« 先週の検索ワードランキング。 | トップページ | ウイルスバスター2007 »

2006年8月29日 (火)

それでは速くなりません。

本日のお客様、先週末からパソコンの操作ができなくなってしまったとのお話です。

パソコンはNECのノートタイプ(WindowsXP)で2003年ごろのモデルみたいです。お客様に電源を入れていただくと起動してデスクトップのアイコンを表示するところまではいくのですが、ハードディスクのアクセスランプは点灯しっぱなしで、確かにこの状態では操作は無理みたいです。

そのまま10分程度待っているとハードディスクのアクセスランプの点滅もおさまってきたので、インストールされているアプリケーションを見てみると、『驚速』『驚速メモリ』『ウイルスセキュリティ』の三つが気になりますね。特に毎日インターネットには接続されているというお話なのにウイルスセキュリティは2005のまま昨年の12月からアップデートができていません。

そのあたりの経緯をお聞きしてみると、昨年末にそれまで使っていたウイルスバスターのせいでパソコンが遅くなっているんだろうと思って、『ウイルスセキュリティ』に入れ替えてさらに『驚速』『驚速メモリ』をインストールしてみたんだそうです。

ウイルスセキュリティのアップデートが止まっているのが驚速をインストールした時期と重なりますので、一旦『驚速』と『驚速メモリ』を削除することにします。さらにウイルスセキュリティのアップデートの設定が『プロキシサーバーを通してインターネットにアクセスする』になっていたので通常に戻すとアップデートができるようになりました。

その後、一時ファイルの削除などをやりながら何度か再起動をしているうちに起動してから2ー3分で使えるようになってきたので、しばらく様子を見ていただくようにお願いをして終了です。メインメモリが購入時のまま256MBでしたのでたぶん増設されることになるんだろうと思います。

今回は『削除してアップデートしたら状態がよくなった』という結果だけなので、原因はよく分からないままなんですが、『驚速』や『驚速メモリ』といったアプリケーションは、普通または普通よりよい状態で動いているパソコンのスピードを少し速くすることはできるのかもしれませんが、普通より悪い状態のパソコンのスピードが速くなって普通もしくは普通以上のスピードになることはありません。(たぶん…。)普通より悪い状態になったパソコンには悪い状態になった原因が必ずあるわけですから、まずそれを取り除くことをやらなければなりません。まぁ、『速い』とか『遅い』とかって個人の感覚にもよる部分なので難しいですけどね…。

|

« 先週の検索ワードランキング。 | トップページ | ウイルスバスター2007 »

パソコンのスピード」カテゴリの記事

コメント

直接は関係ないんですけど
新品のPCでセレロンのメモリ256Mってのを
結構見ます。
これにセキュリティソフトを入れるわけですが
「重くなる」と伝えると「買ったばっかりなのに」
と悲しい顔をされます。
安いからとはいえPCです。それ相当の出費はあると思うので初心者の人ほどちょっと高くてもスペックのいいマシンを買って欲しいと思うのですが、、、。

投稿: 設定サポートの人 | 2006年8月30日 (水) 22時42分

ども、LONGです。WindowsXPで256Mのメモリはかなりキビシイかと個人的には感じています。やっぱし倍の512Mが最低と思いますが皆さんどうなんでしょう。私は、丁度この(2003年)頃キューブPCを組み立ててWinXPを最初256Mで立ち上げましたが余りのトロさに閉口しました。結局直ぐに512M にメモリ増設でした。今でもWinXP256Mメモリ搭載のマシンが店頭で売られているのを見ますがこう言うのを見るとメーカさんは何を考えてメモリ搭載量を決定しているのか解らなくなります。WinXPを有る程度快適に動かすには最低512M、推奨1Gですか。独断と偏見ですけど。

投稿: LONG | 2006年8月31日 (木) 21時55分

設定サポートの人さんコメントありがとうございます。
この夏モデルあたりからほとんど512MBになっていると思うんですけどね…。メモリも256MBならバッファローのパッケージものでも¥6,000程度であると思いますのでぜひ増設していただきたいものですね。

投稿: pts. | 2006年8月31日 (木) 23時12分

LONGさんコメントありがとうございます。
ネットにつながずに、スタンドアロンでワードやエクセルだけをご利用になるなら256MBでも何とかというところでしょうか?そんな方がどのくらいいらっしゃるのかよく分かりませんが…。

投稿: pts. | 2006年8月31日 (木) 23時19分

どうもご無沙汰しております。
おかげさまで順調に仕事が入っており、ブログ更新もままならない状態です…。

以前記事にしたような気がしますが、この手のツールはWindows3.1の頃から存在しますけど、だいたいはいろんなソフトと衝突して動作がおかしくなります。
そもそも足りないメモリをソフトで何とかしようとする発想がおかしいわけなんですが(笑)、こういった怪しげなうたい文句に釣られる人が多いのも事実なんですよね~。

いまどきのXPは、SP2になってから256MBではちょっと厳しくなっています。
特にウイルス対策ソフトでは、ウイルスセキュリティ以外はまともに使える状態ではありません。
最近の新品パソコンが512MBなのもそのせいでしょうね。
光プレミアムではウイルスバスターNTT版が入るんですが、それのために、256MB実装のPCで「光にしたのに遅くなった!」とおっしゃるお客さんの多いこと多いこと…。

私はこれを「光幻想」と呼んでおります(笑)。

投稿: ささもと | 2006年9月 4日 (月) 09時14分

ささもとさんコメントありがとうございます。
お仕事順調で何よりですね。
新しいパソコンとメモリの関係は今週記事にする予定ですのでまたよろしくお願いします。WindowsXP初期のパソコンは、少しお金をかけて延命をするのか、高く下取りをしてくれるうちに買い替えてしまうのかの選択が必要ですね。遅いと文句を言いながら何となくそのまま使うのは避けてもらいたいんですけど…。

投稿: pts. | 2006年9月 4日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/11671191

この記事へのトラックバック一覧です: それでは速くなりません。:

« 先週の検索ワードランキング。 | トップページ | ウイルスバスター2007 »