« お騒がせさん。 | トップページ | 日付が壊れたそうです。 »

2006年6月10日 (土)

昨日の続き。

今日はいろんな経緯があってちょっと記事がかけないので昨日の続きです。

今年に入ってから私が少しどたばたしていたので、久しぶりにゆっくりお邪魔した友達の事務所ですが、隅のほうに以前はなかったIBMのノートパソコンが置いてあります。最初の用事が簡単に終わってしまってちょっと時間をもてあましたので少し触ってみました。元々はWindows98だったみたいですが、メモリを256MBに増設してWindowsXPがインストールしてあります。さすがに『キビキビ』ということはないですが特に問題ななさそうです、でもどうして隅に追いやられて使われていないんでしょうか?

友達に聞いてみると、オークションで格安だったので落札してしばらくは問題なく使っていたんだそうです。IBMのパソコンはOSを入れ替えても対応するドライバをWebサイトから簡単にダウンロードすることができるので、私も以前に勧めた覚えがあります。ところがある日、WindowsUpdateをやろうと思ってWebサイトからアップデートをしていると、『正規のWindowsの確認』のところで引っかかってしまったそうです。

私もそこで引っかかったパソコンをみるのは初めてなので、実際にやってみると

このWindowsは正規の製品ではありません
お客様は偽造ソフトウエアの被害に遭われた可能性があります。このコンピュータにインストールされているWindowsのプロダクトキーは、正規のものではありません。

Seikinowindows

ーとのメッセージです。もう少し調べてみるとプロダクトキーは企業向けのボリュームライセンスものみたいですから、たぶんWinnyあたりで出回っているものでしょうね。よくオークションで『動作確認のためにインストール』してあるOSというのはこういうやつもなのかもしれません。『お届け後、動作の確認ができたら削除してください』などと書かれていることがもありますね。

友達は格安のパソコンを入手できて自慢したかったみたいですが残念でした。マイクロソフトのサイトからWindowsXPの正規のプロダクトキーを¥18,000-くらいで買うことはできるみたいですが、それでは普通の中古品と変わらない値段になってしまって自慢できないので事務所の隅に放置しておいたのだそうです。

私は仕事柄使わなくなったパソコンの処分のお手伝いをさせていただくことも多いので、その際にOSのアップグレードパッケージなんかは頂くことにしていて、たぶんWindowsXP(HomeEdition)もあったはずなので次に来るときに持ってきてあげることにしました。たぶんこれで一回は飲み代が浮くはずです。

|

« お騒がせさん。 | トップページ | 日付が壊れたそうです。 »

ソフトウエアのトラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/10480075

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き。:

« お騒がせさん。 | トップページ | 日付が壊れたそうです。 »