« 油断は禁物。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

2005年12月25日 (日)

リカバリ~富士通編

以前も書いたような気がするのですが、今日秋冬モデルのリカバリをやっていたらまた変わっていたので書いておきます。

リカバリをCD/DVDで行う方式自体は変わっていないのですが、今のモデルからリカバリの進め方が少し変わりました。今までどおりにアプリケーションCD2のインストールまでが終わると、もう一度アプリケーションCD1の挿入が促されて、今までのリカバリではインストールされなかったアプリケーション(Medi@Show)やOffice、富士通サービスアシスタント、プロアトラス、Office2003のSP1のインストールが次々と促されます(スキップすることも可能)。

今まででも富士通は普通にリカバリしてもインストールされないアプリケーションがあるとお客様から指摘されたことが何度かあって、その都度CD/DVDからインストールして対応していたのですが、今回の変更で本当の意味で“購入時の状態”に戻すことができるわけですね。時間は2時間きっかりでした、メモリ512MBが標準になってきていますのでなんともいえませんが、以前より少し面倒になった気がします。

NECが完全にアプリケーションがインストールされた状態を凍結・解凍する形式でリカバリを行うのに対して、富士通はWindowsOSと基本的なアプリケーションだけを凍結・解凍して、その他のほとんどのアプリケーションを改めてインストールする形式(インストールするアプリケーションを選べる)ですので、細かな変更が続くのは仕方がないのかもしれませんが、富士通をずっと買い続けている人でも毎回違う方式でリカバリしなくてはいけないのは、ちょっと混乱するかもしれませんね。

以前と比べてリカバリはずいぶん一般的になってきていると思います。今回の変更も“さらに使いやすくなる”ための一歩だと思って期待したいですね。

|

« 油断は禁物。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »

楽しいリカバリ。」カテゴリの記事

コメント

アプリCDが3まで有って、要求されたらCDを入れるのですが、使いもしないソフトが多過ぎると感じています。

投稿: prtwqq | 2005年12月26日 (月) 07時44分

私も富士通派なのですが、確かに使わないソフトが多すぎるとは思います。
でも、あるにこしたことはないので、購入したらすぐにリカバリを行って必要なソフトだけがインストールされた状態にしています。
でも、どちらかというと一度の操作だけで購入時と全く同じようになる方が初心者にとっては優しいような気もします。

投稿: gucchi | 2005年12月26日 (月) 20時15分

prtwqqさんどうもです。
一応インストールするアプリを選択できるのがいいところなんですけどね・・・。もう少しわかりやすくというか、簡単でもよいような気もしますが難しいですね。最近は容量に余裕があるだけに、たいていのものが入っていると考えれば楽ですし・・・。

投稿: pts. | 2005年12月26日 (月) 23時25分

gucchiさんありがとうございます、最近はコメントサボっていますが毎日拝見しています。
アプリケーションに対する考え方はそれぞれですから、選択の余地がないって言うのもどうかと思いますしね・・・。各メーカーが特色をはっきり打ち出すようにして、我々のような業者がしっかりお客様に案内できることが大切ってことでしょうか?

投稿: pts. | 2005年12月26日 (月) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/7820920

この記事へのトラックバック一覧です: リカバリ~富士通編:

« 油断は禁物。 | トップページ | 先週の検索ワードランキング。 »