« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

変わりましたよね?

今日はプリンタ(複合機)のインストールというシンプルな仕事です。

パソコンはWindowsXP SP1の頃のVAIOノート(SP2にアップグレード済み)で、複合機はキャノン製です。念のためにこれまで利用されていたエプソンのドライバとユーティリティを削除したうえでインストールを行いました。キャノンは現在発売されているモデルからインストールがずいぶん早く終わるようになったので楽ですね。特に以前はキャノンのデジカメを使っていると競合するユーティリティがあったりして困ることがあったのですが、今回はスムーズでした。

ーで、複合機は問題なく終わったのですが、どうしても気になるのが起動するときにユーザーアカウントがひとつしかなくパスワードも設定していないのに、ユーザー選択画面が出ることですね。

これは、WindowsUpdateのWebサイトを開いて『優先度の高いプログラム』に現れる『Microsoft .NET Framework, Version 1.1 Service Pack 1 用セキュリティ更新プログラム (KB886903)』を適応することで解消されます。WindowsXP SP1の頃に発売されたパソコン(私はVAIOでしか経験がありませんが・・・。)の一部に見られる現象で、なぜか画面右下に現れる自動更新からはインストールされないようですね。

お客様は元々知りあいですし、ちょっと席を外されている間に終わらせてしまったのですが、戻られた後に起動するところから使ってみていただいて、『変わったでしょ?』と聞いてみたんですが、『そうだったっけ?』と返されてちょっとがっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

診断プログラム。

WindowsVistaとは別にOffice2007のベータ版も時間があるときに使っているのですが、今日、ちょっとした偶然で『MicrosoftOffice診断プログラム』というツールがあるのを発見したのでさっそく使ってみました。

Outlookはメニューバーの『ツール』の中に、ワード・エクセルは『左上の丸いOfficeのマーク』-『Word(Excel)のオプション』-『リソース』の中という大変わかりにくいところにあるのですが、アプリケーションの強制終了などをした時に『マイクロソフトにエラーの報告』をすると自動的に立ち上がったりするみたいです。(私もそうでした。)

内容は、メモリの診断・更新の診断・互換性の診断・ディスクの診断・セットアップの診断のチェックとある程度の修正までできるようになっているようですので、ちゃんと動いてくれれば便利かもしれません。あくまでベータ版であることを忘れてはいけませんが・・・。

Shindan2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

時間差?

先週の無線の設定でのお話です。

今までご自分で無線を設定して問題なく利用できていたんだそうですが、パソコンをリカバリしたところ接続ができなくなってしまったということで呼んでいただきました。

最初はパソコン側で無線のアダプタの設定ができていないのではないかと思ったのですが、持参した私のパソコンでも親機から出ているはずの電波を見つけることができません。有線で無線ルータに接続して管理画面を確認してみますが、any接続禁止(ステルス)やMACアドレスフィルタの設定もないどころかWEPの設定もありません。

お客様にあまりお時間もないとのお話なので、無線ルータを工場出荷状態に戻してみました。そのままWEPの設定もやってからお客様のパソコンで受信ができることを確認してWEPの設定をすると無事接続ができるようになりました。

しばらく使っていただいて問題なさそうなので終わりかと思っていたら、実は別の部屋にもう一台パソコンがあるそうです。お子さんが使っているそうなので、WEPの設定をやらせていただこうとパソコンを確認させていただくと…、

おや?

接続できていますね、そんなはずはと思ってパソコンの再起動をするとやはり接続できなくなったので、WEPの設定をやって終了です。親機を暗号化しない状態から接続したままだったはずなので、パソコンの電源を落とすまで利用できたんでしょうか?よくわからないままですが、今後複数のパソコンで無線の設定をするときは気をつけたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

年末ですね。

エプソンとキャノンから新しいプリンタ(複合機)が発表になりました。年賀状ソフトもそうですが、新しいプリンタが発表されるといよいよ年末になったような気になりますね。

残念ながらまだ現物を見ていないので、詳しいことは店頭などでいろいろ触ってから記事にしたいと思いますが、エプソンはテレビや外付けのCD/DVDドライブ、USBフラッシュメモリなどとつながることが強調されていて、何とか使わせようとしているのかなと感じますし、最近のキャノンのデザインは、実は家庭では使われていない時間のほうが圧倒的に多いことを認めてしまっていると思えるところがちょっと面白いですね。

毎年年末になると、ほぼ一年ぶりにプリンタを使おうとした人が『印刷できない』トラブルに見舞われるのに対応することになって、年賀状印刷にしかプリンタを使わない人が自宅にプリンタを備えておく必要があるのか疑問に思いますが、やっぱり手元に置いておきたいんでしょうね。

個人的には、同じように『多くの人がほとんど使わない』FAXと一緒にしてしまえばいいと思っています。電話機の近くにはADSLモデムや光ファイバの終端装置があることが多いですからネットワーク対応にもしやすいですし、FAXですから『使うときだけ電源を入れる』ためにおこるインクづまりなども少なくなると思います。

ーなので、自分のお客様にはhpのこのあたりをお勧めすることが多いです。ビジネス用なので使い方がちょっと難しいところがあって、私がフォローができるお客様にのみになりますが・・・。量販店にはあまりおいていないのもつらいところですけどね、ブラザーよりもパソコンからの使い勝手は良いと思います。(反対に電話/FAXとしての使い勝手はブラザーのほうが相当上ですけど。)

家庭でもいろんなものをネットワークに繋ぐようになってきていますので、そろそろプリンタもとお考えの方は結構いらっしゃるんじゃないかと思うのですが、今までと同じように『使うときだけ電源を入れる』のではかえって使いにくくなってしまうことをご存じの方は少ないように思います。早めにご検討いただいて年末ぎりぎりになってあせらなくてもいいようにしていただきたいのですが、無理でしょうねやっぱり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

直ったんでしょうか?

先週無線の設定で伺ったお客様、

お客様ご指定の富士通のノートパソコン(WindowsXP)での設定は簡単に終わったのですが、お部屋の隅にVAIOノート置いてあるのが気になったのでお聞きしてみました。

お客様によると、元々のWindowsMeからWindowsXPにアップデートをしてみたもののなんだかおかしくなってしまったので、来年お子さん用に新たにパソコンを購入する時に下取りに出そうと思って半年以上放置しているのだそうです。少し気になったのと少しなら時間があったので見させていただくことになりました。

起動してみると、確かになんだか変ですね。メモリは増設してありますし、アプリケーションソフトも大幅に削除してあって自動的に立ち上がってくるものもずいぶん少ないのに起動に5分以上かかります。お客様がどうやったのかよく憶えていないとのお話なので、『ProgramFiles』などを見ながらの想像ですが、WindowsMeのときに『Mcfeeウイルススキャン』を削除しないまま『ウイルスセキュリティ』をインストールしていて、オンラインの有効状態のままWindowsXPにアップグレードをしたのでおかしくなってしまったのではないかと思います。VAIOのWebサイトでデバイスのアップデートはやってあるそうです。

これなら一度WindowsMeに戻してアプリケーションの削除をしてからアップグレードとウイルスセキュリティのインストールをやればなんとかなるかもしれませんね。その日はそうこうしているうちに時間がなくなってしまったのとバックアップをとっておきたいデータがあるのでということで、有料でよろしければご対応しますのでよろしくお願いしますということになりました。

ところが、今日そのお客様から連絡があって『友達に相談してみたらリカバリがいいという話になって、やってみたら直ったので、またなにかありましたらよろしくお願いします。』ということなんだそうです。ネットもこのパソコンは有線で利用されるらしいので特に設定も必要なさそうです。

うーん、それは直ったというのかどうか微妙ですが、とりあえず『よかったですね、次回はよろしくお願いします。』というしかないので今回は終了です。まぁ、お客様が納得されていることが一番ですので、あまり『負けた』感はないですけど、ちょっとタイミングも考えなければいけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

先週の検索ワードランキング。

9月末は多くの企業で半期の決算になっていて、新聞のチラシでも『決算セール』と書かれたものが多くなっていますが、法人向けの仕事をしている場合には結構つらい時期になります。私の周辺でも、『新規のセッティング100台』とか『今日中にキッティング50台』といった話が飛び交っています。私のお世話になっているところでも近々に数百台のパソコンでメモリの追加をするんだそうで、ちょっとは景気がよくなっているんだとするといいんですけどね…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 MsMpEng.exe
2 msmpeng.exe
3 トラブル
4 Windows
4 パソコン
6 msmpeng
7 のプロダクト
8 ウイルスバスター2007
9 dvd
9 再生しない
9 このコンピュータにインストールされている
12 お客様は偽造ソフトウェアの被害に遭われた可能性があります。
12 光プレミアム
14 パソコンのサポートやってます
14 キーは、正規のものではありません。
16 設定
16 リカバリ
16 MsMpEng
16 この
16 は正規の製品ではありません

相変わらず上位は変わりませんが、それ以外は少しずつ変化が見られますね。ウイルスバスターなんかは2回にわたって記事にしていますので当然かもしれませんが、これから年末にかけてウイルス対策ソフトの更新時期になっている方が多いと思われますので、少しは検討のネタにしていただけるとありがたいですね。

店頭にはもう年賀状ソフトが並んでいますので、10月からは少しずつ記事にしていきたいと思います。年賀状ソフトって一年に一回しか使わない人が多いからしょうがないんでしょうけど、毎年同じところでつまずいている人がけっこう多いんですよね。私も人のことは言ってられませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

変わってません。

今日は、ご自分でリカバリをやった後データや設定は戻したはずなのにメールの送受信ができないとおっしゃるお客様です。

プロバイダの書類もお持ちいただいていますので、設定を入れなおしたり新しくアカウントを作成したりしてみますが全くよくなりません。

メールパスワードを当初のものから変更されているのが少し気になったので、変更されたのはいつなのかお聞きしてみると『昨日の夜』なんだそうです。

昨日の夜ですか・・・、さらにどの画面で変更されたのかお聞きしてみると、予想通りというか『OutlookExpress』のアカウント設定画面でした。リカバリの後、メールアカウントの設定をするときにせっかくだから変えてしまおうと思われたそうです。

メールパスワードはプロバイダのWebページにアクセスして、お客様IDやら接続用のパスワードを入力して変更した上でパソコンのメールソフトの設定をしないと変更することができないことをご案内して、元々利用されていたパスワードを入力すると問題なく送受信ができるようになりました。

携帯電話でメールアドレスの変更をするときは、携帯電話でアドレス変更を行うとそのまま使うことができる(ちゃんと携帯電話会社にアクセスしてるんですけどね。)ようになるので、勘違いされている方がいらっしゃるんでしょうね。リカバリやデータのバックアップ/戻しができる方でもですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土)

30分。

今朝もうすぐ出かけようとしていたところ、仕事仲間から連絡があって緊急でスパイウエアの駆除をしてもらいたいパソコンがあるとのことです。

昼間に時間をとって立ち寄ってみたところ、パソコンは仕事仲間のお客様のもので、東芝のノートパソコン(WindowsXP)で、先月までウイルス対策ソフトなしでYahooBBを利用していたらしいのですが、さすがに心配になってウイルスバスターをインストールしてみたところウイルス/スパイウエアが検出されているのだそうです。

ウイルスバスターは完全に悪質だと認定できる以外のスパイウエアは『削除できません、手動で行う必要があります』と表示されるので、かえって利用者の不安をあおっているような感じがしますね。夕方の作業まで少し時間があるのでちょっと見てみましょうかと思ったんですが、実はそのお客さまは今日の夕方にどうしてもパソコンが必要なので、あと30分くらいで持っていかなければいけないとのことです。

30分ですか…。いつもならいったんお預かりして、ツール類をふんだんに使って残ったものだけをWebで検索しながら一つずつ丁寧に削除しているので3時間くらいかけることもよくあるのですが、今回はそんな余裕はなさそうですね。

ーということで、今回は『HijackThis』で明らかに怪しいものだけFixしてみることにしました。スキャンして怪しいのは…、

O4 - HKLM\..\RunServices: [SVX Control Service] svxhost.exe
O4 - HKLM\..\RunServices: [Norton Guard 32] ntguard32.exe

ー2つです。

『svxhost.exe』については、『W32/Forbot-K worm』のエントリだということが簡単に分かったので、ほかの行に出てきているものも含めて全てFixで問題ないのですが、『Norton Guard 32』は検索してもそれらしいものに行き着きません。

でも『Norton』の文字が入っているのに検索してもHitしないということがかえって怪しいですよね。念のため『プログラムに追加と削除』でノートン関連のアプリケーションがインストールされていないのを確認した上でFixすることにしました。

再起動の後ネットに繋いでしばらく使ってみましたが、ウイルスバスターの警告も出ないのでとりあえずこれでいきましょうということになりました。データは間違いなくバックアップしてあるらしいですし、今日の用事が終わったらまたお預かりできるらしいので少し安心なのですが、時間がないのはよくないですね。一応これが本職なので、それくらい簡単にできないといけないんでしょうけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

8,000円ですか…。

シマンテックから『ノートン・アンチウイルス2007』と『ノートン・インターネットセキュリティ2007』が発表になりました。

ダウンロード版はすでに発売されていて、パッケージ版は今月末発売だそうです。たぶん『特別優待版』みたいな感じのものが出るんでしょうから、実際にはもう少し安くなるんでしょうけど8,000円というのはどうなんでしょうね。さらに昨年のWindows98/Meに続いてWindows2000が対応から外れたばかりでなく、『WindowsVista対応版へのアップデートが無料』ということは、WindowsXP以外には全く対応できないということですね。

これからはそれぐらい対応をはっきり絞らないと、パソコンをあらゆる脅威から守ることはできないということなんでしょうか?これくらいはっきりしてくれたほうがわかりやすいのかもしれませんが、少なくとも私のお客様に多い家庭でのライトユーザーにはますますお勧めできなくなったように思います。

Norton2007


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

インターネットだけではありません。

先週の無線の設定にうかがったお客様宅でのこと…。

無線の設定はあっという間に終わってちょっと申し訳ないなと思いながら雑談をしていると、携帯電話(FOMA)のアドレスやメールで送られてきた画像などを保存しようと思って購入した『軽快電話13』がうまくいかないまま放置してあるのだそうです。

これって以前も記事にしたことがあるような気がするんですが、転送が順調に進んでいるのに最後になってエラーになるときは『パーソナルファイヤウォール』に邪魔されていることが多いんですね。

ちょうど無線の設定の際にファイヤウォールがちゃんと無効にできるのを確認した後だったので、やってみると問題なく転送が終了できました。そのままでは大変なので、除外項目(アプリケーション)に『軽快電話13』を登録して問題なく転送できるのを確認して終了です。

少し知識のある人ほど、ネットワーク以外でファイヤウォールによる遮断があるとは考えないみたいですね。まぁ一度懲りると二度と忘れないんですけど…。(当然私もです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

一難去って…。

先週パソコンが起動しなくなったということでパソコンをお預かりしたお客様。

パソコンはVAIOのノートパソコン(WindowsXP)で、電源を入れても黒いバックの起動選択メニューが繰り返し表示される症状です。

調べてみるとハードディスクは日立製ですので、『Drive Fitness Test 』を使って修復を試みて再起動をかけてみるとなんと起動するようになりました。ツールを使ってのハードディスクの復旧は先週から3連敗中だったのでちょっとうれしいですね。

しかし…、

起動はしているんですが非常に遅いです。やっぱりハードディスクにはまだまだ問題があるのかと思って5分くらい待っていると、立ち上がっていたのは『驚速』と『ウイルスバスター2005』でウイルスバスターは無効になっています。

いやいやこれはハードディスクではなさそうですね。お客さまの了解をいただいて、まずは驚速のメイン画面を開いて『元に戻す』を選択して再起動、今度はセーフモードで起動して問題なく起動するのを確認した上で、『驚速』をアンインストールしました。もう一度再起動して、オンラインとオフラインを繰り返しながら『Ad-AwareSE』と『Spybot1.4』を使ってスパイウエアのスキャンをすると300以上見つかったのですべて駆除をして、今度はマイクロソフトの『Windows Live OneCare』をかけて最後にウイルスバスターを2007にバージョンアップしてウイルスとスパイウエアの完全検索までやってみました。その後、MicrosoftUpdateをやりながらしばらく使ってみましたが問題なさそうなので終了です。ウイルスバスター2007はメインメモリが256MBでも何とか動いていたのがちょっと意外でしたが・・・。

翌日にお届して、ハードディスクが弱っているのかもしれないとご案内はしましたが、外出時の持ち出し用のパソコンで、無くなっては困るデータはないからということで、そのまま次におかしくなるまでご利用いただくことになりました。驚速は使わずにメインメモリをすぐに増設していただくということにはなりましたが・・・。

先月もあったんですが、どうしてパソコンが『遅くなった』と感じるときに選択するのが『驚速』なんでしょうね。驚速は普通あるいはそれ以上の状態のパソコンのスピードが少し早くなることはあるかもしれませんが、『遅くなった』パソコンはまずその遅くなった原因を取り除くこと(今回はスパイウエア)が大切です。広告なんかを見ていると、一度インストールしてみたくなる気持ちはわかりますけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

ウイルスバスター2007(その2)

先週からバージョンアップが可能になっていたウイルスバスター2007をインストールしてみました。

新バージョンのインストールを始めると、旧バージョンのアンインストールから再起動せずに進めるようになったことは進歩といえるかもしれませんが、マカフィーやウイルスセキュリティのように毎日のアップデートの中でバージョンアップができるようになってもらいたいですね。せっかくの無料バージョンアップですから…。

インストールしていてちょっと驚いたのは、『Windows防御ツール』(WindowsDefender)などの常駐型のスパイウエア対策ソフトもアンインストールしなくてならないことですね。『スパイバスター』を取り込んでしまったことによる影響なんでしょうけど、これは自信なのでしょうか?たぶん自分のパソコンではスパイウエアは見つからないと思うのでお客さまのパソコンでお手並み拝見したいですね。

せっかくなので、一つのシリアルナンバーで3台までインストールできるようになったことも試してみようと思って、今まで『Avast』をインストールしていたテレビ録画用のパソコンにインストールしてみましたが、スムーズにインストールできました。ウイルスバスターは『オンラインユーザー登録』をやって初めて日々の更新ができるようになるのですが、新バージョンはこのオンラインユーザー登録の時に『3台までインストールできる内の2台目ですよ』ということがわかるようになっています。

ウイルスバスターには『ホームネットワーク管理』というネットワーク内のパソコンにインストールされているウイルスバスターを一括で管理できる機能があって、今回やっと使うことができるようになったわけですが、こちらはちょっとシンプルすぎるというかもう少しいろんなことができるようになればいいと思いました。(サイドバーにそれぞれのパソコンでの動作状況やアラートが表示されるとか、ファイヤウォールの設定をリモートで触れるとか…。)

例年より発表が早かったのは、来年Vistaが発売された後にマイナーチェンジをしたりする予定があったりするからだとすると面白いですけどね。たまに『起動中』のまま随分待たされることがあるのは早く改善してもらいたいですけど…。

Vb2007_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

先週の検索ワードランキング。

台風一過です。被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます、幸いにも我が家には被害がなく、100Mほど先で大木が倒れて道路がふさがっているぐらいでほっとしています。(先ほど見たらもう復旧していました、さすがですね。)朝はそれほどでもないかと思っていたのですが、よく見てみると町中のあちらこちらに強風で飛ばされてきたと思われるいろんなものが散乱していてちょっと怖くなりました。まだまだ台風シーズンですから注意が必要ですね。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 MsMpEng.exe
2 msmpeng
2 msmpeng.exe
4 無線LAN
4 dell
6 0x80070003
6 リカバリ
6 MsMpEng
9 Windows
10 光プレミアム
11 windowsdefender
11 エラーコード
11 は正規の製品ではありません
14 この
15 windows
15 DELL
17 インストール
17 matcli
17 CTU
17 検索履歴の消去
17 yahoomail
17 エラー
17 winantivirus2006

コメントを書くのが嫌になるくらい上位に変動はないですが、4位以下では少しずつ変わってきていますね。特に『yahoomail』は20位以内に入ったのは初めてのような気がします。YahooBBを解約された後でもxxx@yahoo.co.jpのメールアドレスは使えるのですが、フリーメールはサポートがないのでYahooに電話をしてもトラブルには対応してくれません。オークションができなくなった(キャンペーンの時以外はプレミアム会員になる必要があります。)とか、OutlookExpressで利用したい(事前にメールオプションのPOPアクセスとメール転送の設定が必要です。新しいプロバイダが25番ポートブロックを実施している場合には別途対応が必要です。)などが多いみたいで、私もよく対応させていただいていますが…。

最近、一年以上前に対応したようなスパイウエアに出くわすことが多くなっています。なんか不気味でいやですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

来てます。

現在、台風が接近中です。3連休を楽しみにされていた方は残念でしたね、私は3日とも仕事なのでちょっといい気分ですが・・・。

今日は電器店でサポートの予定でしたが、午後の早い時間に終わることになってしまいました。

-で、あたりまえでしょうけどお客さまも午前中にちらほらお見えになっただけで、もっぱら電話でのお問い合わせに対応をしていました。

いつもなら電話で操作方法やトラブルの解決方法をご案内することはお断りをしているのですが、台風の時なんかは停電がらみのお問い合わせが多いので、わかる範囲でできるだけご対応させていただくことになります。

停電の時に注意しておかないといけないのは、特に初心者のお客さまの中にはノートパソコンのバッテリーをつけないまま使用されている方が結構いらっしゃるということですね。バッテリーの消耗を防ぐためにわざとつけていらっしゃらないのではなくて、購入した時からバッテリーの存在自体を知らなくて箱に入れたままの方がいらっしゃるんですよね。

ーなので、『ノートパソコンは停電になってもバッテリーがありますからしばらく平気ですよ』と軽い気持ちで案内をするのはちょっと危険です。私はその昔お客さまのところで作業をしていて、ACアダプタの差し替えをしようとしたりして真っ青になったことが2度ほどあります。幸いパソコンの部品やデータがどうにかなることはなかったですが、あまり思い出したくない失敗ですね。

以前にも書いたのですが、『災害』になってしまうと我々のような小手先の仕事をしているものはあまりお役にたてることがないんですよね、無事明日の朝を迎えることができるように祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

それがリカバリです。

(久しぶりに…。)本日のお客様、

VAIOノート(WindowsXP)をご利用なんですが、リカバリがうまくできないということで呼んでいただきました。お客様によると、リカバリの途中で『Cドライブが見つかりません』というメッセージが出るとのお話です。リカバリというよりもハードディスクのトラブルかと思って内容をよく確認してみると、実際はちょっと違いました。

まず、お客様はVAIO独特の、『CドライブがちょっぴりでDドライブにたくさん』の容量の配分が気に食わなかったらしく、リカバリをして何とかしようとされたみたいです。それで、『リカバリディスク作成メニュー』でCD-RとDVD-Rにリカバリ用のメディアを作成して、ハードディスクはフォーマットをかけてしまったのだそうです。

お気の毒に…。

リカバリにはOSのインストールディスクとアプリケーションドライバディスクでリカバリを行う『再インストール式』とOSとアプリケーションのインストールが済んでドライバも当たっている状態のイメージでリカバリを行う『凍結解凍式』の2種類があって、量販店で購入できる国産のパソコンのほとんどは『凍結解凍式』です。-で、VAIOも凍結解凍式ですからリカバリをしても『購入したときの状態』に戻るだけです。もう少し詳しく書くと、リカバリメニューの中に『パーティションの容量を変更してリカバリ』というのがありますが、変更できる幅が決まっていて『Cがちょっぴり』の状態から脱することはできません。発売時期によって、CD-Rなどの光学メディアからリカバリを行うとハードディスクのリカバリ領域が消えてしまうことがありますが、お客様のVAIOは一旦ハードディスクにリカバリ領域を作成してからリカバリを行う方式でした。

-ということで、お客様のおっしゃる『Cドライブが見つかりません』は、リカバリメニューにある『Cドライブのみリカバリ』『パーティションの容量を変更してリカバリ』『出荷状態にリカバリ』のうちで、『Cドライブのみリカバリ』がハードディスクのフォーマットによってできなくなっていますよ、ということみたいです。今回は『出荷状態にリカバリ』を選ぶと、まずハードディスクにリカバリ領域を作成した上で、きちんと購入時の状態に戻りました。

今回は、パーティションを変更したかっただけみたいですからリカバリする必要はなかったわけですね。リカバリが終わってから、マイドキュメントをDドライブに変更する方法もありますよとご案内したところ、それでいいやという話になりしばらく使ってみていただくことで終了となりました。最初から声をかけていただいていればとも思いますが、お客様はよい勉強になったでしょうし、次回ウイルス対策ソフトか無線LANの導入でまた呼んでいただけるというお話なので楽しみに待つことにします。私なんかは仕事なので、月に10台単位でリカバリをやっていますが、多くのお客様はリカバリなんて一度やるかどうかでしょうからね、やっぱり難しいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

先生ではないので…・。

実は今月から新聞に折り込み広告を入れていまして、少しずつですが問い合わせをいただくようになっていてなんとか元は取れそうでほっとしています。仕事仲間が手伝ってくれるとはいえ、基本的にはひとりでやっていますので、多くのお問い合わせがあっても対応できないわけではあるんですが、実際に反応が少ないとさびしいものでなんだか複雑ですね。

それで、今日は折り込みを見てお問い合わせをいただいたお客様です。電話でもお伺いしてからもたぶんたっぷり20分くらいかけて説明してもらったんですが、要するに最近中学生のお子様がメールを使うようになってきたので、お互いに気兼ねなく使えるようにしたいということみたいです。

現在は、プロバイダから割り振られた一つのメールアドレスをユーザーアカウントを分けることなく使われていますので、まずアカウントを分けましょうねという説明に約20分。その後、同じメールアドレスを別々のアカウントで使っていてもいわゆる私書箱が同じなので、それほど気兼ねなく使えるということにはならないですよという説明にさらに30分かかりました。このあたりのことはパソコン教室などをやっておられると、うまく説明できるコツがあるんでしょうか?すっかりへとへとになってしまいました。『私はパソコン教室の先生ではありませんから』と言いたいのをこらえるので精一杯でした。

最終的に、アカウントをそれぞれに分けたうえで、お子さんにはしばらくの間Yahooのフリーメールを使っていただくことにして基本的な使い方などをご説明して終了です。今月中にウイルス対策の件でもう一度呼んでいただけそうなのでそのときに修正点があったら直すことになりそうです。

私の場合、『メールはどうのようにして届くのか?』みたいなことを勉強したので、ついついそのあたりの説明を詳しくしてしまいがちなんですが、たぶん初心者の方にとってはそんなことはどうでもいいことなんでしょうね。講師をしていた頃のテキストがまだあったはずなので時間を見て見直してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

懐かしいですね。

今日は設置の仕事、というよりLANボードの取付トラブルの解決です。

パソコンはVAIOのデスクトップパソコン(Windows98SE)なんですが、元々は息子さんのものだったらしく、見た感じでは特にリカバリすることもなく大事なデータだけ削除してあるみたいです。

お客様が取り付けようとされているのはコレガ製のLANアダプタなんですが、手順どおりにインストールしても最後に『エラーによりインストールできませんでした。』と出るそうです。よくお聞きしてみると、息子さんは以前にADSLをされていたそうですからたぶん他社製のLANアダプタを取付されていたんでしょうね。なんで取り外したのかはよくわかりませんが・・・。

ーということで、セーフモードで起動してバッファロー製(同じRealtecでした)のアダプタをデバイスマネージャから削除して再起動、コレガのドライバをもう一度インストールやり直して終了です。

以前、連日ADSLの設置をやっていた頃にはまだまだWindows98が多かったので、LANアダプタのインストールトラブルもしょっちゅうでしたが、今日は久しぶりだったのでちょっと懐かしかったですね。今後、なかなか出会うことはなさそうですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

@niftyバックアップ。

@niftyバックアップというサービスに登録をして使ってみました。

オンラインストレージの発展形といった感じなんでしょうか、ベータ版であり制限事項もありますが私はこれぐらいシンプルでいいんじゃないかと思います。

専用のツールをインストールして起動すると、『マイドキュメント』『デスクトップ』『OutlookExpress』『お気に入り』がすでに登録されていて、フォルダ/ファイル単位での追加・削除も自由にできます。さすがに仕事用やお客様のデータは気が引けますが、試しに100MBほどのデータをバックアップしてみたところ3分ほどで完了できましたので十分に使えるレベルではないかと思います。私の場合は、『毎日○○時にバックアップ』の設定(他に○○分毎も選べます。)をして終了です。

正式サービスになると有料になるらしいのですが、なんとか低価格で提供をお願いしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月12日 (火)

やっぱり2年ですか?

今日は久しぶりに単純な『繋がらない』トラブルです。

パソコンは富士通のデスクトップパソコン(WindowsMe)で、2年前から加入していたYahooBBを半年前に解約して久しぶりに光ファイバで接続しようと思ったら繋がらないんだそうです。

伺ってみるとデスクトップパソコンなのに何故かバッファローのUSBタイプのLANアダプタが付いているんですが、『ファイル名を指定して実行』から『winipcfg』でもデバイスマネージャでもアダプタが表示されていないので、原因はこのアダプタみたいです。ドライバから入れなおしてみようと思ったんですが、念のため私の持参のノートPCにつないでみてもうんともすんとも言いません。

ーということで、悪いのはLANアダプタに決定です。パソコンはデスクトップですしPCIスロットにも空きがあるのでLANボードを取り付け、しばらく使っていただいて問題なさそうなので終了です。

普段からお客様には、周辺機器がおかしくなるのは最初(初期不良)か最後(寿命)がほとんどなので、中途半端な次期(1年とか2年)でどうにかなることは少ないですよと話してきたんですが、急激に価格が下がりだした頃のLANアダプタなんかはよくないのかも知れませんね。今回に限っては『半年放置』がまずかったようにも思うのですが、これでWindows98/Meご利用の方が『買い替えようかな?』なんて考えていただけるんならそれもいいかもなんて少し思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

先週の検索ワードランキング。

最近タイミングがいいのか悪いのか平日の昼間に自宅で仕事をすることが多いのですが、オンデマンドTVの海外テレビドラマにすっかりはまってしまっています。仕事と言ってもお預かりしたお客様のパソコンにアップデートをかけたりスパイウエアのスキャンをかけたりする時間が大半なので、テレビをみながらでも問題はないのですが…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 MsMpEng.exe
2 msmpeng.exe
3 Windows
4 msmpeng
5 MsMpEng
5 光プレミアム
7 設定
7 この
7 は正規の製品ではありません
10 パソコン
11 のプロダクト
12 削除
13 CTU
13 DELL
13 MWSBAR.DLL
13 リカバリ
17 AirTV
17 富士通
17 このWindowsは正規の製品ではありません
17 フレッツ光
17 matcli
17 0x80070003
17 検索履歴
17 トラブル

びっくりするほど変化のないランキングです、あまりこちらからどうこうできるわけでもないんですけどね。一時はGoogleなどのルール変更によってずいぶん変化していたんですが、ここしばらくは安定しているということなんでしょうね。

光プレミアムも先月のCTUファームウエアのバージョンアップによってCTUの障害が改善されたようで、一度コンセントを外した後再度電源を入れても自動で接続が復旧するようになったみたいです。まぁ、できて当たり前だったんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

できますよ。

午後からのお客様は、YahooBBの無線LANパックをご利用なんですが、パソコンを買い換えたので新しいパソコンに無線子機のドライバをインストールしようとしたところが、インストール用のCD-ROMを紛失されたんだそうです。

『時期によってメーカーが違うんですが、多分メーカーのWebページからドライバをダウンロードできるはずですけど。』

「接続ができないから聞きに来ているのにその答えはないでしょう。」

『いやいや、有線で接続できますよ。』

「だから、無線LANパックだって言ってるでしょ!」

『無線LANパックでも有線の接続はできますよ。』

「そうなの?」

はじめてのインターネットが無線で、初期設定も設置屋さんにやってもらっていたりする人の意識はこんなものかもしれないですね。ダウンロードその他のやり方はわかるとおっしゃっていたのでそれ以上のご説明はしませんでしたが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

衝撃注意。

先週の設置のお仕事でのお客様。

DELLのデスクトップパソコン(WindowsXP)ご利用で、光プレミアムの設置に伺ったのですが、マイコンピュータのプロパティを確認すると、メインメモリが128MBしかありません。

本来の作業はウイルスバスターのNTT版であるセキュリティ対策ソフトをインストールすることろまでなんですが、128MBは動作可能スペックぎりぎりですし余計なアプリケーションがインストールされていないDELLだとはいっても厳しいかもしれません。

お客様にその旨ご説明して、電器店などでメモリの追加をされてからセキュリティ対策ソフトをインストールされてはいかがでしょうかとご説明したんですが、お客様のお話によると以前はそうでもなかったのに、こちらに引越してきてから急に動作が遅くなったのだそうです。

『急に』というのが気になったので一度電源を切って本体を開けてみるとメモリは2枚挿あります。外してみると予想通り128MBが2枚でした。念のため挿す場所を入れ替えて起動してみるとちゃんと256MBで認識されました。ウイルスバスターが動作をするのに厳しいに違いはないので、お客様には増設をお勧めしておきましたが、インストールしても何とか使えるレベルではありそうなので一応終了です。

外してみた時にも『浮いてる』ような感じはなかったんですが、引越し屋さんが普通に梱包してトラックで運ばれてきたのであればメモリをつけなおして直ったのならよかったと考えるべきかもしれませんね。メモリが2枚あって片側が生きていたことがよかったのかどうかは意見が分かれるところでしょうけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

次回は最初からお願いします。

今日は久しぶりにウイルス駆除です。っていうか私がお預かりした時点ではウイルスはもうなくなっていたんですが…。

お客様はインストールしていたノートンインターネットセキュリティがいつのまにか無効になっているのと、知り合いから変なメールが来ているとのことで、パソコンに詳しいお知り合いにパソコンをお預けになったそうなんですが、どうしてもインターネットに接続することができないということで呼んでいただきました。

どう考えても時間がかかりそうなのでパソコンはお預かりすることにして、持ち帰って起動してみるとノートンは最新版にアップデートされていてウイルスはもうなくなっているみたいなんですが、ブラウジングやメールの送受信はできなくなったままというかパソコンの挙動自体がおかしいですね。ネットにはつながらないままのようですが、ノートンは確か定義ファイルのみを他のパソコンでダウンロードすることができたような気もするので、お知り合いは結構お詳しいかたみたいですが惜しかったですね。

じっくり見てみると、どうやらIPアドレスは取得できているのでファイヤーウォールが怪しいと思って、ノートンのパーソナルファイヤウォールを無効にしてみるとブラウジングやメールの送受信はできるようになったんですが、しばらくするとCPU使用率が100%になってしまってパソコンの操作が思うようにできなくなってしまいます。プロセスを確認してみるとノートンインターネットセキュリティに関連するものばかりなので、ウイルスにやられたときにおかしくなってしまっているみたいですね。

ーとうことでノートンは削除決定です。お客様に連絡をしてみると、ノートンのインストールCDはお持ちだということなので、とりあえずウイルスバスターの試用版をインストールしてしばらく使ってみて問題なさそうなのでひとまず終了です。お客様はウイルスバスターを削除してノートンを再インストールするのは問題なくご自分で出来るというお話なので明日にでもお持ちすることになりそうです。

ノートンも削除してしまったので、どんなウイルスにやられていたのかは不明です。たぶんWindowsの脆弱性をついて侵入してウイルス対策ソフトをおかしくしてしまうタイプのウイルスだと思うんですが、これから気をつけておかないと『ゼロデイアタック』なんかでやられてしまうのかもしれませんね。『ヒューリスティックエンジン』とかを考えておかないといけないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

じっとがまん?

今日は無線の設定です。ここ数ヶ月無線の設定でトラブルになっていないのでちょっと安心していたんですが、油断は禁物でした。

回線はBフレッツのマンションタイプで無線機器はNTTのV110というやつです。『any接続』がデフォルトで『拒否』になっている点だけ覚えておけばそれほど厄介ではないはずで、これまでにもたぶん30台くらいは設定しているのですが、今回は全くうまくいきませんでした。

お客様のパソコンはWindows98SEでLANポートがないため、自分のパソコンで有線で本体のPPPoE設定と無線の設定も終わらせてしまいます。有線での接続に問題がないことを確認して、お客様のパソコンに無線子機のインストールを行いWEPの設定まで終わらせると、右下の通知領域の無線ユーティリティのアイコンが青色に変わって接続終了です。

ところが、InternetExplorerを起動させても『ページを表示できません』です。無線ユーティリティをよく見るとIPアドレスが取得できていないようなので、Windows98のせいかと思って自分のノートパソコンで無線接続をしてみるんですが、症状は全く同じです。

私のノートパソコンの無線ユーティリティはバッファローのクライアントマネージャ3で、IPアドレスの取得ができていない場合には『接続しました』にはならないはずなんですが、『接続しました』のメッセージが出ていても『ipconfig』のIPアドレスは0.0.0.0のままです。

本体を『工場出荷状態に戻す』を2回続けてやってみたり、無線カードを交換してみたり、WEPをなしにしてみたり、他にもいろいろやってみたんですが症状は全く変わることがありません。-で、これで最後と思って『Macアドレスフィルタ』を『有効』にしたうえで『すべて許可』(例外設定なし)という全く意味のない設定にしてみたところなぜか接続できるようになりました。息子さんが帰ってきたときに使うかもしれないからということで『Macアドレスフィルタ』は触らないことにしていたんですが、わたしの持参したパソコンでも接続できますし、たぶん問題なさそうなので終了です。

帰る途中で確か仕事仲間のところに同じNTTのV110があったはずだと思って立ち寄って設定を確認してみたんですが、『Macアドレスフィルタ』は初期設定(無効)のままで問題なく接続ができていました。仕事仲間によると、V110は最初にIPアドレスが発給されるまでに時間がかかることがあるので、書類でも作りながら待っていたらつながったんじゃないの?ということみたいです。うーん、確かにそうかもしれませんね。次回がいつになるのかよく分かりませんが、今度は試してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

2GBにしてみました。

今週から我が家の仕事用に使っているパソコンのメインメモリを2GBにしました。

仕事用なのでメールの送受信とOfficeの利用がほとんどですから、購入当初の512MBでも問題ないだろうと思っていたのですが、オンボードのビデオメモリに128MBとられてしまうので、384MBしか使うことができないわけですね。

急きょウイルス対策ソフトをウイルスセキュリティZEROに変更したりはしてみたんですが、元々使っていた仕事用のパソコンのメインメモリは1GBでした(+ウイルスバスター)ので、ゆったり感は払しょくできなかったのと、Samson製のメモリがうまく入手できたので思い切って増設することにしました。ずいぶんアプリケーションをインストールしてしまっていたのでびっくりするほどではありませんが、ストレスなく動作しているので問題ないと思います。ウイルスバスターが3台まで使えるようになったらこっちにインストールしても大丈夫そうです。

WindowsVistaはビデオメモリが128MB以上になると『Aero』が使えるようになるらしいので、メインメモリだけでなくビデオメモリもたくさん積んでいる機種が増えていますね。これから購入される方はそのあたりも考えておかないと、メインメモリが512MBあってもノートンやウイルスバスターを使うのは厳しいなんてことになるのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

たぶん間違いではないですが。

今日はお客様から紹介してもらった飲み屋のマスターのご自宅です。

以前からフレッツADSLをご利用なんですが、これまではプレイステーション2でしか使ったことがなく『せっかくだからパソコンでも使えよ』と言われてパソコンも購入したらしいのですが、接続がうまくいかないのだそうです。

伺ってみると、ADSLもモデムはMS5ですからブリッジモデムですね。PS2の接続設定はずいぶん以前にルータモデムでしかやったことがなかったのですが、PPPoEでも接続できたんですね。パソコンの設定も見てみると広帯域接続の設定が作ってあるので、どうやらお客様はそのつどLANケーブルを挿し変えて使おうとされたみたいですね。

考え方として間違ってはいないとは思うのですが、フレッツADSLのブリッジモデムは接続中にLANケーブルを外してしまったり、頻繁に接続と切断を繰り返したりすると、しばらく接続ができなくなったり一度電源を抜いて再起動しないと次の接続ができなかったりします。複数の機器をケーブルを挿し変えながら接続するという使い方は想定されていないのかもしれませんね。

ーということで、ブロードバンドルータを購入してくださいとお願いをすると、『じゃあ買ってくるから』とすぐに出て行ってしまわれました。20分後、ついでに買ってきていただいたジュースやプリンをいただきながらブロードバンドルータとプレイステーション2の接続設定を終わらせて終了です。

仕事仲間に、NintendoDSの無線接続設定をやっている人がいるので聞いてみると、ブロードバンドはゲーム機が先の人は結構いらっしゃるそうですね。多くの方は自分で設定ができるので我々が知らないだけなんだそうです。私はゲームにはまると仕事に支障が出る(自宅が仕事場なので…。)のでやめてしまったのですが、少しはわかっておかないといけないのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

先週の検索ワードランキング。

電器店の店頭にはもう秋冬モデルのパソコンが並んでいますが、アプリケーションソフトではそろそろ“2007”の付いた商品が発売になっていますね。最近では最新版が出たからと言ってすぐに飛びつくようなお客様は減ってきているのではないかと思うんですが、そうでもないんでしょうか…。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1 MsMpEng.exe
2 msmpeng.exe
3 MsMpEng
4 msmpeng
5 matcli
6 Windows
7 windows2000
7 光プレミアム
9 リカバリ
10 0x80070003
10 は正規の製品ではありません
10 mwsbar.dll
13 dell
13 DELL
13 スパイウェア
16 無線LAN
16 windows98
16 この
19 windowsdefender
19 スタートアップツール
19 設定
19 Microsoft.WindowsSecurityCenter
19 検索履歴の消去
19 MWSBAR.DLL

今週からは通常の形式に戻してみます。上位は相変わらずですが、Microsoft.WindowsSecurityCenterは新しいですね。Spybot1.4で検出されるのでスパイウエアの名称だと思われている方もいらっしゃるみたいですが、コントロールパネルのセキュリティセンターでウイルス対策を『自分で管理する』にしてあると検出されるみたいです。セキュリティセンターの警告を無効にするスパイウエアがあるということなんでしょうね。

光プレミアムのプチ情報ですが、先月に行われたCTUのファームウエアのバージョンアップによって、今までできていた『https://210.247.16.1/』での管理画面にアクセスができなくなっています。『https://ctu.fletsnet.com/』では今まで通りアクセスができますので特に問題になることはないんですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

知らないまま3年。

午後一番のお客様は、富士通のノートパソコン(WindowsXP)をご利用なんですが、使用中に突然電源が切れたまま起動しなくなってしまったそうです。

いつものようにバッテリーを取り外して、左側面奥にあるスライドスイッチを『on』側にスライドすると問題なく起動しました。

お客様の『えー!』という声にこちらがびっくりしましたが、どうやらお客様はここにスライドスイッチがあるのをご存じなかったようです。WindowsXPの初期の頃までの富士通のノートパソコンには左側面の奥にスライドスイッチがあって、テレビでいうところの主電源スイッチのような働きをします。(キーボードの上部には電源スイッチもちゃんとあります。)お客様はパソコン本体に手をかけたときに誤ってスライドスイッチを『off』にしてしまったんでしょうね、しばらく操作をしてもらって問題なさそうなので終了です。

内蔵無線LANのスイッチもそうなんですが、側面のわかりにくいところにあるスイッチはお客様は知らないまま使っているケースは結構ありますね。最初に取扱説明書に目を通していればなんてことはないんでしょうけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月 2日 (土)

安くなりましたね。

今日は午前中に時間が余ってしまったので、あるカメラ量販店で時間つぶしをしていたのですが、バッファローのUSBメモリをみてちょっとびっくりしました。今年になってからずいぶん安くなったとは思っていたんですが、2GBで\7,980はやっぱり安いですね。『エントリーモデル』と書いてあるので転送速度が遅かったり、フラッシュメモリですから何かの拍子にデータがなくなってしまう可能性はあるんでしょうけど、ちょうどポイントもたまっていたので迷わず買って帰りました。

icon
icon

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

元から直しましょうね。

本日のお客様、

本来は無線の設定でお邪魔したんですが、どうもお客様のパソコン(あるお店のオリジナルブランド・WindowsXP)の画面に違和感があるのでそっちを先にみてみることにしました。

どうやら先週このパソコンを用意してくれたお客様のお友達が来て画面の解像度を高くしたまま帰ってしまったらしいのですが、お客様は直し方がよく分からないので、『画面のプロパティ』-『デザイン』のところで表示するフォントを大きくしたりInternetExplorerの『表示』-『文字のサイズ』を最大にしたりしてみたんだそうです。InternetExplorerを開いてみると確かに表示が崩れてしまっています。

ーということで、画面の解像度を推奨値に戻してその他の設定も元に戻して一見落着です。無線の設定はその後30分で終わってしまいました。

最近はグラフィックボードの性能も良くなったせいか高い解像度で使う方も多いですが、文字を中心に使う方とデジカメ写真などを中心に使う方では『見やすい』解像度に違いがありますね。ワードやエクセルなどの文字を中心で使う方はやはりモニタの推奨解像度で使うほうが文字がくっきり見えて使いやすそうですね。(モニタの性能にもよるのかもしれませんが…。)反対にデジカメ写真をよく使う方は最近デジカメの解像度がどんどん高くなっているせいかできるだけ高い解像度で見たほうが見やすいことがあるそうです。『おすすめ』なのはよくわかりますが、直し方ぐらい教えてあげておいてもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »