« 遅いのは・・・。 | トップページ | 平日のいろいろ。 »

2005年11月 3日 (木)

無線LANアダプタ。

本日のお客様、
VAIOのノートパソコン(WindowsMe)をご利用で、バッファローのUSBタイプの無線LANアダプタがうまくインストールできないのだそうです。もともとコレガの無線LANを親子セットでご利用になっていたところに今回のノートパソコンを友達からもらったので、バッファローの無線LANアダプタを追加で購入されたそうです。ご自分で何度もインストールと削除をしてみたそうで、ご自宅のデスク上にはなにやら格闘のあとが伺えます。

お伺いした時点ではいったん削除されていましたので、“インストールできない”状況の再現のために私がもう一度インストールをやってみることにしました。

まず、無線LANアダプタはUSBポートにつながったままになっていますが、気にせずCD-ROMからドライバのインストールをはじめます。ドライバのインストールが終わるとそのまま“クライアントマネージャ2”のインストールが始まるのでそのまま待ちます。クライアントマネージャ2のインストールが終了したところで、本来は無線の親機の設定に入るのですが、今回は親機の設定はすでに済んでいるので一旦パソコンの再起動を行います。

再起動後、自動で起動しているクライアントマネージャ2の設定画面から“検索”でcoregaの親機が見つかるので、WEPキーを入力して“接続”で問題なく接続ができます。(コレガはWEPキーに16進数を使っているのでそのあたりに気をつければ問題ありません。)

お客様はびっくり、私はお客様のあまりの驚きようにびっくりです。

バッファローの場合は取説通りに一気に親機の設定にまで進むときにはあまり問題が起きないのですが、メニューの途中で終わる場合にはまず再起動をしないとユーティティがうまく作動しないときがあります。お客様はここで再起動をしなかったためにうまくいかなかったようですね。今回のように接続を変更したり新しい機器を追加したときなどは再起動を行うのは我々にとっては常識です。再起動を促すメッセージが出ないバッファローのユーティリティにも問題があると思いますけどね・・・。ちなみにNECでも無線LANのアダプタのインストールの後に再起動を促すメッセージが出ませんが、再起動をしたほうが問題になりにくいのはいうまでもありません。

私はこのあたりが得意分野なので、今回は助かりました。悪く言う人もいらっしゃいますが、私はバッファローはよいメーカーだと思っています。我々はうまくいかないときに呼ばれるわけなので、文句を言いたくなる気持ちもわかりますが、よく売れていて分母が大きいほど、よくない商品の実数も多くなりますからね。

|

« 遅いのは・・・。 | トップページ | 平日のいろいろ。 »

家庭内ネットワーク」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、uzと申します。
Buffalo嫌いの方が多いようですけど、何を隠そう私もBuffalo好きです。
ルーターは無線も含めてBuffaloが設定し易いと思います。しかし、最近の無線LANの設定画面が解りづらくなったのは、少し残念です。

投稿: uz | 2005年11月 3日 (木) 22時39分

uzさんありがとうございます。
設定画面とか仕様についてはいろいろとご意見あるでしょうね。私も新しく発売になった機種はまだ触って無いので勉強しておきます。

投稿: pts. | 2005年11月 3日 (木) 23時28分

新しい機器を追加したときなどは再起動を行うのは我々にとっては常識 同感です。xpになって再起動する事がかなり減りましたね。98の時はウザイ程でしたけど。

投稿: prtwqq | 2005年11月 4日 (金) 00時37分

prtwqqさんありがとうございます。
私は特別な技術があるわけでは無いので、再起動とセーフモードばっかりです。これだけで“すごい”といっていただくと少し申し訳ない気もしますけどね・・・。

投稿: pts. | 2005年11月 4日 (金) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/6878010

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANアダプタ。:

« 遅いのは・・・。 | トップページ | 平日のいろいろ。 »