« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

取り込んだ写真が見当たりません。

本日のお客様、

先週CASIOのデジカメを購入されたらしいのですが、パソコンへの取り込みはうまくできたものの、保存された写真がどこにあるのかわからなくなったそうです。

パソコンはDynabookのWindowsXP機です。見せていただくと、デジカメに付属のCDからユーティリティもインストールされたらしく、"PhotoLoader”というアプリケーションがインストールされていて、デジカメを接続すると自動的に"PhotoLoader”が起動してこれまた自動的に写真の取り込みを始めるようになっています。取り込みが終わってから"PhotoLoader”で写真の整理までできるようになっているのですが、この"PhotoLoader”はいわゆる“エクスプローラ風”ではないのでパソコンのどこに写真が保存されているのか全くわかりません。

一旦"PhotoLoader”を終了して“マイピクチャ”を開いてもそれらしきフォルダはありません。確かにもう一度"PhotoLoader”を起動すると写真を見たり整理をすることはできるのですが、お客様は今までプリンタに付属していたキャノンの“ZoomBrowserEX”を使っていたらしいので、ここは全部変更してしまうことにしました。いつのように“自動再生”項目を変更して終了なのですが、"PhotoLoader”で取り込まれた写真はというと、“ProgramFiles”の“CASIO”フォルダのそのまた奥深くに保存されていたので、これもマイピクチャにフォルダを作り直して念のため移動ではなくコピーしておきました。

CASIOはデジカメでは“QV10”などで確かに先駆メーカーなんでしょうけど、いまどき独自仕様でお客様を囲い込めることもないと思うんですけどね、以前からの仕様だから変更できないとかあるんでしょうか?カメラ自体の性能や使いやすさはともかく今回のことで私はお客様にあまり勧めることはできないと思いましたが・・・。

デジカメは今ではかなり一般的な商品になっていまして、メーカー製のパソコンを購入するとすでに複数の写真管理ソフトがインストールされている上にプリンタのユーティリティやデジカメのユーティリティをインストールしたりなんかすると、かなりの数の似たようなアプリケーションがインストールされていることになります。それがバージョンアップをしたりするたびに優先のアプリケーションが変更になったりするわけですから、保存場所くらいは統一してもらいたいものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

先週の検索ワードランキング。

一月も終わりになりました、今月から一部の仕事に車を使うようになったので、移動時間などのペースがなかなかつかめなくて大変でしたがやっぱり楽ですね、カーナビで個人宅までずばり出るのはびっくりです。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1    パソコンのサポートやってます
2    パソコン
3    自動再生
4    消去
5    フリーズ
6    富士通
7    光プレミアム
8    リカバリ
9    検索履歴消去
10   ウイルスセキュリティ
11   フォーマットされていません
12   検索ワード
13   ハードディスク
14   windowsXP
15   起動
16   CTU
17   NEC
18   WindowsXP
19   マイク
20   windows2000

久しぶりに一位が交代したと思ったら、自分のブログタイトルでしたね。思いっきり手前味噌ですが、やっぱりうれしいですね。今後もがんばって続けて行きますのでよろしくお願いします。

設置屋をまたはじめて記事にも書いているので、“光プレミアム”や“CTU”がランクに入ってきました。もう少し件数をこなしてから“まとめ”みたいなものを記事にしたいと思っているのですが、なかなかよくできていると思いますね。“NTTの意地”って感じでしょうか、大きなトラブルがないことを祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

インストールができません。

今日は電器店でサポートです。

午後からいらっしゃったお客様は、まだ新しいVAIOノートをご利用なのですが、先週購入いただいた“ウイルスセキュリティ2006”のインストールがうまくいかないのだそうです。

起動してみると、“NortonInternetSecurity2005”がインストールされていますので、削除しなくてはなりませんね。っていうかリカバリをされたばかりのようです。

お客様に詳しくお聞きしてみると、ウイルスセキュリティをインストールしようとしたら、NortonInternetSecurityを削除するように指示が出たので、いっそのこと初期化してしまおうとリカバリをしたのに、再度インストールしようとするとまた同じメッセージが出たので、もう一度リカバリをしたそうなんですが状況が変わらないので、お持ちいただいたそうです。

最近のVAIOのリカバリは“買ったときの状態に戻す”ことになっているので、買ったときにインストールされていたアプリケーションも強制的に全部元に戻ります。(スキップできるのはOfficeぐらいです。)なのでNortonInternetSecurityもインストールされた状態に戻りますから、主導で削除を削除をしなくてはいけません。

ーということで、NortonInternetSecurity2005を削除した後、ウイルスセキュリティをインストールして終了です。Nortonは2005あたりから本体を削除すると“LiveReg”や“LiveUpdate”も一緒に削除してくれるようになりましたね。本来はこれが当たり前だと思いますが、よくみると本体しか削除できていない方は結構いらっしゃるので、よいことだと思います。

少し前まではリカバリというと、“再インストール”が当たり前でしたので、“初期化”という表現を使う人が多いのもよくわかりますが、ハードディスクからリカバリを行う仕組みが増えるにしたがってリカバリの方法もさまざまになってきていますので、“初期化”では少しニュアンスが違ってきている場合も多くなってきていますね。次期Windowsではそのあたりも少し変わるらしいですから、使いやすいものになっているといいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

引越しとテレビの設定。

本日のお客様、

今日は設置屋の仕事がたんまり入っていたのですが、最近ちょっと慣れてきたので、合間に自分のお客様のところに行ったりできるようになりました。最近遠方から引越しをされてきたそうなのですが、パソコンでみるテレビが映らなくなっているとのことです。

伺ってみると、パソコンは富士通のデスクトップタイプ(WindowsXP)で、予想通り故障ではなくチャンネルの\設定を今の地域にあわせてやり直すだけでした。

お客様によると、通常のテレビのチャンネルは引越しやさんが手配してくれたので問題なく終わっていて、パソコンのインターネットもプロバイダに連絡すれば設定にしてくれたのですが、パソコンでみるテレビの設定なんかはどこに頼めばいいのかわからなくて困ったのだそうです。

今回は不動産屋さんから私の法人向け作業をしているところに連絡があって、私が個人向けの作業をしているということで紹介をしてもらったんですが、確かにある程度設定ができる方はメーカーに電話ですむでしょうけど、“使うこと意外はNG”の方もいらっしゃいますからね。昔、知り合いを頼って大手の引越屋さんに営業をかけたこともあったんですけど、そのときは“お客様からのご要望が少ない”で終わってしまったので、また何か考えたほうがいいかもしれませんね。

関係ありませんが、月末からBフレッツ光プレミアムのCTUのファームウエアのバージョンアップが始まるのだそうです。新しいファームウエアは自動でダウンロードされるようですが、CTUの管理画面にログインして再起動と、ネットへの再接続はお客様が手動でやる必要があるそうです。スタートアップツールをインストールしていないお客様は大変そうですね、ちょっと心配です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

とにかく遅いです。

本日のお客様、

NECのデスクトップパソコン(WindowsXP)をご利用なのですが、どうやらスパイウエアにやられているみたいなので、ということでお伺いしました。

電源を入れてみると遅いです、ハードディスクのランプの点灯が収まるまで5分はかかっています。最後にノートンアンチウイルスの期限切れ警告が出ます、ノートンがプリインストールされていたということは無印のWindowsXPだったわけですね、今はSP2になっています。

作業の邪魔になるので、とりあえずノートンは削除です。“プログラムの追加と削除”をみていると、ありました“Gator”。スパイウエアが騒がれだしたころによくお目にかかりましたね、初期の“DivX”をインストールするとくっついてきたことでも有名です。相変わらず、プログラムの追加と削除には表示されるもののそこからは削除できないので、ノートンの削除後、“Ad-Aware”を使って削除することにしました。

“Ad-Aware”で一通り駆除をして再起動をすると、あらあらという感じでスパイウエアはなくなってしまったみたいです。“Gator”は入ってしまったものの、SP2を早めに導入してアップデートもちゃんとされていたのがよかったのでしょうか。

スパイウエアはなくなったみたいなのですが、起動はそれほど早くなっていません、他にどこかおかしくないかお客様にお聞きしてみると、テレビの録画がそういえばできなくなっているとのこと。これはSP2にアップデートするときにデバイスのアップデートができていないからですね。

ーということで、NECのWebサイトからテレビの録画用アプリケーション“SmartVision”の最新ファームウエアをダウンロードして、ついでに他のデバイス用のアップデートもしてしまいました。

ここで再起動をすると、ずいぶん早くなった感じがします。今回に関しては、スパイウエアだけでなく無効なデバイスが放置されていたり、複合的だったみたいです。ウイルス対策ソフトが無しのままでは心もとないのですが、一度ためしにプロバイダの無料セキュリティサービスを利用してみたいとのことでしたので、少しそれで様子を見ていただくことにしました。

久しぶりに“遅い”というトラブルで呼ばれたような気がしますが、結局チェックするところはあまり変わることがないですね。別の用件があって2-3ヵ月後にもう一度呼んでいただけるみたいなので、その後のチェックをそのときにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

Ultimate Boot CD

今日はがんばって働いてきたんですが、記事になるようなことは全くなかったので、ネタ切れ救済企画の“こんなの使ってます。”です。

パッケージソフトが2回続いたので、今回はフリーのツールです。根本的な問題として業務でフリーソフトを使うことはかなり微妙な問題(ーというよりたぶんだめです、私が英語がよくわからないだけで・・・。)なので、あくまで我が家の3台の自作機(ベアボーン)に使っているということで話を進めたいと思います。

この“Ultimate Boot CD”はかなりいろんなところで紹介されているので、自作をされる方の間ではメジャーなんでしょうね。わたしも以前からダウンロードしてCDには焼いてあったのですが、使い出したのはつい最近です。このくらいのツールが一枚にまとまっているとたいていのことはこれ一枚で済ませてしまえますし、何より持ち運びが楽(いやいや自宅で使う用ですって・・・。)ですね。

なかには“これは使うことはないだろう”みたいなやつも含まれていますが、暇なときには時間つぶしにもなりますし、もうちょっと使い込んでみて面白いことがあったらまた書きたいと思います。

ちなみにハードディスク用のツールとして“Salvation HDD Scan and Repair ”というやつがあって、メーカーにかかわらずリペアのメニューが使えるようになっているので、東芝のハードディスクのトラブルの際に使ってみましたが、3回試して2回はリペア不可で、1回はハードディスクが完全お亡くなりになりました。もう少し回数を重ねなければなりませんが、“そんなに便利なものはそうそうない”ということかもしれませんね。

こういうツールの類は見つけたときに“便利そうだな”と思ってダウンロードするのですが、実際には使い慣れたものばかり使うことになりますね。実は画期的なものは少なかったりするんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

バックアップはできています。

今日は終日自宅(事務所)で事務処理をしていましたので、また“こんなの使ってます”でも書いておこうかと思っていたのですが、夕方にトラブルの電話がありました。

パソコンがウイルスにやられてしまったようなので友人に相談したところ、バックアップを取ってリカバリをするのがよいという話になり、リカバリまで問題なく終わったそうなんですが、バックアップを取っておいたワードの書類が開かないのだそうです。

これは、本体のリカバリは終了しているものの、“MicrosoftOffice”のインストールをやり忘れている人がよく陥るトラブルですね。お客様に『開こうとしているファイルのアイコンに“W”がついていなかったら、アプリケーションがインストールできていないということですので・・・、』とお話してみましたが、そもそもファイルにまで到達しないのだそうです。

『ファイルに到達しないんですか?』

「そうそう、“マイドキュメント”を丸ごと保存したんだけど、そのマイドキュメントが開かないんだよ。」

『じゃあ開く手順を最初から説明していただいていいですか?』

「まず、“マイコンピュータ”を開いて、その中の“2006-01-23”というやつを開くと“マイドキュメントのショートカット”っていうフォルダがあってね・・・、」

『え?“ショートカット”ですか?』

ーということで、残念ながら本体ではなくてショートカットを保存されていたようです。大事なのはワードの書類だけで、一応全部プリントアウトはしてあるそうなので、またゆっくり作るからいいということになりました。リカバリしなくてもいいこともあるので、次はリカバリをする前に連絡くださいねとお願いして終了です。

またもや登場の“ちょっと詳しいでも素人の友達”ですが、アドバイスするなら最後までちゃんと面倒見てもらいたいですね。個人的には“リカバリはお客様ができるようになっていただきたい”と思って“楽しいリカバリ”シリーズも続けているのですが、本体とショートカットの区別もまだつかないような初心者にバックアップとリカバリを勧めるとはちょっとひどいですね。“詳しそうな友達”ではなくて、我々のような業者にいち早く相談してもらえるように、もっとがんばらなくてはならないですね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年1月24日 (火)

フロッピーが取り出せません。

今日は電器店でサポートです。

午前中、電話で『フロッピーディスクが取り出せなくなった。』との問い合わせがあり、どうせいつものように中でラベルがはがれてしまったとかで取り出せなっているんだろうと思ってパソコン本体を持ってきていただくようにお願いをしました。

午後になってお持ちになったパソコンを見てびっくりです。パソコンは富士通のデスクトップタイプ(WindowsXP)でフロッピーディスクドライブはありません。ではフロッピーディスクはどこなのかとお聞きすると、なんとCD/DVDドライブの中なんだそうです。

確かにトレーが少し飛び出しているので引き出して覗いてみると、奥のほうにあります、確かに四角いのが・・・。

そのままではさすがに体力的に厳しいので、本体を開けてCD/DVDドライブの本体を取り出してみましたが、うまい具合に奥に入り込んでいて、逆にしたぐらいでは出てきそうにありません。

ここで、フロッピーディスクには確か端に穴が開いていたことを思い出して、普段はCD/DVDのトレイを開くのに使っている針金を少し変形させて引っ掛けることにすると、少し格闘の末何とか引っ張り出すことができました。念のためCDもDVDも試してみましたがドライブは問題なさそうです。

お客様に詳しくお聞きしてみると、別に間違えたわけではなく、フロッピーディスクを入れるところがどう見てもないので、この“スーパーマルチドライブ”に入れるのに違いないと確信されてのことだったそうです。確かに知らなかったらそう思うかもしれないと、妙に納得してしまいました。

お客様は特にフロッピーディスクを使わなければならない理由はないそうなので、USBフラッシュメモリをご案内して終了です。いつもは仕事が一段楽してから今日の記事を考えるのですが、今回は作業をやっている最中に“今日はこれで決まり”と確信していました。多分もう二度とないと思うので、大変よい経験をさせてもらいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

先週の検索ワードランキング。

一月もあと一週間あまりとなりました。自分の周辺では青色申告の準備が始まったり、また設置屋を始めることになったりでいつもよりどたばたしていますが、やっぱり自分で選んだ道なので楽しいですね。がんばってこなしていきたいと思います。

ーということで、先週の検索ワードランキングです。

1    パソコン
2    富士通
3    リカバリ
4    検索履歴消去
5    マイク
6    自動再生
7    パソコンのサポートやってます
8    WindowsXP
9    消去
10   vaio
11   ウイルス
12   インク詰まり
13   パソコンサポート
14   キャノン
15   VAIO
16   印刷
17   FX55Z
18   検索ワード
19   プロダクトキー
20   サポート

年賀状ソフトはやっとおさまりましたね、本当は今の時期にある程度来年の準備をしておくと、年末が本当に楽なんですけどね、自分のお客様でもそのあたりのことができているのは一部のお年寄りだけみたいです。日本人はまだまだ忙しいということなんでしょうね。

まったく個人的な思い上がりですが、“パソコンサポート”や“サポート”がランキングに入ってきたのはうれしいですね、少しでも“役に立った”と思っていただけるようなことがあるようにがんばって続けていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

動画を取り出したい。

今日は電器店でサポートです。

1.2月は元々暇な上に今日は特別大きなトラブルもなくゆったりとしていたのですが、夕方に富士通のデスクトップマシンが持ち込まれました。

横置きのその本体は富士通のWindows95時代のものです。よく売れたWindows95マシンの中でもヒット商品ですね、いまだにお客様のところでも見かけることがあります。

ご依頼は今回パソコンを買い換えることにしたので、データの移行をしようとされているらしいのですが、デジカメで撮った動画のデータだけがどうしても保存できないのだそうです。すでに起動してあったので確認させていただくと、5MBほどの動画ファイルがいくつか確かにマイドキュメントに保存されていますね。

背面を見てみましたが、LANボードは取り付けられていません、Windows95の後期モデルらしくUSBポートはひとつだけありますが、USB MASS STORAGEも使えませんし・・・、と思いながらもう一度パソコンの“マイコンピュータ”などを確認していると、

おや?

これってWindows98ですね、お客様に確認してみても“よくわからない”とのことでしたが、(ディスクをどこから手に入れたのかはこの際触れないことにして)確かにWindows98にアップグレードされています。

それなら話は簡単なので、今回はバッファローの“ClipDrive”を用意してWindows98用ドライブをインストールしてデータを取り出して、別のパソコンでCD-Rに焼いて終了です。USBメモリは“Windows98SE”までにしか対応していないものが多いので注意が必要です。(実はWindows98でも使えることがあるらしいのですが・・・。)

訪問の仕事と違って店頭での作業はあまり時間がかけられないので、今回はラッキーでした。後から冷静に考えてみれば、デジカメの動画が取り込めている時点で“Windows95ではない”可能性が高かったわけですけどね。Windows95マシンはさすがに遭遇することが少なくなってきたいるので、たまに当たるとうろたえます、まだまだ修行が足りませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

Partition Manager 7.0

先月購入して時間があるときに少しずつ使っているのがこの“Partition Manager 7.0”です。まだ“お客様のパソコンに使う”所までには至っていないのですが、なかなか使えるような感じがしています。もともとが“パーティションをどうにかする”ためのソフトですので、パーティションの操作やハードディスクのフォーマットなんかは操作もわかりやすく、処理スピードも速いです。反対にハードディスクの復元やデータの救済なんかは“おまけ”程度の機能なので“うまくいけばラッキー”程度に考えていたほうがいいように思います。(これを購入してからハードディスクの復旧がらみの仕事がめっきり減ってしまったのであまり検証できていません。)今月は法人向けの仕事が立て続けに入ったのですが、来月からまた個人向けの仕事も増える予定なので、また使ってみた感想(特にハードディスクの復旧)を書きたいと思います。

iconicon

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

パソコンが臭います。

今日午前中仕事仲間との打ち合わせでのことです。

仲間がお客様からパソコンを預かっていて、トラブルの原因がよくわからないのでメーカーのサービスセンターに持ち込むのだそうです。

パソコンはVAIOのノートタイプ(WindowsXP)で、電源を入れたときに鳴るサウンドにざらざらと雑音が入ったり、終了しようとすると途中で止まっていたりすることがよくあるのだそうです。パソコンは購入してまだ半年にもならないそうなので、お客様からは初期不良じゃないかといわれたそうですが、一応いろいろなアップデートはやってみてもすっきりと解決にはいたっていないみたいです。打ち合わせの後時間がちょっとあったので見せてもらいました。

おや?

パソコンからちょっと変なにおいがしますね、その場所では起動も終了も問題なかったのですが、とにかく臭いが気になります。

もう少しよく聞いてみると、お客様はすでにお仕事をリタイヤされていて、パソコンは朝起きたときから寝るまでの間電源が入りっぱなしで、ネットで囲碁をされているそうです。さらにかなりのヘビースモーカーで、時には友達が2-3人来て8畳ほどの部屋でたいして換気もせずに何時間もネット囲碁をやり続けているのだそうです。

どうやら臭いの正体はヤニみたいです。排気口から覗いてみるとファンは回っているようなので、今回のトラブルの原因かどうかはその場ではわかりませんでしたが、このお客様は4年で3台目のパソコンなのだそうで、寿命が異常に短いのはタバコのヤニが関係していそうな気がしますね。

法人向けのパソコンではヤニでひどくなったパソコンはよく見かけるのですが、個人宅で使われているものでは初めてでした。私は禁煙がうまくいったのでちょっとえらそうなこと書かせていただくと、タバコは本人の健康にもパソコンにもよくないみたいですね、一刻も早くお控えになることをお勧めします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

そのまんまです。

昨日の夕方にお伺いしたお客様、

VAIOのデスクトップ(WindowsXP)をご利用でひどくウイルスにやられてしまっているので初期化してもらいたいとのことです。詳しくお聞きするとインターネットに繋ぐとカウントダウンが始まるそうです。

いやいやいまさらですかと思いながらパソコンを起動してみると、まずはマカフィーの期限切れの警告がでてきます、どうやら購入したときのままみたいですが、WindowsXPでもVersion2002とありますので全くそのままなんですね。接続もダイヤルアップらしいです。その場でトレンドマイクロの“システムクリーナー”をかけてみると見つかったのは“nachi”でした。いわゆる“ブラスター”の亜種ですね、久しぶりにお目にかかりました。

お客様にはリカバリをしなくてもウイルス対策ソフトで何とかなるんじゃないでしょうかとご案内して一旦パソコンをお預かりすることになりました。いろんなアップデートまでしていたらたぶん相当時間がかかるので持ってかえるに限ります。念のためリカバリ用のCD一式とプロバイダの契約書類も一緒にお預かりしました。

一旦帰った後、あまりお金はかけたくないとのお客様のご意向なので“ウイルスセキュリティ2006”を購入してインストールすることにしました。インストールの前にマカフィーを削除しておこうと“プログラムの追加と削除”を開くと、マカフィー以外にも“V3ウイルスブロック”の体験版もインストールされていました。マカフィーはもしかしたらプリインストールだったかもしれませんが、なんでわざわざ“V3ウイルスブロック”なんでしょうね。しかも“nachi”が見つかったところをみるとインストールしただけでアップデートもスキャンもしなかったってことでしょうか。

後はWindows関連のアップデート、SP2、VAIOのサポートサイトから各種デバイスドライバのアップデートをした後“ウイルスセキュリティ2006”のインストールとスキャンまで終わらせましたが問題なさそうです。

今日の午後からご都合がよいそうなのでお届けして、メールの送受信なんかも問題ないことを確認していただいて終了です。パソコンは高校生の息子さんが主に使うようになってから調子が悪くなったそうですが、最近は新聞なんかにもウイルスやらスパイウエアのことが出ていますから、気をつけてみてくださいねとお願いしておきました。高校生あたりだと友達と情報交換したりしないんでしょうかね。せっかくのパソコンがもったいなく感じました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

書き換えが禁止されています。

本日のお客様、

実は最近、週に一回程度の割合でまた設置屋をやっています。いろんな経緯があってあまり詳しくは書けないのですが、報酬も以前の2倍ですし、地区ごと日程ごとにまとめて仕事をくれるのでしばらく続けてみようと思っています。

ーということで今日はそんな設置屋の仕事先でのことです。回線はBフレッツの光プレミアムで、一戸建てです。パソコンはNECのデスクトップタイプ(WindowsXP)で有線接続なので、普段なら楽勝コースですね。

今回は付属のセキュリティツールを使用されるそうなので、インストールされている“ノートンアンチウイルス”をまず削除して、いつものようにCDからツールのインストールを始めます。スタートアップツールのインストールは問題なし、しかし次のCTUの接続設定のところでどうやってもCTUの管理画面が開きません。コマンドプロンプトで確認しても、IPアドレスは取得できているし、“192.168.24.1”にpingも飛びます。

設置屋の鉄則は“できることは先にさっさと終わらせておくこと”なので、接続は後回しにして“コミュニケーションツール(テレビ電話のソフト)”と“セキュリティ対策ツール”のインストールを先にやることにします。・・・と、“コミュニケーションツール”をインストールを始めると、『c:\Windows\Sistem32\drivers\etcのファイル“hosts”の読み込み専用を解除して“OK”をクリックしてください。』ーのメッセージです。

え?なんじゃそりゃ。

指摘の通り“hosts”ファイルのプロパティを見ると確かに“読み取り専用”にチェックが入っています。チェックを外して元に戻ると問題なくインストールが始まり、続いて“セキュリティ対策ツール”のインストールも問題なく終わって、一旦再起動してみます。

もう一度CDからツールのインストールを始めてみると、今度は問題なくCTUの管理画面が開いて接続設定もすぐに終わりました。念のためスパイウエアもみてみましたが問題はありそうにないし、これまで(フレッツADSL)も問題なくブラウジングできていたとのことですのでなんだかよくわかりませんが、とりあえず終わりです。

私は自宅が光プレミアムなので“コミュニケーションツール”がhostsファイルを大量に書き換えるのは知っていたのですが、“読み取り専用”にチェックが入っているとはどういうことなんでしょうね。今回はノートンアンチウイルスを削除しているのですが、そのあたりと関係があるのでしょうか・・・。設置屋の中にはツール(今回はCD-ROM)を使わないで設定できることを自慢する人もいますが、今回のようなケースだと自分のノートパソコンからCTUの設定をやってしまって終わりにしてしまう人も多いんでしょうね。光プレミアムだとちゃんとIPv6をインストールしておかないと後になって面倒なことになるような気もしますが・・・。

久しぶりの設置屋ですが、お客様のところに伺ってトラブルのないパソコンを普通に扱うのも新鮮ですね。いろいろあってなかなか記事にはしにくいのですが、面白いことがあったらまた書きたいと思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2006年1月17日 (火)

書き込むソフトがありません。

今日は知り合いのパソコンを預かっています。

VAIOのノートパソコン(WindowsXP)で去年の夏モデルですからまだ購入して半年ほどのはずです。トラブルの内容はファイルをバックアップしようとしたそうなんですが、DVDに書き込むためのアプリケーションが見当たらないとのことです。

光学ドライブはDVDに書き込みができるタイプですから、ないはずはないのですが確かに“全てのプログラム”の中には見当たりません。調べてみると本来は“RoxioDigitalMediaSE”というアプリケーションがあったはずなんですが・・・。

どうやら先月Cドライブの容量が不足してきたので、使わなさそうなアプリケーションをほとんど削除してしまったそうです。みてみるとCドライブの容量が10GBほどなのに対してDドライブは37GBあってほとんど使っていません。ここ何年かのVAIOは全部こういう感じなんですが、初心者がよく購入するパソコンとしてあまりに不親切ですね。たぶん何かしらの考えがあってのことなんでしょうけど、伝わっていなければ全く意味がありません。

ーということで、今回は“PartitionMagic”を使ってCドライブの容量を増やした上で、“B'sRecorderGold7”をインストールして使ってもらうことにしました。元々は彼が以前使っていた外付けのCD/DVDドライブに付属していたものですが、VAIOに付属のものをわざわざ復活させなくても、使い慣れたソフトの方がよいだろうと判断しました。外付けドライブ自体はまだ健在ですので、VAIOに取り付ると音楽CDのコピーなんかもずいぶんスピードアップします。インストールすると最初はドライブをうまく認識できません(ソフトよりドライブが新しいため)でしたが、シリアルナンバーつきの正規品ですので、アップデートを行うとうまく認識させることができました。

以前はパソコンにプリインストールされているアプリケーションは定番のものが多かったのですが、最近はアプリケーションの名前だけ聞いてもよくわからないことが多くなりました。現行型の東芝のCOSMIOにはついにスパイウエア対策ソフトが入っていましたし、今後も新しいアプリケーションがどんどん増えていくんでしょうね。なかなか覚えることが多くて大変です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

先週の検索ワードランキング。

今週もすっかり忘れてしまうところでした。

時間もないのでランキングの発表です。

1    パソコン
2    マイク
3    検索履歴の消去
4    検索履歴消去
5    webページの印刷
6    筆ぐるめ
7    リカバリ
8    自動再生
9    光プレミアム
10   富士通
11   インク詰まり
12   ドライバ
13   トラブル
14   ハードディスクリカバリ
15   windows98
16   インストール
17   キャノン
18   バックアップ
19   プリンタヘッド
20   Webページの印刷

ここのところYahooとGoogleの検索ルールに大きな変更がないためか、ランキングにもあまり変化がないですね。逆に考えると私の記事も変わり映えがしないということでもあるのですが・・・。

そろそろ年賀状ソフトも終わりかと思っていましたが、“筆ぐるめ”は相変わらず上位のままです。実際に使ってみた感じではそれほど問題があるようには思えなかったですけどね・・・、実は近くに使っている人が少ないから直接聞くことができないのでWebで調べるとかもいう事もあるんでしょうか?

今週もがんばって続けて行きますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

システムファイルチェッカー

今日は電器店でサポートです。

朝からメビウス(WindowsXP)が起動不良だと学生さんです。先日調子が悪いので自分でバックアップを取ってリカバリをかけたそうですが、昨日の夜から起動しなくなったそうです。確かに“ようこそ”の後、真っ暗な画面のまま止まってしまいます。ハードディスクは富士通製なので富士通のハードディスクツールでチェックしても問題なし、BIOSでも見えているのに何ででしょうねとかいいながらハードディスクを取り出して検証用のパソコンに繋いでみると、『このディスクはフォーマットされていません、今すぐフォーマットしますか?』のメッセージです。ハードディスクで出たのは初めてみましたが、おかしいのは間違いないみたいですね。リカバリしたばかりでデータはとってあるそうですから、もう一度リカバリをかけてもしうまくいったらしばらく様子を見ていただくことにしました。だめだったら修理でしょうね。

次はNECのノートパソコン(Windows98)でスパイウエアにやられてしまっています。壁紙に真っ赤なバックに“DANGER!・・・”の文字が張り付いてしまっていて、起動するとスパイウエアのチェックが始まってソフトの購入サイトに導かれるやつですね。これはゆっくり対応したほうがよさそうなので一旦お預かりです。“Ad-Aware”と“Spybot”で大まかには取ってしまってから再起動して“HijackThis”で復活してくるやつを確認、どうも“Wareout”というやつが本体みたいなので、Webで調べながら関連する4項目をFixして終了です。とりあえず起動からブラウジングまでは問題なさそうなのでしばらく様子を見ていただくようにお願いをしました。ウイルスセキュリティをインストールされていましたが、ひどくなってからインストールをしてもあまり効かないみたいですね。壁紙に張り付いているやつは大方駆除が進んでからデスクトップの表示のプロパティから“Webページの表示”のチェックを外せばOKです。

午後からはエクセルで比率を出そうとして作った計算結果が“0”としか表示されないとのお問い合わせ。表示方法で、小数点以下まで表示させるやり方と、パーセント表示をさせるやり方をご案内して終了です。

その後メモリの追加や展示機のリカバリなどをやっているうちに夕方になってしまい、最後にいらっしゃったのが、富士通のノートパソコン(WindowsXP)をご利用で、エクセルを使うときだけ日本語が入力できないとおっしゃるお客様です。問題のパソコンをお持ちになっていないのでなんとも難しいのですが、よくお聞きしてみると、いろんなソフトを起動するときに、『問題が発生したためctfLoaderを終了します』のメッセージが出るとのことです。調べてみるとこれはIMEが壊れているときのメッセージだそうなので、ご自宅で“ファイル名を指定して実行”から“sfc /scannow”でシステムファイルチェッカーを起動していただいて、念のためOfficeの修復も試していただくようにお願いしました。これでだめな場合はハードディスクの破損が考えられるらしいのでパソコンを持ち込んでいただくようにお願いして終了です。

システムファイルチェッカーはWindowsXPではまだ使ったことがなかったので、ぜひともやってみたかったのですがちょっと残念でしたね。年が明けて少しは暇になるのかと思っていたらとんでもなかったですね、本当はもっと時間をかけてやりたいこともあるのですが、そこは専門の業者さんにお願いしてくださいということにして来週もがんばりたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

メモリを追加したらフリーズする。

本日のお客様、

Dynabook(WindowsXP)をご利用で、先日メモリを購入時の256MBから1,024MB(512MBx2)に増設したところ起動して3-5分でフリーズするようになってしまったとのことです。

見せていただくとメモリは“Adtec”というメーカーのパッケージ品です。バルク品ではないですからトラブルは少なそうな気がするのですが、交換してからフリーズするようになったということですから、やはり原因はメモリにありそうです。

今回は元々のメモリを外して新しいものを2枚つけているので、相性ではないと思いますがどちらが悪い(もしくは両方)のかを見つけるのは少々面倒ですね。念のため一度メモリを取り付けなおしてから電源を入れてみましたが問題なく起動します。

15分ほどいろんなアプリケーションを起動させて見ましたが問題なさそうなので、再起動して“Memtest86+”をかけてみましたが問題なし、時間がかかりそうなので一旦お預かりして、メモリをそれぞれ一枚ずつで再度“Memtest86+”かけてその後元に戻して3時間ほどノートンの完全スキャンやら“MicrosoftUpdate”などもやってみましたが全くフリーズすることはありません。

ーということで、“メモリがちゃんと挿さっていなかったのではないか?”と考えることにして一旦パソコンをお届けしてしばらく様子を見ていただくことにしました。最初に付け直さなければよかったのかもしれませんね。

メモリでトラブルというと“相性”を真っ先に疑う方も多いですが、今回のような挿しかたが悪かったり、メモリスロットが故障していたりといった原因も結構ありますね。後、ノートパソコンで本体裏面が結構熱くなるタイプをご利用の方がメモリを追加する場合は、少し割高になっても保障(後で交換してもらえる)のあるものを購入されることをお勧めします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

MS Office Personal Edition 2003

今日の午後から明日の午前中まで法人の作業が入っていて、とても記事になりそうなことがあるとは思えないので、今のうちに・・・。

ーということで、普段お客様に勧めしているのが“MS Office Personal Edition 2003 特別優待アップグレードパッケージ ”です。昨年は9千円弱で手に入ったのに比べて、今年発売のものは少し高いですが値ごろ感は十分ですね。

『三万円近くは出せないから』とあきらめていた方はぜひご検討を・・・。

iconicon

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

新しいインクで印刷できない。

今日は電器店でサポートです。

寒いのはずいぶんおさまりましたが、起動不良は相変わらず多いですね。やはりコストダウンによってハードディスクの信頼性がずいぶん低くなっているのでしょうか、ハードディスクが原因と思われる起動不良はWindowsXPに多いです。

午後からのお客様ははエプソンのPX-V700をお持込になりました。少し文字がかすれるようになったので、ヘッドクリーニングをしてみたが、よくならないのでインクを全部交換してみたら全く印刷ができなくなったとのことです。

エプソンの全色顔料プリンタでは以前にも一度経験があるのですが、何かの条件がそろうと今回のように全くインクが出ない状態になるのかもしれないですね。何度かクリーニングもしてみましたが、全く状況は変わらないのでメーカー行きとなりました。長期保障にも入っていただいていましたし、年賀状シーズンが終わったのでしばらく預けてもいいとのお話でしたので少し気が楽でした。

このお客様は今回のプリンタを1万円台の前半で購入されているはずなので、結構簡単にあきらめていただけましたが、3-4万円の機種だと違っていたかもしれませんね。(それぐらいの機種だとクリーニングで直りやすいともいえますが・・・。)プリンタは1万円台のものを二年ぐらいでどんどん買い換えるか、3-4万円クラスのものを大事に5年くらい使うかのどちらかだと思うのですが、なかなか思うようには行かないですね。今年は家庭でも使える価格帯のレーザープリンタも発売されるみたいですから楽しみです。メンテナンスについては我々のような業者にはお手上げなのはあまり変わりそうにないですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

フロッピーがおかしい。

本日のお客様。

Dynabook(WindowsXP)をご利用なのですが、普段外付けドライブで使っているフロッピーの調子が悪いので、ドライブが悪いのかディスクが悪いのか見てほしいとの事です。

今まで使っていたフロッピーの読み込みには問題ないそうなので、ディスクに問題があるような気がするのですが、実際に見せていただくと、パソコンに東芝純正の外付けフロッピーディスクドライブを取り付けて、問題のディスクを挿入し、“マイコンピュータ”の“3.5インチ(A)”をダブルクリックしてみると・・・、

『ドライブAのディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?』

ーのメッセージです。確かに長い間使わなかったりしてデータが壊れてしまったフロッピーディスクを読み込もうとするとこのメッセージが出ますね。他のディスクが普通に読み込めることからも悪いのはディスクに決定みたいです。

ーということでディスクを取り出してみてみると、

あれ?

“unformatted”って書いてますね、お客様に確認すると確かに新品だそうです。データが壊れているわけではなくて、“フォーマットしていない”新品だったわけですね。お客様は今まで意識することなくWindows用にフォーマットされたフロッピーを購入されていたわけですねって言うか、最近“unformatted”を買うほうが難しいような気もしますが・・・。

お客様に、フロッピーディスクには“フォーマットしていない”ものもあるので不良品ではないことをご説明して終了です。こういうときはいつもそうなんですが、最初にもっとよく確認しきゃだめですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

写真をメールで。

本日のお客様、

富士通のノートパソコン(WindowsXP)をご利用で、デジカメで撮った写真をパソコンに取り込むところまではうまく出来たらしいのですが、メールで送るところがうまくいかないそうです。

デジカメが結構新しい機種なので、写真のファイルサイズが大きすぎて送信できないのかと思ったのですが、そうではなくて“イメージをすべて小さくする”が出ないのだそうです。

何ですかそれは、と思いつつ実際にお客様にやってみていただくと、まずMyPictureを開いて送信したい写真を選択、左のメニューから“このファイルを電子メールで送信する”をクリックするのだそうです。

お客様によると、ここで“イメージをすべて小さくする”が出るそうなんですが、画面には“メールアカウントがありません、作成しますか?”と“@メール”のメッセージが出ています。

確認すると、普段メールの送受信にはOutlookExpressをご利用だそうですから、“規定のメールソフト”が購入時のままになっているということですね。

ーということで、OutlookExpressの“ツール”-“オプション”-全般タブの“このアプリケーションは規定のメールハンドラです。”の右にある“規定とする”をクリックしてグレーアウトさせて、インターネットオプションのプログラムタブの電子メール欄がOutlookExpress、スタートボタンを右クリック-“プロパティ”-“カスタマイズ”をクリックして“電子メール”欄がOutlookExpressになっている、ーの三ケ所を確認して変更完了です。このあたりは機種によって連動している場合とそうでない場合があるので、要注意です。

これでもう一度やってみていただくと、“電子メール経由でイメージの送信”ダイアログボックスが現れて、“イメージをすべて小さくする”と“元のサイズを維持する”が選べるようになります。さらに“詳細オプションの表示”をクリックすると、イメージのサイズを大・中・小から選ぶことが出来ます。後は通常にメールを送信するのと同じ手順で、あて先と件名・本文を入れていくだけです。

WindowsXPからパソコンを始める方はパソコン教室でこのようなやり方を教えられるのでしょうか、確かにこの方法だと“サイズが大きくて送信できない”場合に有効ですね、余分にファイルを作る手間も必要ありませんし・・・。

確かに今までこのあたりの質問を受けたことがないので、この方法が一般的で知らなかった私は少数派なのかもしれませんね、ちょっといい勉強させていただきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

先週の検索ワードランキング。

いやーやっぱりボケてますね、すっかり忘れていました。年明け早々連休なんかあったりするとだめですね、予想はしていたんですが・・・。

先週の検索ワードランキングはこんな感じです。

1    パソコン
2    マイク
3    検索履歴消去
4    筆ぐるめ
5    検索履歴の消去
6    windows98
7    開かない
8    USB
9    ノートン
10   ネットワーク
11   自動再生
12   インストール
13   スパイウエア
14   VAIO
15   itunes
16   ウィルスバスター
17   筆まめ
18   DVD
19   ウイルス
20   フリースポット

“検索履歴の消去”は安定して強いですね。実はネタがなくて“つなぎ”で書いた記事だったのになかなか息が長いです。他のFAQサイトでも定期的に出てきますからよっぽどご要望が多いというか、InternetExplorerの使い方がわかりにくいんでしょうね。ぼちぼちですが、“まとめ”のWebページ作りも進めていますので参考にさせていただきます。

今週もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎回パスワードを入れています。

今日はサラリーマン時代の元上司のお宅です。先月別の元上司に町でばったり会ってから、連絡がまわった(別に隠していたわけではないんですけど・・・。)みたいで、最近元の会社の人からやたらと電話があります。

NECのデスクトップパソコン(WindowsXP)をご利用なのですが、回線をADSLからBフレッツ光プレミアムに変えたのでいろいろと教えてほしいとのことで伺いました。

元々のADSLもe-Accessでルータモデムですから、基本的なパソコンの設定は変わりませんし、プロバイダもそのままですから特に作業としてしなくてはならないこともありません。“セキュリティ対策ツール”という名称の“ウイルスバスター2004”も無料でついていますが、すでにウイルスバスター2006を利用されていますし更新も半年以上先ですから、わざわざ変えることもないでしょうということで、昔の話なんかして何事もなく終わるところだったんですが、念のためメールの送受信もチェックしておきましょうとOutlookExpressを起動したところ、パスワードの入力が要求されます。

パスワードを教えてもらって入力すると普通に送受信できるのですが、一旦アプリケーションを終了してもう一度起動するとまたパスワードの入力が要求されます。

これは設置屋をやっていたときにも何度か出くわしたのですが、我が家のメインマシン(当時はWindows2000)でもなりましたし、お客様のところでもWindowsXPでしか見たことはないので、Windows9X系にはないトラブルかもしれません。毎回Microsoftのサポートページを参考にしてレジストリの編集で解決しています。

元上司によると、毎回パスワードを入れるのはこんなもんだと思っていたとのことです。直してあげると『そうだよな、会社でメールをやるときはパスワードなんて入れないしな・・・。』って気がつくのが遅すぎます。気にしない人はこんなものでしょうか。

今回のトラブルはいつも忘れたころに出くわすので解決方法も全く覚えていませんから、Microsoftのサポートページを丸ごと保存したものをノートパソコンに保存してあります。今度はいつ使うことになるのやら・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

今日もスパイウエア。

昨日“最近ひどいスパイウエアに出くわさない”なんて書いたのがまずかったのでしょうか、今日のトラブルはスパイウエアでした。

NECのノートパソコン(WindowsXP)にウイルスバスター2006をインストールされていますが、結構ひどいことになっているようで、電源を入れてからハードディスクのアクセスランプの点灯が収まるまでに7-8分くらいかかります。どうやらウイルスバスターはパソコンの状態がひどくなってからインストールされたみたいですね。

お客様は出かけるご用事があるとのことでしたので、大事なデータがないのを確認の上お預かりして作業となりました。お客様はリカバリしてもかまわないと思われていたそうで気が楽です。自宅でじっくりできるのはいいですね、自宅のパソコンで検索しながら作業もできますし・・・。

まずセーフモードで起動して“プログラムの追加と削除”の確認です。以前にノートンがインストールされていたらしく“LiveReg”と“LiveUpdate”があったのでとりあえず削除です。ここで“MailSkinner”といういかにも怪しいプログラムがあったのですが、今日は時間もあるのでとりあえず後回しです。

再起動をして、“Ad-Aware”と“Spybot”をインストールしてスキャンをします。ここでそれぞれ100と50くらい削除ができたので、大まかには取れた感じがします。再起動をすると起動もずいぶん早くなりました。

OSがWindowsXPですので、Microsoftの“AntiSpyware”もインストールしてスキャンしてみます。スキャンして駆除して再起動を2度やりましたが、“IEAccessDialer”というやつがどうしても復活してきます。復活してくるということは別のところに実行プログラムがあることが多いので、ここで“HijackThis”をかけてみます。

“HijackThis”で引っかかったのは、“Spyspotter”と“MailSkinner”です。“Spyspotter”はFIXすることにして、“MailSkinner”は“プログラムの追加と削除”から削除して再起動してみました。“AntiSpyware”でも“HijackThis”でも怪しそうなものはでてこないですし、2時間ほどMicrosoftUpdateをやったりして使ってみましたが問題なさそうです。

夕方にお電話を入れたらいらっしゃったのでパソコンをお持ちしてきました。別の場所に“タネ”がある可能性はあるのでしばらく様子を見ながら使っていただくようにお願いをして終了です。高校生のお子さんが昨年“iPod”を使うようになってから友達とMP3ファイルのやり取りをするようになったそうで、その中にファイル交換ソフトで落としたファイルがあったのかもしれないとのことでした。

スパイウエアはもうずいぶんおさまったかと思っていましたが、やっぱりありますね。よく考えてみれば、やられているのに気がつかないまま使い続けている方はまだまだいらっしゃりそうです。今日のように簡単に取れるやつばかりだといいんですけどね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

我が家でスパイウエア。

今日は仕事が午後からだったので、午前中自宅でゆっくりしていたのですが、せっかく時間があるのでスパイウエアのチェックをやってみたら見事に一件引っかかりました。

このパソコンはフリーソフトの実験機みたいな使い方をしているので何があっても仕方がないのですが、見つかったのは“NewDotNet (New.Net)”というスパイウエアで、“悪意のあるソフトウエア”ではないみたいですが、削除しても問題なさそうなので、早速削除してみることにしました。

まず、コントロールパネルには現れていないので、チェックにも使ったMicrosoftの“AntiSpyware”でFIXしてみますが、再起動すると復活します。このスパイウエアには“HijackThis”よりも“LSPFix”の方がいいらしいので使ってみましたが、同じように再起動で復活です。どうやら別の場所にある実行プログラムを探さないといけないみたいですね。

何回か再起動をするなかで、Microsoftの“AntiSpyware”でFIXをした後に再起動をすると“ProgramFiles”の中の“Microsoft”フォルダが表示されることに気がつきました。その中にあるのは“Match-Up!”というフォルダで、Microsoftの“正規 Windows 推奨プログラムの特典”でダウンロードできるゲームです。

もしかして、これ?

ーということで、“プログラムの追加と削除”から“Match-Up!”を削除した後、Microsoftの“AntiSpyware”でFIXして再起動すると見事にいなくなってくれました。“LSPFix”でも“HijackThis”でも現れないのでたぶんきれいに取れたみたいです。

念のためもう一度“Match-Up!”をインストールしてみましたが、Microsoftの“AntiSpyware”でも“LSPFix”でも“HijackThis”でも現れませんでした。なんだかよくわかりませんが、あとから入っていたみたいですね。

アメリカで法律が強化されたせいでしょうか、最近はようやくひどいスパイウエアに出くわすことが減ってきています。このままおさまってくれるといいんですけどね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

全部消しました。

今日は電器店でサポートです。

昨日から予定していたウイルスバスターのトラブルのお客様は、どうやらインストールができないみたいです。パソコンを見せていただきましたが、ダウンロードしたファイルからインストールを始めると一旦再起動することになった後、“iexpolere.exeがみつかりません”とのエラーメッセージです。本来ならここでインストールダイヤログが出るところなので、パソコン側が何かおかしくなっているみたいですね。

じゃあ一旦お預かりして調べてみましょうかという事になったのですが、ここ何日かパソコンを使いたいことがあるのと、自分でデータのバックアップを取りたいからということで、今日は一旦お持ち帰りいただきました。

午後からは常連のおじいちゃんです。Dynabook(WindowsXP)とCASIOのデジカメ(Exilim)とキャノンの複合機をご利用で、写真の取り込みから印刷までをばらばらにおぼえているのでいつも操作に迷うとのことです。

では統一してみましょうということで、キャノンの“ZoomBrowserEX”と“EasyPhotoPrint”を使っていただくことにしました。元々パソコンの操作自体には問題がない方なので、デジカメを接続したときに“ZoomBrowserEX”が自動で立ち上がるようにして、デスクトップにもショートカットを作って基本的な操作だけご案内しました。

最後にいらっしゃったのは、買ったばかりのVAIOノート(WindowsXP)を持ったお客様です。VAIO-Tってやつですね、私は暇なときに展示品を十分に触っていますけど、サブマシンとして待てる経済的余裕がある人にはいい機種だと思いますね。

どうされましたとか言いながら電源を入れていただくと、“OperatingSystemNotFound”です。ハードディスクの故障でしょうか?お客様の話によると、仕事でどうしても使わないといけないソフトがWindowsXPでは動かないので、DドライブにWindows2000をインストールしようとしたそうなんですが、パソコンが起動しなくなってしまったので、全部消してしまったのだそうです。

全部ですか?

そう全部。

もしかして、パーティションもですか?

そうそう、それでリカバリしようと思ってCDを探したんだけどOfficeしかないから困っちゃって・・・。

いやーやっちゃいましたね。VAIOはWindowsXPのSP1がでたくらいからハードディスクリカバリに変わっていますので、パーティションごと消してしまったらリカバリをすることはできません。

ーということで、店からSONYに電話して問い合わせをしてみました。返答はお客様ご本人から電話をかけていただいて、ご本人確認と、製品のシリアルナンバー・Windowsのプロダクトキーが確認できれば、\5,250でCD(DVD?)を送りますとのことでした。(ユーザー登録をしていればWebページから申し込みができるそうです。)

最近はすっかり初心者向けにサポートをしているので、ご自分でハードディスクのリカバリ領域までフォーマットしてしまう人がいらっしゃるとは考えていませんでした。私なんかなもうなんとも思わなくなってしまいましたが、まだまだハードディスクリカバリについては浸透していないのかもしれないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

仕事始めです。

今日から仕事です。

仕事といっても仕事仲間とスケジュールのすりあわせをしたり作業の打ち合わせをしたりなので、実際にサポートをしたわけではありませんが・・・。

昨年まで一緒に仕事をしていた若手が何人か正社員(かなりの大手企業)として働くことになったそうで、景気が上向いてきたのは本当かもしれませんね。新卒を育てるのではなく、ある程度外注で様子を見て“使える”のを確認してから採用するのもどうかとは思いますが、本人にとっては大手企業で働いた経験は必ずプラスになるはずなので、よいことなんだと思います。おかげでこっちに仕事がまわってきてしばらく大変になりそうですが。

明日からいよいよ個人向けの仕事が始まります、どうやら仕事始めはウイルスバスターのトラブルのようですが、すでに数時間にわたって電話でメーカーのサポートを受けているとのこと、怖いですね。面白い内容だったら明日の記事にしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

こっちも恥ずかしいです。

今日も実家です。

昨日、同級生と飲んだのですが、今朝になって電話があって別の同級生がメールができなくなって困っているそうなので行ってみることにしました。

彼は同じ中学なのですがクラスも違っていたし、かろうじて顔だけは知っている程度ですからはっきりいってちょっと気まずいです。東京に住む彼は帰省していて、今週いっぱいは休みだそうなんですが、会社は今日から始まっているのでメールがチェックできないとまずいんだそうです。

メールの設定を見せてもらいましたが、どうやら彼の勤め先で使っている独自ドメインのメールアドレスで、管理は勤め先の専門の部署がしているようです。普通のプロバイダとは違いますから、こっちでどうのこうの言ってもらちがあきませんから、勤め先に電話して問い合わせをしてもらいました。

しばらくして折り返しの電話があって30分ほどかかって指示通りに設定を変更しました。やはりと言うか、事前に担当部署に申請をしておかないと外部でメールの送受信はできないようになっているのだそうです。問題の彼が管理職だということもあって、とりあえず一時的に送受信ができるようにしてもらうことしました。

担当の方から『これでメールは問題なく送受信できるはずです。』とのお話がありましたので、メールの受信をしてみました。もう夕方になっていたのですが、受信したメールは取引先からの年始挨拶の一件でした。(今日からですので当たり前と言えば当たり前ですが・・・。)

多少でも知っている仲なら軽く『勘弁してくれよ』で笑い飛ばせるのですが、中途半端な知り合いなのでますます気まずくなってしまい、さらにお金をもらうのもなんなので缶ビールを何本か頂いて帰ってきました。

“メールの受信ができないとまずい”と言われてなんとか受信できるようしたら“0件”だったとかは実はよくあることで、いつもは“見なかったふり”でやり過ごすのですが、今回はなんともタイミングが悪く、“いやーな感じ”になってしまいました。もう明日から仕事ですが、今日のはなかったことにして、“初仕事”をがんばりたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

実家でお休みです。

今日から短いながらも実家でゆっくりすることにしました。

いつもなら唯一無料でサポートをすることにしている父親のパソコンの調子を見るところなのですが、前回から2ヶ月ほどしかたっていないこともあって、『別にいい』と言われてしまったので、本当にゆっくりできました。

パソコンは富士通のワイド画面の一体型(WindowsXP)でメモリは768MBに増設してあって、Webページの閲覧とデジカメ写真の整理くらいにしか使っていないようです。秋にWalkman用に“SonicStage”をインストールしてからちょっと起動に時間がかかっているみたいですが、それほどでもないので少し様子を見てみることにしました。次に帰ったときにひどくなっているようなら、アプリケーションの整理でもやってみるつもりです。

プリンタは少々事情があって、キャノンの850i(プリンタ・染料インク)とエプソンのA550(複合機・全色顔料インク)を用途に応じて使い分けているのですが、父親によると、エプソンは購入後一年になるがインク詰まりは一度もなく、キャノンは一週間ほど使わないとすぐにインク詰まりになってしょっちゅうクリーニングをすることになるそうです。

購入時期が違う(キャノンは3年目エプソンは2年目)ので正確な比較にはなりませんが、そういえば電器店でのサポートでもインク詰まりは断然キャノンのほうが多かったような気がします。

エプソンのプリンタはインク詰まりがクリーニングでも解消できない場合は修理に出すしかないのに対して、キャノンは部品として販売されているプリンタヘッドを購入すればすむので、“一台使い”の場合はキャノンをお勧めすることが多かったのですが、プリンタヘッドも電器店に必ず在庫があるわけでもないですし、エプソンの“ドアtoドアサービス”を利用すれば“使えない期間”はそれほど変わらないのかもしれません。

プリンタは毎年新製品が出るのですが、なかなかどれほどよくなっているのかがわかりにくいので、ついつい見過ごしてしまいがちですね。(個人的にはhpがお勧めなんですけどね・・・。)特にインクの詰まり易さについては今後少し気をつけてみてみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

先週の検索ワードランキング。

ようやく今日から少しだけお休みをいただくことになりました。年末年始は曜日の感覚がなくなってしまいがちですが、幸運にも忘れずにすんだので続けて書いておきたいと思います。

先週の検索ワードランキングはこんな感じになりました。

1    筆ぐるめ
2    パソコン
3    マイク
4    windows98
5    トラブル
6    遅い
7    開かない
8    VAIO
9    筆王
10   AirTV
11   fga
12   自動再生
13   emachines
14   自動再生しない
15   検索履歴消去
16   住所録
17   消去
18   筆まめ
19   トレイが開かない
20   キャノン

“筆ぐるめ”は“開かない”や“fga(筆ぐるめのバックアップされた住所録の拡張子)”・“住所録”などなどと一緒に検索されていてぶっちぎりです。以前に記事にも書きましたが、筆ぐるめは住所録を“バックアップ”メニューから保存をすると、できたファイルをダブルクリックしても開かず、同じ“バックアップ”メニューからでないと元に戻せません。先週で終わりだと思いますが、やはりぎりぎりになって準備する人は多いわけですね。

最近の注目は“マイク”ですね。ベータ版ですがSkypeにビデオ通話機能が搭載されたり、Bフレッツの光プレミアムにテレビ電話機能が標準搭載されたりしていますので、マイクを使おうと思ったらちゃんと動かないケースがあるみたいですね。以前に書いたこともあるのですが、他の原因もあるでしょうから少し調べておきたいと思います。

“マイク”もそうですが、今年はいろいろと音声が注目されそうですね。またまた勉強しなくてはならないですが、がんばってサポートと共にこのブログも続けて行きたいと思っていますので今年もよろしくおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

今年もよろしくお願いします。

2006-0101   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »