« NECのリカバリ | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

2006年2月 5日 (日)

富士通のリカバリ

昨日の続きです。

夕方になって富士通のリカバリをしたのですが、昨年の夏モデルくらいからそれまでのリカバリでは自動でインストールされなかったアプリケーション(medi@show・MediaStageSEなど)もリカバリメニューでインストールができるようになり、Officeのインストールも促されるようになったので、やっと“購入時に戻す”ことができるようになっていたのですが、どうやら最近はCドライブの容量が30GB固定になって、残りがDドライブになっているようです。Dドライブには“TVfansStudio”のフォルダがあることから、録画したテレビ番組をDドライブに保存する仕組みのようですが、リカバリするときにこのあたりの割合を変更することはできないみたいです。さらにいうとリカバリの際にDドライブにはまったく触れることができなくなっています。以前はハードディスク全体をフォーマットするメニューもあったように思うのですが、ちょっと方針変更ですね。

最近の富士通には“マイリカバリ”というメニューができていて、Ghostのようにディスクイメージを作成する機能がありますので、その保存先であるDドライブをリカバリのときに誤って消してしまうことがないようにという配慮でしょうか、起動時にF12でBOOTメニューを出すことができますが、その中に“マイリカバリ”ができているのはそのためですね。実際にはCドライブは30GBで不足するような事態にはならないと思いますが、お客様の中にはテレビの録画などしない人もいらっしゃるでしょうし、市販のアプリケーションソフトを使わないとパーティションの操作ができないのもどうなんでしょうね。

昨日のNECもそうでしたが、リカバリの仕組みはどんどん変わっていくのでなかなか対応に苦労しますね、最近はますます“実際に見ないとわからない”ケースが増えてきているように思います。まあ昔のままっていうのもどうかとは思いますが・・・。

|

« NECのリカバリ | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

楽しいリカバリ。」カテゴリの記事

コメント

市販のアプリケーションソフトを使わないとパーティションの操作ができない

こんな芸当初心者には出来ない。

どういう基準でパティション切ってるか知りたいです。
デフォルト300ならC300で、後で自分で自由に切れるようにしたら良いですね。

投稿: p | 2006年2月 6日 (月) 07時51分

pさんどうもです。
パーティションは切り直せることを知らない人も多いですからね、ある程度空き容量がないと変更作業自体がエラーになるなどでちょっと敷居が高いですけど・・・。

投稿: pts. | 2006年2月 6日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/8514110

この記事へのトラックバック一覧です: 富士通のリカバリ:

« NECのリカバリ | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »