップされていますね。何が変わったのかはよくわかりませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

多分問題ありません。

今日の午前中はCore2DuoのCPUにメモリ1GBのパソコンのセッティングに伺っていましたが、MicrosoftUpdateの66件の更新が5分ほどで終わりました。恐るべし、こんなことなら携帯のストップウォッチで計っておけばよかったです。

午後からは、『ときどき画面やYahooがつかなくなる』とおっしゃるお客様です。紹介のお客様なので電話で詳しく聞くことができずにお伺いしたのですが、結局わかったのは、

1.購入して5年になるWindowsMe機を購入時のままお使いなので、起動に時間がかかる。

2.さらに無線LANのユーティリティは一番最後に起動してくるので、壁紙が現れたくらいでInternetExplorerを起動してもWebページは表示されない。

3.ノートパソコンのバッテリーはもうほとんど充電しなくなっているので、AC電源が外れるとまもなく電源が切れてしまう。

ーということでした。

ウイルス対策もされていますし、普段はメールとWebページの閲覧に少々使うくらいというお話ですから、パソコンを購入されて5年になるということを考えると、最新のパソコンではないですし、よくあることなので慌てずにゆっくり使ってくださいねとお願いして終了です。

『つく・つかない』という表現はテレビから来ているものだと思うのですが、聞いただけではなんのことだかよくわからなくて困ることが多いですね。今日のように単純なトラブルともいえないケースばかりでないところがさらに難しくしているんですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

お勧めだそうですが・・・。

本日のお客様、

NECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用で、アプリケーションソフトをインストールしていて、再起動したら画面が真っ暗なままなんだそうです。そのインストールしていたアプリケーションソフトは『GoogleEarth』でお客様のパソコンはWindowsXPといってもサービスパックなしの頃に発売されたものですから、パソコンのパワー不足が原因のような気がしますね。

ちなみに『GoogleEarth』のインストールにあたっての推奨設定は、

PC の推奨構成: オペレーティング システム: Windows XP CPU: Pentium 4 2.4 GHz 以上、または AMD 2400 xp 以上 システム メモリ (RAM): 512 MB RAM ハード ディスク: 2 GB の空き容量 ネットワーク速度: 768 Kb/秒 グラフィック カード: 32 MB の VRAM 搭載で 3D 対応 画面: 解像度 1280X1024、32 ビット True Color 画面

ーですから間違いなさそうです。実は『最小構成』という項目もあって、お客様のパソコンは大丈夫そうにも見えるのですが、それは『他のアプリケーションを全部終了したら何とか動く』程度のものですから、ネットに繋いでウイルス対策ソフトも動いている状態では厳しいでしょうね。

セーフモードで起動したらモニタも正常に映りましたので、『GoogleEarth』を削除して再起動したら問題なく起動するようになりました。念のためWindowsLiveOneCareで不要なレジストリの掃除もやってしまって終了です。とりあえずメモリを追加すれば何とかなりそうなので、そちらはご検討いただくことにしました。

今回のトラブルは『GoogleEarth』自体がパソコンに悪影響を与えたわけではなく、インストールの最後にずいぶん時間がかかったので、フリーズしたのかと思って電源ボタンを長押ししてパソコンの電源を切ってしまったのが原因のようでした。どちらにしてもまともに動かすには厳しかったと思うのですが、『GoogleEarth』はお勤め先で勧められてインストールすることにしたのだそうで、もう少し慎重にお願いしたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

手順は大事ですが…。

近頃では『OutlookExpress』をご利用の場合はバックアップの方法が雑誌などにも詳しく載っていますので、ご利用の方は多いみたいですね。

ただ、データを戻すときに手順を間違えて『OutlookExpress』のフォルダを戻す前にメールアカウントの情報を入れてしまうと、新しいメールを受信してしまうことがあります。

この場合、そのまま『OutlookExpress』のフォルダごとあった場所に上書きで戻してしまうと、今受け取ったメールが消えてしまいます。そんなときにどうすればいいのかなんですが、意外と知られていないのかと思うのですが、実は『OutlookExpress』のフォルダは丸ごとインポートすることができます。

メニューバーの『ファイル』-『インポート』-『メッセージ』と進んで、『MicrosoftOutlookExpress6』を選んで『次へ』、ここで『OutlookExpress6ストアディレクトリからメールをインポートする』にチェックをつけて『OK』、『参照』で『OutlookExpress』のフォルダを丸ごと指定して『OK』で完了です。私も何度か使ってみましたが、古いメールも新しいメールもちゃんと保存できていました。(実はハードディスクを取り出したりしてバックアップを取ったアドレス帳ファイルも戻す場所がわからなくなった時はインポートができます。)

先週この件でお問い合わせをいただいたお客様が、私のところに電話する前に問い合わせた別の業者(メーカー?)では、『手順を間違うと取り返しがつかないので新たに受信したメールはあきらめてください』と言われたそうで、ご存知でない方もいらっしゃるのかと思って取り上げてみました。(私は下請けの作業で指示を受けたことがあるのでたまたま知っていたのですが…。)

いろんなケースで試してみたわけではないので保障はしませんが、他に方法がなくなった時にはぜひお試しください。

Im


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

Windows Vista Upgrade Advisor

来週からは年末モードに突入ですでに3週間休みなしがほとんど決まっているのですが、今週はエアポケットに入ったように暇になってしまいまして、今日はWindowsVistaを導入するマシンを決めてクリーンインストールができるようにファイルの移動などをやって部品の入れ替えも検討していました。

そこで、マイクロソフトから公開されている『Windows Vista Upgrade Advisor 』を使ってみました。

ずいぶん前から提供されてはいたものの、英語版でさしあたって必要もなかったので使っていなかったんですが、実際に使ってみてもやはりよくわかりません。たぶんCPUが1GHz以上でメモリが512MB以上だったら『Congratulation!』と出て、デバイスや周辺機器が適応しているかどうかは各メーカーに問い合わせてくれということみたいです。

1月には日本語版が出ると書いてありますので、多くの人はそれからでも十分でしょうね。個人的には最初からインストールされているものを買うならともかく、アップグレードはサービスパックが出るころまで待ってもよさそうな気がしますけどね…。

Upgrade_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

出番です。

我が家にはインクジェットプリンタが3台あります。

一台はFax機能付き複合機なので、あくまでプリンタではなくFaxとして存在しているのですが、それでも同じような単機能プリンタが2台あることになります。

これから年末にかけてパソコンで年賀状を作成される方はたくさんいらっしゃるのですが、相変わらず『一年ぶりにプリンタを使おうと思ったらインクが詰まって使えない』かたもたくさんいらっしゃいます。しかも12月も半ばになると修理に出しても年内に戻ってくることは難しくなります。

キャノンのインクジェットプリンタをご利用の方はインク詰まりになってもプリンタヘッドを購入すればいいとお考えの方もいらっしゃいますが、在庫を置いていないお店も実はずいぶんあります。(買い替えてもらいたいからプリンタヘッドを在庫していないのかどうかはよくわかりませんが…。)

ーということで、毎年一度か二度ですが緊急対応でプリンタを貸し出さなくてはいけなくなるんですね。さすがに一度やらかすと懲りるとみえて2回目の方はいらっしゃいませんが、こちらももう慣れてしまいました。

そんなことで3台ものインクジェットプリンタを使うことになっているのですが、今年は早くも明日伺うお客様のところで一件目が発生するかもしれません。ちょっと早いなと思っていたらインクジェット用の『喪中はがき』もあるんですね、知りませんでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

大変失礼いたしました。

今日は我が家での大失敗です。

先日ハードディスクの換装をした7年目のThinkPadの状態が非常にいいので、日常的に使うことにしていろいろなアプリケーションをインストールしていました。

いろんなツール類をインストールした後、ウイルスバスターが3台までインストールできるようになって余っていたウイルスセキュリティZEROをインストールして最後はFOMA用の接続ツールで外出先でも接続ができるようにして終了です。

夕方にテレビを見ながら設定していたのが悪かったんでしょうね、気がついてみると元々利用していた無線LANカードが挿さったままです。

嫌な予感がしながら再起動してみますが、無線LANは『接続しました』とでるもののIPアドレスの取得ができていません。無線の接続をしたままFOMAでパケット通信をしたり、FOMAのツールで『パソコン内の通信設定の最適化』をしたのがまずかったんでしょうね。ウイルスセキュリティのパーソナルファイヤウォールがおかしくなってしまったみたいです。

急ぎでない時はやったことを順に戻るのが一番ですから、まずFOMAの設定ツールを削除してみましたが変化なしです。それで次にウイルスセキュリティも削除すると元通りIPアドレスが取得できるようになりました。やはりファイヤウォールに問題があったみたいです。

その後、無線LANカードをはずして同じように設定をやり直して終了です。お客様のところでは絶対にやらないような事をどうして自分のパソコンでは平気でやってしまうんでしょうね。まあ。いい経験にはなりましたが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

先週の検索ワードランキング。

先日、電源を入れて20分くらいするとスピーカーから音が出なくなる症状で修理に出したNECのノートパソコンは一週間で戻ってきました。マザーボードとなぜかキーボードが交換されていましたが、販売店経由で修理に出したので実際には5日程で終わったみたいです。念のためにと思って
リカバリをしてから出したのかよかったんでしょうかね…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 msmpeng
2 MsMpEng.exe
3 msmpeng.exe
4 MsMpEng
5 windowsliveonecare
6 dell
7 リカバリ
7 WindowsLiveOneCare
9 cm3_tray.exe
10 windowsdefender
11 パソコン
11 インストールできない
13 光プレミアム
13 開かない
15 ワイヤレスクライアントマネージャ
15 Windows
15 aoss
15 トラブル
15 DELL
15 mwsbar.dll

『WindowsLiveOneCare』は少しずつですが増えてきましたね。ちなみに『フルスキャン』は時間がなくてなかなかやる機会がなかったのですが、今日の昼間にやってみたら5時間かかりました。パソコンの性能による部分が大きいのでしょうけど、『寝ている間』とかでないと厳しいですね。

パソコンメーカーは週によってランクインしたり外れたりばらつきが多いのですが、DELLはここしばらくずっとランクインしたままですね。DELLのマシンにトラブルが多いというより、DELLのユーザーにはトラブルの解決方法をネットで検索する人が多いということかもしれませんが…。

ハードディスクの換装をした7年物のThinkPadの調子があまりにもいいので、こんなことなら早くやっておけばよかったと思うことしきりです。お客様には、5年以上たっているなら早く手を打たないとどうなっても知りませんよとうるさいほど言っているんですけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月19日 (日)

いきなりはちょっと。

今日は久しぶりにウイルス/スパイウエアの駆除です。

パソコンはVAIOのデスクトップタイプ(WindowsXP)で、ご自分でリカバリをされた後(初期のXPなのでサービスパックなしなので、)SP2にアップグレードしようとファイヤウォールもないままSP2のダウンロードをしていたところ、徐々にパソコンの挙動がおかしくなってきて、半日も過ぎたころには起動するにもずいぶん時間がかかるようになってしまったそうです。

さらに伺うと、ご自宅の回線はフレッツADSLでWindowsXPの広帯域接続を利用されているとのことです。以前にも書きましたがSP1までのWindowsXPをご購入されている方はいろんな面で注意しておかないと大変なことになりますね。お客様はお出かけになるそうですし、どう考えても時間がかかりそうなのでパソコンはお預かりしての作業になりました。

パソコンの電源を入れてみると、ウイルスバスター2007の試用版がインストールしてあります。お客様がどうしようもなくなってしまってからお知り合いに頼んでこれで駆除を試みたようなんですが、どうやらこれでネットにも繋がらなくなってしまったみたいです。とりあえずパソコンの動作も遅くなるので削除することにしました。

ーで、作業はまず設定はどこもおかしくないのにネットに繋がらないのを何とかしなくてはなりません。一応オフラインでも少しは動いてくれるAd-AwareSEなどもかけてみましたが、状況は変わらないので、HijackThisでスキャンしてみると、

O10 - Broken Internet access because of LSP provider 'c:\progra~1\common~2\toolbar\cnmib.dll' missing

ーという何とも怪しいエントリがありましたので、いつもの『higaitaisaku.com』さんで検索、以前にも使ったことのある『LSPFix.exe』というツールで見事に接続が回復しました。

後はオンラインにしたりオフラインにしたり再起動したりしながらツールを使って駆除をして、最後にせっかくなのでウイルスバスター2007をもう一度インストールしてアップデートとスキャンをして終了です。夕方にお届けをしてしばらく使っていただきましたが問題なさそうなのでひと安心です。ウイルスバスターを使うためにメモリを増設するのか、メモリを増設しなくても使える軽いウイルス対策ソフトを使うのかはしばらく使ってみてご検討いただくことにしました。

今回のように、目に見えて動作が遅くなるといったようなはっきりした症状が出てしまっている場合にいきなりウイルス対策ソフトで駆除をすると、簡単に駆除できないばかりかネットワーク接続を壊してしまうこともありますので注意が必要ですね。ただ今回は、リカバリされたばかりだったわけですから、『もう一度リカバリする』が正解だったような気もしますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

Windows Live OneCare Family Safety

マイクロソフトから『Windows Live OneCare Family Safety』のベータ版が提供になりました。

お客様からお子さんのパソコンに一定の制限をかけたいご要望は以前からあったとは思うのですが、どうもこれといったサービスはなかったような気がしますね。今回のマイクロソフトのものも、全員分のWindowsLiveIDを取得する必要があったりしてちょっと敷居が高そうです。

そんな話を今日の夕方に伺ったお客様のところでしていたら、日本ではパソコンよりも携帯電話のほうが心配なんじゃないのと言われました。確かに、おっしゃる通りかもしれませんね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

止まっているわけではなくて・・・。

本日のお客様、

iPod用に動画を変換するソフトがうまく動かないんだそうです。伺って少しパソコンを見させていただきましたが、インストールもちゃんとできていますし問題らしいところは見当たらないので実際に操作していただくことにしました。

パソコンはVAIOノート(WindowsXP)で操作も問題なさそうなんですが、お客様によると設定を全部終わらせて、『(変換)スタート』をクリックしてもプログレスバー(進行状態が○○%と表示される)に何も表示されないのでおかしいんじゃないかとのことです。

はい・・・、

実際にやってみていただいてやっとわかりました。お客様のパソコンのCPUはセレロンMですから動画のエンコードをするにはちょっと厳しいかもしれませんね。多分止まっているわけではないと思いますよなどと話していると、5分くらいかかってやっと『1%』の表示が出ました。

元の動画のデータにもよりますが、お客様のパソコンだと一時間の動画データを変換するのに一時間以上かかることもあると思いますよとご説明はしましたが、そのあたりはまさに『想定外』だったんでしょうね。そんなことを話しているうちに、5-7%くらいにまで進んできましたので、プログレスバーは正確に進行状況を反映しているものでもなさそうです。そのまま100%までは待っていられないので、何かあったら連絡くださいとお願いしたうえでスタンバイなどにならないように電源の設定を確認して終了とさせていただきました。

最近、iPod関連のアプリケーションソフトがたくさん店頭に並んでいますが、動画の変換にかかる時間について書かれたものはないですね。デュアルコアのCPUがはやく及するといいですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

関節技ですか?

今日は下請けで法人向けの作業です。

人が増えたのに応じて追加になったパソコンにネットワークの設定とメールの設定をするだけなので本来なら簡単な仕事なのですが、ちょっとつまずいてしましました。

設定用の資料にネットーワークについてはやたらと詳しく書かれているのに、メールの設定はメールアドレスとパスワードのみという簡単なものだったので嫌な予感はしていたのですが、案の定メールは受信はできても送信ができない状態に陥りました。

悪いことに、そのあたりのことがわかる人は不在なので詳細がよくわかりません。回線はフレッツADSLでお客様は独自ドメインをご利用ですから、どうやら25番ポートブロックにひっかっかっているみたいなのですが、ブロードバンドルータにもしっかりパスワードがかかっていてプロバイダもよくわかりません。

こういうことは実はよくあることなので、もう慣れてしまったのですが、今回もいつもと同じようにすでに設置されているパソコンからメールの送受信に問題のないアカウントをエクスポート/インポートさせてもらったうえで、必要な部分だけ変更して設定を行って新しいアカウントでも送受信ができるようになりました。

その後、WindowsUpdateなどをやっている間に時間があったのでゆっくり見てみると、お客様のメールアカウントにはぷららのサブミッションポートが設定されていました。回線がぷららでレンタルサーバを利用するときの逃げ方がサブミッションポートだったのかどうかよく憶えていないのですが、『今、送受信ができている』ことのほうが大切なのでとりあえず終了です。

今年から多くのプロバイダで、25番ポートブロックが行われていますが、効果はどれくらいあるんでしょうね。設定が複雑になったおかげで私の仕事も少しは増えているので余計な事を書くつもりはないですけど…。ちなみに、個人向けで新規にぷららを申し込むと設定用のUSBメモリがついてきますので、OutlookExpressをご利用の方はこちらを使ったほうが簡単だそうです。(私自身が使ったことがないので詳しくはわかりませんが…。)ごめんなさい、今のところサブミッションポートの設定まではやってくれないそうです。そのうちよくなりそうな気もしますが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

画面だけ…。

本日のお客様、

実は私が個人向けの仕事を始めるようになってから初めての定期的にリピートをいただくようになったお客様です。なぜかはわからないのですが、いつもお昼時に電話をいただきます。

それで今日はどうされたのかというと、うまく説明できなのだけれどなんだかおかしいので見てほしいとのことです。パソコンはNECのノートパソコン(WindowsXP)なのですが、電源は入っている様子ですが、画面は真っ黒です。Fnキー+F3で外部出力に切り替わっているのかとも思ったのですが、何度操作しても反応がないのでそれも違うみたいです。

今日はバイクで来ていますので予備のモニタもありませんから、ハードディスクのアクセスランプが点灯していないことを確認して電源ボタン長押しでいったん終了し、しばらくしてから電源を入れてみると問題なく起動しました。しばらく使ってみていただいたり何度か再起動してみたりしても問題なさそうです。

お客様によると、今日の昼にワープロの文章を印刷している途中でウイルスバスターのスキャンが始まったと思ったら画面が真っ黒になってしまったのだそうです。無線LANが切れると困るので休止状態はオフにしてありますし、電源ランプが点滅していたわけではないのでスタンバイになっていたわけでもなさそうなんですが、原因は全く不明です。

ついでなので、オンライン版のWindowsLiveOneCareで一時ファイルとレジストリの掃除をしながら、今年は年賀状をどうしましょうねなどとお話をして終了です。しばらく様子を見ていただくことにはしたんですが、症状が出ないと修理にも出せませんしどうしたもんだかという感じです。

私の7年物のThinkPadはしばらく使っていると、本体と液晶パネルをつないでいるケーブルが緩んでくるので、3カ月に一度くらいの割合で上半身を分解してケーブルをつなぎなおさないといけなんですが、比較的大型のA4ノートでも同じようなことになるんでしょうか?富士通製だったらキーボードが簡単に外れるので楽なんですけどね…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

そっちですか。

今日もまたまた我が家のパソコンの話です。

一昨日あたりから妙な音がするようになったとは思っていたんですが、何しろデスクトップパソコンの本体を3台並べて使っていますので、どのパソコンの調子が悪いのかすぐには特定できずにいました。

ただ商売上そのままにしておくわけにもいかないので、今日の朝から一台ずつ調べてみました。すると予想通りというか変な音がしているのは、今稼働させている中では一番古いPentiumⅢ-1GHzのベアボーン機で、変な音はモーター音というかファンに異常があるような感じです。

このベアボーン機にはケースファンなどないので、可能性があるのは電源でしょうか?電源ユニットはお客様のところで使うこともあるので標準的なものを買い置きしてありますから、それを使おうと思って本体のケーブルを全部はずして作業台にしているテーブルに載せて本体を開いてみました。

おや?

開いてみて思い出しましたが、このベアボーン機は一昨年電源ユニットを交換したばかりです。しかも当時はメインマシンでしたので奮発して店の人に勧められるまま2万円くらいするものを入れていますから、おかしくなるにはちょっと早い気がします。念のためそのままの状態でケーブルを引っ張ってきて電源を入れてみると、音がしているのはCPUファンでした。

このCPUファン(というかCPUクーラー)も同じく一昨年くらいに交換したものですが、その時は『CPUクーラーは安いものを短い期間で交換したほうがいい』などという人がいて千円くらいのものを取り付けていた(2年前でもSocket370用は少なくなっていて探すのが面倒になったのもありますが…。)ので『やっぱり』という感じですね。

ーということで、今回はファンのみを800円で買ってきてしばらく様子を見ることにしました。来年くらいにはそろそろマザーボードを交換したほうがよさそうな気もしますけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

先週の検索ワードランキング。

今日は午後からは自宅で作業だったので、自分のノートパソコン(ThinkPad)のハードディスクの換装をやっていました。パソコンからハードディスクを取り出して、新しいハードディスクと共にデスクトップパソコンに接続してから丸ごとコピーをしてしまうのですが、最初どうやってもうまくいかず、よく考えてみると古いハードディスクにはHDDパスワードをかけていたのでした。どうも自分のこととなると抜けているというかボーンヘッド連発になりますね。その後はスムーズに進んで、7年目になるノートパソコンもずいぶん快適になりましたが…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 msmpeng
2 MsMpEng.exe
3 MsMpEng
4 msmpeng.exe
5 リカバリ
5 WindowsLiveOneCare
7 0x80070003
7 DELL
9 matcli
9 windowsliveonecare
9 dell
9 インストールできない
9 cm3_tray.exe
14 cm3_tray
14 エラーコード
16 筆ぐるめ
16 リカバリー
16 CTU
19 Windows
19 設定
19 CG-LAPCITX
19 パソコン

『cm3_tray.exe』というのが新しくランクインしてきましたが、これはクライアントマネージャ3をインストールするとサービスに追加されるもので、本文ではなくコメントをいただいた中にあるフレーズでした。(ike九州さんすみません…。)

そろそろ年賀状ソフトもランクインしてきましたので、年末を迎えつつある感じがしてきましたね。今年は光沢タイプの年賀状がたくさん販売されるみたいですから、利用される方も多いんでしょうね。値段は少し高いですが、写真でなくてもイラストがくっきり印刷されることもありますので、一度試してみられるのもいいかもしれませんね。その際には印刷の設定を変更する(はがきから光沢紙に…。)のがいいのですが、プリンタドライバによってはサイズを『はがき』にすると『光沢紙』が選択できなくなるものがあるんですよね…。そのあたりのことも情報がありましたら記事にしていきますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

思い込みは怖いですね。

今日のお客様は、ノートパソコンの画像を液晶テレビで映したいとご希望です。

パソコンの出力端子、液晶テレビの入力端子ともありますので、どれくらいきれいに写るのかを別にすれば問題なさそうです。

ところが利用するケーブルについて、お客様が事前に購入されているのは『RS-232C』という規格の『両端メス』のケーブルです。開封してしまうと返品できなくなるかもしれないので、パソコン側もテレビ側も『メス』なので『両端オス』のディスプレイケーブル(本当はピンの数もまったく違うのですが…。)でないと接続ができないとご説明するのですが、一向にわかっていただけません。

私もまさかそこがご理解いただけないとは思わないので、どうご説明していいのかもわからず、なんとか納得していただくまで一時間近くかかりました。よくお聞きすると、電気店でも店員さんの反対を押し切って購入されたそうですから、よっぽど強い思い込みがあったみたいですね。

電気店はすぐ近くだったので、ケーブルを交換してもらって接続もあっという間に終了です。パソコンはNECでしたから『Fn』プラス『F3』で出力を切り替えることができました。画質はなんともコメントしがたいくらいのものでしたが、DVDの映画を見てみたいとのお話でしたのでどうにか納得していただけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

ちょいテレ。

DH-ONE/U2
Dhone2
まだ発売されて間もないため店頭では品薄が続いているようですが、今日手に入ったので早速使ってみました。

一応市内の中心部に住んでいるのでビルの中でも外部アンテナを利用せずに本体のみでも受信ができます。地上デジタル放送を見ることができるパソコンと混同されている方がいらっしゃるようですが、あくまでワンセグですからパソコンの画面で見るには画質はそれなりです。録画もできますし『ちょっと知り合いに自慢する』程度の用途にはちょうどいいですね。

ドライバとユーティリティのインストールも5分程度で終わりますので、ドライバCDを丸ごとUSBメモリに入れておけば、外出先のパソコンですぐテレビを見るようにできますね。すでにアナログ用のチューナーやキャプチャソフトをご利用の場合には注意されたほうがいいかもしれませんが…。

Dhone


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

WindowsDefender

先日から英語版は提供されていましたが、日本語対応版が正式公開になりました。

インストールしてみましたが、ベータ2から大きな変更はないみたいですね。買収したジャイアントソフトウエアのカラーが強く残っていたベータ1に比べて、検出精度が(たぶん大人の事情で…。)すっかりまろやかになっていますが、常駐してリアルタイム保護をしてくれて定期的にアップデートとスキャンをしてくれる点はやはりお勧めですね。

スパイウエア対策ソフトはウイルス対策ソフトと共存させられると言われてきましたが、ウイルスバスター2007をインストールするときには削除するように指示が出ましたので、常駐でスパイウエア対策機能付きのセキュリティソフトをご利用の場合には注意が必要かもしれません。WindowsVistaには標準搭載されるそうなので、ウイルスバスターの対応にも注目しておきたいところですが…。

Windowsdefender


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

必要になりそうです。

どうやらWindowsVistaは現在の予定どおり発売になりそうですね。アップグレードに対する対応表も公開されています(インプレースアップグレードとかいう言葉も登場していてまた覚えることが増えてしまいましたが…。)ので、仕事で使うことになる私なんかはそろそろ準備が必要になりそうですね。

ただ、来年はWindowsVistaよりもOffice2007への対応のほうが大変になりそうな気がしています。私もベータ版を頑張って使っているところですが、操作方法ばかりでなくファイルの形式まで変わってしまいますので、注意をしていないと『読めない』が頻発しそうな気がします。前回(Office97)のときより利用者はずいぶん増えているでしょうし・・・。

そこで、前回にもあったのかどうかはよくおぼえていないのですが、今回は『Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック』というものが公開されていますので、事前にダウンロードしておくことにしました。ただ『Microsoft Office XP および 2003 の Word、Excel、または PowerPoint をご使用の場合は、互換機能パックをダウンロードする前に、必ず Microsoft Updateで優先度の高い更新プログラムをすべてインストールしてください。』という但し書きがありますので、ちゃんと動かない可能性もありそうですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

連敗中です。

只今連敗中、といっても野球のお話ではなく仕事のお話です。

今週に入ってから朝晩の冷え込みが厳しくなったのでいやな予感はしていたのですが、昨日から今日にかけて起動不良が3台立て続けでした。

最初のお客様は、NECのノートパソコン(Windows98)をご利用のお客様です。電源を入れるとハードディスクあたりからカリカリと音がしていますので、ほぼ間違いなくハードディスクの故障です。たぶん8年ぐらい使っているとのお話なので、寿命と考えてもいいかもしれませんね。B5のモバイルタイプで確か1.8インチのハードディスクだったはずなのでメーカーに出さないと交換も難しそうです。データは以前からフロッピーにしか保存していなくて、メールもYahooのWebメールしか使っていないとのお話なので、今回は余計なことはせずにパソコンを買い替えた後に呼んでいただくことになりました。どうも『ダメですね。』と言ってもらいたくて呼ばれたような気はしたんですが、何もさせてもらえないのもちょっとですね…。

次のお客様は、Panasonicのノートパソコン(WindowsXP)をご利用のお客様です。電源を入れるとしばらくして『OperatingSystemNotFound』と出ますのでこれまたハードディスクのトラブルみたいです。さらにBIOSでもKnoppixでもハードディスクは認識されないので、データの取り出しも難しそうです。後はハードディスクを取り出すくらいしかなさそうですが、自分のノートパソコンをお客様のADSL回線につないで少し調べてみると、この機種のハードディスクは『ロジック電圧3.3V』らしいです。購入されたお店の長期保証には加入されているそうなので、長期保証が取り消されるリスクを冒してまでパソコンを分解することはやめることになりました。市販品のハードディスク(ロジック電圧5V)に少し手を加えると何とかなると書いてあるWebページも見つけたのですが、お客様のパソコンで試してみるわけにもいきませんしね…、難しいです。Panasonicはモバイルノートではトップシェアらしいのですが、私の知っている限り、最近のパソコンで『分解禁止』のシールが底面に張ってあるのはPanasonicだけですね。以前からThinkPadを使っていてパソコンは分解するのが当たり前になっていた私にはちょっと違和感がありました。データは先週までの分はバックアップがあるそうなのでここ数日の分は残念ながらあきらめていただくことになりました。

最後に今日の午後に対応させていただいたのは、VAIOノート(WondowsXP)をご利用のお客様です。電源を入れるとセーフモードなどの起動選択画面が繰り返し表示されるおなじみの症状です。この症状の場合はハードディスクの認識はできていることが多いので、早めにデータを取ってしまうことが大切です。それで、持参の外付けハードディスクを接続してKnoppixを起動させてみたのですが、起動中に突然内蔵のハードディスクから大きなカリカリ音がするようになって結局ハードディスクは認識してくれませんでした。よくお聞きしてみると、先週から調子が悪かったので、お客様ご自身でリカバリをされたばかりだったそうで取り出すデータはなかったのですが、私が最後の一押しをしてしまったわけで、ちょっとショックでした。

三件のお客様とも、少し前から兆候というか少し大きな音がするようになったり、起動にやたら時間がかかるようになったりはしていたみたいですね。その時点で呼んでいただいていれば、確実にトラブルを防げたかどうかは別にして、データのバックアップはできていたと思うんですけどね、実際には難しいでしょうね。『ハードディスクが故障する時期を予測してお知らせする』アプリケーションソフトもあるそうですが、それなら普段からバックアップをこまめに取ったほうがよさそうな気もしますし、なかなか簡単にはいきそうにないですね。これから冬になるとたぶんもっと多くの起動不良のパソコンに対応しなくてはならないのでめげずに頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 7日 (火)

アイコンがありません。

本日のお客様、

富士通のノートパソコン(WindowsXP)をご利用なんですが、電源を入れてしばらくしてもデスクトップにアイコンが表示されないのだそうです。何かの拍子にデスクトップアイコンを非表示にしてしまったのかと思ったのですが、セーフモードだとちゃんと表示されるとのお話ですから設定の問題ではないみたいです。

お伺いするとちょうどセーフモードで起動してありましたので、そのまま少し見させていただきながらお話を伺ってみると、ノートンインターネットセキュリティを削除してウイルスセキュリティをインストールしようとした後おかしくなってしまったそうです。

ーということで、セーフモードでウイルスセキュリティを削除して再起動すると問題なく立ち上がりましたので、ノートン用の削除ツールをかけてからもう一度再起動してウイルスセキュリティをインストールしてみました。それで、問題なく起動するようになってウイルスセキュリティのユーザー登録とアップデートもできましたので大丈夫そうです。まだ時間があったので、オンライン版のWondowsLiveOneCare(リンクが分かりにくくなりましたが…。)で不要な一時ファイルとレジストリ項目を削除して終了です。

後でお聞きすると、ノートンインターネットセキュリティを削除した後再起動せずにウイルスセキュリティをインストールしたような気がするというお話です。ノートンは削除すると必ず再起動が促されるはずなので、何らかの要因で削除が止まってしまったままでインストールを始めてしまったのかもしれないですね。

私も作業でお客様のパソコンを扱っていると、フリーズしてしまったのかと思うほど反応がなくなってしまうことがよくあります。たいていはしばらくすると動き出すので、あわてて強制終了などをしないように心掛けてはいるのですが、なんど同じ場面に遭遇してもこればっかりは慣れませんね…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 6日 (月)

先週の検索ワードランキング。

今日の午前中は急に予定がなくなってゆっくりできたはずなのに、昨日の夜から急に自宅のパソコンをリカバリすることになってしっかり半日つぶれてしまいました。せっかくの半日休みはなくなってしまいましたが、購入したまま使っていなかったNortonGhostもやっとインストールすることができてパソコンもすっきりしたので、まぁしょうがないですね…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 msmpeng
2 MsMpEng.exe
3 MsMpEng
4 msmpeng.exe
5 リカバリ
6 matcli
7 dell
8 Windows
9 アンインストール
10 は正規の製品ではありません
10 WindowsLiveOneCare
12 windowsliveonecare
12 トラブル
14 パソコンのサポートやってます
14 設定
14 フレッツ接続ツール
14 DELL
14 光プレミアム
19 この
19 エラー

上位に変動がないのは相変わらずですが、『WindowsLiveOneCare』がランクインしてきました。先週にも書きましたが、それほど強力な保護が必要でない人にはお勧めできると思います。ライトユーザー向けだと思われるのに複数台にインストールができるところはどのように評価されるのか発売されたら注目したいですね。

我が家は先週ひかり電話とひかりパーソナルホンを導入したのですが、今のところは順調に動いています。特にひかりパーソナルホンは思った以上に使いやすいので重宝しています。せっかくUSBポートがあるので初期設定だけでなく電話帳の管理とかいろいろできるようになるといいですけどね…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 5日 (日)

Yahoogle!

最初に記事で見たときはジョークサイトかと思いましたが、結構ちゃんとしているみたいです。

検索サービス同士を組み合わせても『マッシュアップ』と呼ぶのかはよくわかりませんが、広告がまったくでないので検索結果は見やすいですね。近頃では隅に広告が表示されるのは当たり前になっているのでかえって新鮮です。

http://www.yahoogle.jp/

Yahoogle_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

手の中に5年分。

今日は夕方から知り合いの会社で処分するパソコンからのデータの抜き取りをやってました。

パソコンはNECのデスクトップタイプ(WindowsMe)が二台だったのですが、二台とも写真やアクセスのデータが多くてデータの量が1GB以上あることが分かっていたのですが、社内のネットワークにあまり負担をかけたくないということで、USB2.0インターフェイスを一時的に増設(後で別の新しいパソコンに流用してもらうことにしました。)した上でUSBメモリ(4GB)にバックアップを取ることにしたみたいです。

ほかの作業もやりながらだったので正確な時間は測っていなかったのですが、1GBほどあったマイドキュメントをバックアップするのに10分くらいだったのではないかと思います。スピードに関してはさまざまな要因があるので難しいのですが、いつもネットワーク経由でデータを取り出しているのに比べて少し早いかもしれません。

最後にUSBメモリのデータをネットワークハードディスクとDVD-Rに移して、処分するパソコンにはハードディスクのデータ消去ソフトを使って終了です。二台のパソコンで5年にわたって作成したデータがこんな小指くらいのUSBメモリに収まってしまっているのが少し不思議な感じもしましたね。

ある程度パソコンに詳しい人が何人か集まると、バックアップやデータの取り出し方に関してもそれぞれ考え方が違っていて面白いですね。今回は完全に『お手伝い』だったのでひたすら指示に従うのみだったのですが、いろいろと勉強させていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月 3日 (金)

確かに以前は…。

今日は一日法人向けの作業でハマっていたので、昨日の夜に電話でお問い合わせがあったお話です。

お問い合わせの内容は、Windows98(SEではない前期型)のパソコンで無線LANに接続してほしいとのことでした。電器店に頼んだところWindows98に対応する無線機器は販売していないと断られたそうなのですが、お客様は確かWindows98に対応した無線機器があったはずだとおっしゃいます。

そうですね、Windows98がバリバリの現役だった数年前には対応の無線機器もありましたが、今となってはマイクロソフトのサポートも終了し、いくつかのウイルス対策ソフトも対応しなくなっているのが現状です。長年ご利用のパソコンに無線のドライバを新たにインストールするよりもパソコンにLANポートを付けた上でイーザネットコンバータを接続する方法がよさそうですが、Windows98のパソコンに一万円をかけて無線を利用できるようにすることがよいことなのかは判断が難しいですね。お客様にはもう少し検討をしていただくようにお願いをして、やはり必要だということになったらまた電話をいただくことにしていったん保留となりました。

無線LANについては最近のもののようにお考えの方もいらっしゃるようですが、ISDN全盛の時代から『無線ダイヤルアップルータ』なるものがあった(現在の規格とは少し違いますが…)ので、有線LANよりも無線を先に使っていた方なんかも結構いらっしゃったりします。ただ、無線LANのように毎年新しい技術が発表されているような製品はセキュリティを考える上でもできるだけ新しいものをご利用になることをお勧めしたいですね。実際にはなかなか難しいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

やっと…。

本日、我が家にもひかり電話が開通しました。

FAX用に追加番号を申し込んでいたので、VoIPアダプタはNEC製と思われるAD-200NEが届いていたのですが、やはりどうしても欲しくなったので無線LAN電話機も申し込んで同じく今日から使えるようになりました。

これで、一つの回線に二つの電話番号に無線も含めて三台の端末という構成になり、ISDNでiナンバーを利用していた時のような感覚です。トラブルについては最初のうちはある程度仕方がないと思っています、毎年少しずつ少なくなればいいですけどね…。

パーソナルハンディホンWI-100HCは子機のUSB端子とパソコンをつないで付属の専用ツールで設定を行います。設定は勝手に行われるので何らかの選択を行う余地は全くありませんが、このあたりは今後ある程度は触れるようになってほしいですね。ちなみに無線はWPA-PSK(TKIP)で暗号化されますので、同じ共有キーを無線LAN機能を持ったパソコンに設定をすると無線LAN接続が可能になります。通話の品質に影響が出る可能性があるということで、NTTとしてはお勧めではないということらしいですが…。さらにいうと、アダプタにルータ機能があって、接続している端末のIPアドレスは『192.168.1.***』になりますので、CTUにつながっている他のパソコンとは別のネットワークになります。

工事を待っていたりする時間があったので、独立した当時(7年前)のデータを見てみたんですが、NTTへの支払額は明らかに今のほうが少ないですね。仕事の内容もずいぶん変わっているので正確な比較ではないですが、けっこうありがたいです。使ってみての感想などは今後書きたいと思いますのでまたよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

お手上げです。

本日のお客様、

NECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用なのですが、最近になって音が鳴らなくなっているのだそうです。

お伺いして起動していただくと、最初の5分くらいは問題なくスピーカーから音が出ているのですが、そのうち全く音が出なくなります。デバイスマネージャでも問題なし、念のためデバイスマネージャからいったん削除しても変化なし、ではリカバリはというとメーカーのサポートに電話して勧められたので先週やってみたんだそうです。

うーん、これは全くお手上げです。いわゆるA4モバイルと言われる薄型のパソコンで、パソコンが冷えた状態ではしばらく音がなっていることから、『熱』が問題のような気もしますけどね、USB接続のスピーカーなんかがあればもう少し切り分けができるんでしょうけど…。

ーということで、購入したお店の長期保証にも加入されているそうですから、修理に出していただくことになりました。無線の設定などもあるので修理が上がったら見させていただくことになっていますから、マザーボードの交換でなかったりしたらまた記事にしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »