« だめなら使いません。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

2006年2月26日 (日)

それも書き込みです。

今日は電器店でサポートです。

最近は“合格祝い”とか“就職祝い”の下見に来ているような学生さんが多くなりました。(同時にブロードバンドの申し込みをすると安くなるのですが、住所がまだ決まっていなくてなんて聞くと“またかよ”って感じです。)

午後からいらっしゃったのはたぶん60才台であろうという女性です。昨年末に購入した富士通のデスクトップパソコンで最近になってやっとテレビ番組の録画とDVDの書き込みができるようになったのだそうですが、書き込んだDVDがどうも調子がよくないそうです。

どう調子がよくないのかというと、再生できたりできなかったりするそうで、再生する機器は書き込みをしたパソコンだったりDVDプレーヤーだったり、とにかくどんな条件にしてもだめなときはだめなんだそうです。

パソコンはまだ販売しているモデルなので、展示品で録画からDVDに書き込むところまでの操作も確認しましたが特に問題はないような気がします。使っているメディアも国産で問題になりそうな感じではありません。

いやーなんでしょうね、といいながらお客様が問題のDVDを持ってこられているというお話なので、“それなら早く出してくださいよ”と見せていただくと・・・、

ディスクは直接プリンタで印刷ができるようにレーベル面が白くなっているタイプなんですが、お客様はそこに日付と番組名を直接書き込んでいらっしゃいました。ボールペンで、しかもたぶん思いっ切り・・・。もうアナログなんだかデジタルなんだかよくわかりません。

少し思い違いをしている方もいらっしゃいますが、光学ディスクの記録面はコーティングがしてあったりして結構強くできています。弱くて丁寧に扱わないといけないのは実はレーベル面なんですね、私も文章ではあまりうまく説明できないので、よくわからない人はだめにしても問題のないCD/DVDディスクがお手元にありましたら、レーベル面を引っかいてはがしてみると一目瞭然です。今まで記録面だけを丁寧に扱ってきた方はたいがいびっくりされます。

DVDに焼いてしまった番組もまだ消さずに取ってあるらしいので、今まで作った分はあきらめていただいて、次回平日の暇そうなときにプリンタで印刷する方法をご案内することになりました。お客様によると、なかなかうまく書けないのでついつい強く書いてしまってとおっしゃっていましたが、それにしてもボールペンとは・・・。

|

« だめなら使いません。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

ハードウエアのトラブル」カテゴリの記事

コメント

確かにCDは、厚さ1.2ミリに対し、レーベル面のコーティングがビニール袋程度(!)の10ミクロンなんですよねぇ。
でも、DVDは0.6ミリの2枚貼り合せ構造なので、CDほど弱くはないと記憶してましたが…。

http://kyoiku-gakka.u-sacred-heart.ac.jp/jyouhou-kiki/sozai/1509/

DVD-Rも同じはず。
まぁいずれにしても、ボールペンで書くのはちょっと…ですよね。

と思ってましたが、
http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/water_based/multiball/index.html
http://www.pilot.co.jp/tvcm/tvcm.html#media/3-300.html
この相武紗季の「書けばなるほどパイロット♪パイロット♪」のCMでおなじみ「マルチボール」は、軽く書いてもガラスやプラスチックにきれいに書けます。
買って試してみましたが、硬いツルツル面でもホントに書けます。びっくりです。

まぁ、だからといってレーベル面にガリガリ手書きするのはおすすめできませんけどね。

投稿: ささもと | 2006年2月27日 (月) 12時10分

おっと本題のコメントを忘れてた(笑)。

この症状は、きっと記録面の指紋・きず・ホコリじゃないんでしょうかねぇ。
CD-RWをフロッピー代わりにしている人がよく陥る症状です。
RWの場合、当然ながら相性もありますが…。

レーベルを手書きするぐらいですから(笑)、その時に思いっきり指で触ってるとか、信号面に傷をつけてるとか、ありがちな話です。
そして拭く時は、レコードと同じく円周方向に拭いてるとか。
これが一番ダメですよね。

そういう人には基本的にケース入りのDVD-RAMをおすすめしたいところですけどね(笑)。

投稿: ささもと | 2006年2月27日 (月) 12時20分

ささもとさんコメントありがとうございます。
確かに“書いているときに記録面がこすれて傷ついてしまった”が正解のような気もしますね。私がみた感じではよくわかりませんでしたが・・・。  ~続く~

投稿: pts. | 2006年2月27日 (月) 17時02分

ちなみに店には“レーベルペン”なる”どんなレーベル面にも書きやすい”が謳い文句のペンも売っていますが、3本で千円です。たぶん一年以上置いていますが購入した人をみたことがありません。

投稿: pts. | 2006年2月27日 (月) 17時05分

私はCDR・CDRW専用マーカー(セーラー万年筆製)というのを使用しています。ちょっと変わっていますね。ちなみに黒、赤、青3色買いました。

投稿: もりた | 2006年2月27日 (月) 21時48分

レーベルペンなるものの存在は知ってますが、あれは普通のサインペンと何がどう違うのかがよくわかりません。
誰も手を出さないのはそのためだと思います。

ちなみにもうひとつ、読み込みエラーの原因らしきものを思い出しました。
DVDの場合は、その貼り合わせ構造で問題が出ないように、「DVD用ケース」というのは、中心の穴で動かないように固定しないのです。
簡単に外れないようにはなっていますが、CDと違って、少しゆるめにしてあって、楽に回転するようになっています。
外すときに無理な力を加えると、ゆがみで貼り合わせがずれて、信号面が損傷するらしいです。
ですので、傷は注意していても、かなり雑な扱いをしているという印象を受けます。
ボールペンでゴリゴリ書いたら、そこだけ応力が集中して、内部で損傷しているのではないかと思います。
「扱いが雑」という点では同じでも、信号面の傷が見当たらないなら、CD-Rとはトラブルのモードが違うように思えます。

あと、国産メディアでも、万能とは言えません。
ウチのドライブは、That'sのDVD-Rでもエラーが出るときは出ます。
DVD-Rって、思ったよりドライブとの相性があるようですよ。
DVD+Rは、私の印象では相性が少ないと感じます。
パソコンのDVD書き込みドライブの場合、いろいろ試してみる必要がありそうですよ。

投稿: ささもと | 2006年2月27日 (月) 22時24分

ボールペンで、しかもたぶん思いっ切り・・・。

最近はCDに印刷出来たりしますが、だから書き込んでもいけるんじゃない、て考え方につながっているのでしょう。

投稿: p | 2006年2月28日 (火) 06時54分

もりたさんコメントありがとうございます。
私は字がひどいのでプリンタばかり使っていますが、マーカーをご利用の方は多いでしょうね。専用のものはやはり宣伝不足でしょうか?

投稿: pts. | 2006年2月28日 (火) 07時19分

ささもとさんコメントありがとうございます。
DVDはずいぶん前にも書きましたが、推奨メディアを必ず確認すること、ファームウエアを最新にすること、書き込みスピード(○○倍速)を調整することでしょうね。4倍速のドライブには、1-8倍速よりも1-4倍速のメディアを使うべきです。いずれにしてもお客様には優しくない仕様ですけど・・・。

投稿: pts. | 2006年2月28日 (火) 07時25分

pさんどうもです。
なんでもかんでもボールペンの人は、確かにいらっしゃいますからね。店でも“ペンでもかけますよ”って案内していますし・・・。

投稿: pts. | 2006年2月28日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/8845006

この記事へのトラックバック一覧です: それも書き込みです。:

« だめなら使いません。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »