« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

今月は・・・。

その月のまとめなんて書くのは初めてなんですが、今月は自分のことでいろいろあったので、少し書いておくことにします。

ADSL3M、
Bフレッツのバックアップ回線として(我が家のBフレッツは2年で4回落ちました、いつも復旧までに半日から2日かかります。)、お客様の怪しいパソコンを接続する用として、ADSLの1Mコースを利用していたのですが、回線元のe-Accessの都合で3Mコースに変更することになりました。我が家はNTTの局者から3.5km以上距離があって条件としては悪いほうだからなのか、一日のうち何度かは一旦リンクダウンして再リンクアップをしていましたが、だめもとで電話線をフェアライトコア付の高いやつに変えてみたところ、モデムのリンク速度が2.7Mから1.5Mに下がったものの、すっかり安定するようになりました。ADSL専用の電話線なんて信用していなかったのですが、“効く”こともあるんですね。

新しいパソコン、
取引先からOS(WindowsXP/HOME)付の組み立てキットを安く譲ってもらった(引き取らされた?)ので、久しぶりに一台組みました。Intel865Gチップセット・CeleronD325(2.53GHz)・メモリ1GB(バルク)・ハードディスク250GB(Seagate)・スーパーマルチドライブ(日立LG)・GigabitLAN(Intel)にOSがついて¥75,000-でできたので結構満足です。光学ドライブや電源も変えてしまいたかったのですが、少し様子を見てからにしようと思います。うまくいけばしばらく我が家のメインマシンとしてがんばってもらうつもりです。

Vodafone 3G携帯、
ショップの店長と以前飲んだときに『Vodafoneでおサイフ携帯がでたらすぐ買いますよ。』と言っていたのをしっかり覚えられていて、昨日機種変更する羽目になりました。3Gは果たして使い物になるのか心配していたのですが、我が家を含めて普段の生活圏内ではアンテナは大体4本立っているのでまずは一安心です。BlueToothもついていますし、ミュージックプレーヤー機能も結構“使える”感じなので、結構役に立ちそうです。ただ音楽の取り込みに関しては普段“iTunes”を使っていない人やそもそもパソコンの操作に不安がある人にはちょっと難しいでしょうね。

Bフレッツ光プレミアム、
確か私の記憶では、取引先から頼まれて8月に申し込んでいたのですが、よくやく今日開通となりました。もともとBフレッツのファミリー100で不自由していなかったのですが、フレッツADSLの1.5Mの時から使っているブロードバンドルーターが相当お疲れ気味でしたので、ちょうどよかったです。CTUという機器については“IPv6が使えるブロードバンドルーター”ぐらいにしか考えていなかったのですが、NAT機能に加えて“パーソナルファイヤーウォール”も内蔵していて、細かく設定しようとすると大変そうです。私は“リアルVNC”というソフトで外出先からアクセスができるようにしているのですが、このあたりの設定は以外に簡単にできるようになりました。バックアップのADSLはこういうことにも使えるので便利です。後、ちょうど新しいパソコンがあったので、ただで使える(基本料金に含まれている)ウイルスバスターは助かりました。年度版の更新も自動でやってくれたらもっと便利ですけどね・・・。

PHSカード、
たぶん5年以上使ってきた“P-in Master”でしたが、外出先ではM1000でほとんど用が済んでしまうし、いざとなったらM1000をパソコンに繋いでしまってもいいので、PHSカードは解約することにしました。まあいくら経費で落ちるからといっても、携帯2台に加えてどさくさにまぎれてフレッツスポットの契約もしてしまっているのであんまりですよね。ただよく考えてみると設置屋時代も含めてかなり活躍してくれました数少ないツールだったので、ひたすら感謝です。

今月は普段より仕事が少なかったのに何で忙しかったんだろうと思っていたら、なんかひどいですね。いろいろとキャンペーンがあったりするので、実際に余分にお金が出て行くのはパソコンだけなのですが、なんか一度に変わりすぎてかえって不便になっているような気もします。来月はもっと使いこなせるようになって面白いことがあったらまた書きたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

ゆっくりつながる。

今日は電器店でサポートです。
月末ではありますが、基本的に平日は暇です。朝から展示品を使ってキャノンのプリンタのヘッドクリーニングのやり方を説明したり、ISDNの無線ダイヤルアップルータの設定方法を説明書を見ながらお客様と確認したりです。

先週からサポートの受付をする場所が少し変更になりまして、検証用のパソコンとお客様のパソコンを繋ぐ回線は展示品とは別の回線でIEEE802.11aの規格の無線で接続していたのですが、途中に障害物ができたりしたので、この際ADSLモデムの位置を変更してもらうことにしました。そこで、とりあえず工事が終わるまでの間、一時的にパソコンを展示しているところから有線で引っ張ることにしました。

今週からその有線接続を使っているのですが、お客様がパソコンを持ち込まれたりして新たにパソコンを繋ぐと、すぐには接続ができず、10分くらい繋いだまま放置しておくといつの間にか接続ができるようになっています。

この現象は新たに繋いだパソコンだけに発生して、一度繋がったパソコンは電源を切っても、一旦別の回線に繋いでも、元にあったように繋ぐとすぐに接続できます。

展示品のスペースはそれほど頻繁に新しくパソコンを繋ぐこともありませんし、少し待てば繋がるのがわかっていれば問題になることはありません。しかし、とりあえず一時的とはいえ毎日持ち込まれるお客様のパソコンを毎回10分待たせるわけにはいかないので、それまでノータッチだった展示品用のLANケーブルをたどってみることにしました。

10分ほどで原因は判明です。増設に次ぐ増設でなんだかよくわからなくなっていたケーブルの途中に“リピータハブ”(スイッチングハブではないやつです、バカハブとか言う人もいますね・・・。)がありましたので、店用の備品からスイッチングハブを探して繋ぎかえると問題がなくなりました。

私が設置屋の仕事を始めたときには、すでにスイッチングハブを使うようになっていたので、リピータハブについてはあまりよくわからない(何段も接続しちゃだめとかぐらい)のですが、たぶんとりあえず解決です。展示スペースの配線は確か去年やり直したはずなのに、なんでリピータハブが使われていたのかもよくわかりませんが・・・。

医者の不養生とか言いますが、最新のパソコンや無線LANを展示している店でも、裏側はあまりお客様にはお見せできないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

先週の検索ワードランキング。

先週の予想通りランキングの内容はずいぶん変わってしまいました。このあたりは検索サイトの都合でずいぶん簡単に変わってしまうので、一喜一憂しないようにしないといけませんね。

ーということで、先週のランキングです。

1     起動が遅い
2     パソコン
3     AirTV
4     トラブル
5     windows2000
6     インストール
7     ワイヤレスクライアントマネージャ
8     遅い
9     NEC
10    繋がらない
11    起動
12    筆王
13    サポートランキング
14    windows98
15    ノートパソコン
16    msconfig
17    ウイルスバスター
18    インターネット
19    ノートン
20    USB

“起動が遅い”はランキングには入っていましたが、一位は初めてですね。先週は特に“ウイルスバスター”や“ノートン”と一緒に検索されていたようなので、2006年度版の発売に合わせて更新や買い替えをされる方が多いのでしょうか?

年末恒例で“筆王”がランキングに入ってきました。“筆まめ”や“筆ぐるめ”はないのに筆王だけというのも不思議ですね。サポートの電話がつながりにくいのはどこもおなじように感じますが・・・。

AirTVがランクインしたのは、記事によるものでしょうか?年に1.2回忘れたころに遭遇しますので、毎回取扱説明書のお世話になりますが、何も見ないで設定しようとするとほぼ確実にハマリます。お客様がちゃんと説明書を保管していただいていることを祈るばかりです。

そろそろ原付バイクでの移動もつらい時期になってきました。私はメガネをかけているので、寒空の下バイクを飛ばして冷え切ったままお客様の家に入るとメガネが曇ったままなかなか復活しないので困ります。小さいお子さんには“うけ”がいいですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

USBが使えない。

本日のお客様、
NECのノートパソコン(WindowsMe)をご利用なのですが、USBメモリが使えないんだそうです。早速見せていただきましたが、USBメモリをポートに挿してもパソコンはまったく反応せず、マイコンピュータにも“リムーバブルディスク”は現れません。

デバイスマネージャを確認してみると、“USB大容量記憶装置デバイス”に緑色のバツ印がついています。“なんだこりゃ”初めて見ましたが、何とかしなくてはいけません。

念のため私のUSBメモリやポータブルハードディスクを繋いでみましたが当然のように反応なしです。もしかしてと思って、USB接続のLANアダプタを繋いでみましたがこれも反応なしです。2個あるポートのどちらもまったく反応しません。うーんこれはUSB自体がちゃんと動いていないみたいですね。

ここでお客様に詳しく聞いてみると、先月新しいパソコンを購入して、マイドキュメントのデータだけを古いパソコンから新しいパソコンに移そうと思って、USBメモリを使おうと思ったそうです。じゃあまずデータだけ取ってしまいましょうということで、いつも持ち歩いている1GBのSDカードとPCカードアダプタを使ってデータをバックアップしました。

これでちょっと気が楽になったので、いつもの“アクティブデスクトップ”の無効化、ディスプレイアダプタのアップデートを行ってちょっと落ち着いてきた感じなので、BIOSのアップデートをやってみました。

再起動を行うと、なにやら新しいデバイスを認識しています。さらに右下の時計が“0:00"になってしまっていますが、USBメモリを挿し込んでみると自動的にインストールが始まって無事認識されました。

なんだかよくわかりませんが、何とか使えるようになったので一応完了です。データは無事取れているので、時間があるときにリカバリをやってみますとのお話で、NECのWebサイトで最新版のデバイスドライバのダウンロードのやり方をご案内して終わりになりました。

結局緑色のバツ印が何だったのかよくわからないままですが、なんでもUSBに頼っているのも考え物ですね。今回はSDカードを持っていて助かりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

ついでのほうが・・・。

本日のお客様、
Bフレッツのマンションタイプをご利用されていて、先月パソコンを追加で購入されたのを機に、ご自分でブロードバンドルーターを設置されたそうですが、今回はプリンタをネットワーク接続したいということでご依頼いただきました。

パソコンはWindowsXPとWindowsMeのノートパソコンがそれぞれ一台ずつで、プリンタが一台です。パソコンはご主人と奥様がそれぞれ使われていて、今までプリンタは5メートルのUSBケーブルを使って接続していたものの、やはり使いにくかったそうです。

電器店に相談されてプリントサーバも購入されていたので、設定は簡単です。以前はIPアドレスを固定したり、ブロードバンドルーターの設定を変更したりしたものですが、最近はお客様と説明書を見ながら付属のCDを利用して10分ほどで終わりました。注意しなければいけないのはパーソナルファイヤーウォール位ですね。

お客様のほうからせっかくなのでついでにみてもらえますかということで、WindowsMeのパソコンがよく接続が切れたり不安定だそうです。

うーん、そっちのほうが大変かもしれませんね。などと言いながらパソコンを見せていただくと、予想通りフレッツ接続ツールがインストールされたままなので即削除です。さらにメモリは追加されているものの、ウイルスバスターは2004のままなので、2006に更新です。スパイウエアはないみたいなので、これくらいかと思っているとデスクトップに“DION接続ツール”がありました、いわゆるフレッツ接続ツールのDION版ですね。こちらはフレッツ接続ツールほど“たち”は悪くないはずなんですが、今後使わないことに変わりはないので削除してしまいました。前のお住まいがDIONの“光プラス”だったんだそうです。

PPPoE接続に関しては、各社から接続ツールが提供されていて、よくプロバイダの乗換えをする方はいくつもインストールしたままになっていて、不安定の原因になります。今回はWindowsMeなので、これだけで安定するのかは微妙ですが、しばらく様子を見ていただくことにしました。

DIONのPPPoEで思い出しましたが、DIONには“1.5M・PPPoE方式ADSLモデムUSB接続”っていうやつがあって、実際に見ると結構びっくりします。要するにISDNのTAみたいな繋ぎ方をするのですが、お客様も繋がらなくなって電器店で相談したら、『そんなADSLはありません、ISDNでしょ?』なんて言われたと怒ってました。(こちらに少し載ってます。)

最近は一般のご家庭でもパソコンを複数台使われているところが増えましたね。ブロードバンドルーターを使う方が増えているのはよいことだと思いますが、“誰でも簡単に使える”ところまではもう少しかかりそうな気がします(仕事もなくなりますし・・・。)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

今日は電話だけ。

今日は終日、自宅(仕事場)で事務処理とパソコンの入れ替え作業をしています。ーなので、今日一日電話で問い合わせがあったことを書いてみます。

まず、朝から先日JavaVXの件で伺ったお客様から・・・、

今度は“フラッシュ”がないとか言ってくるから言われるとおりにインストールしたのに動かないのよ。

JavaVXがないならフラッシュもないと考えておくべきでしたね、ごめんなさいということで、

インストールが終わったあと、InternetExplorerを一旦終了しました?

え?終了しないといけないの?・・・あっ!出た出た。

ーということで終了です。
毎日こんな簡単なトラブルばっかりだといいんですけどね。

何本か訪問時間の変更やら空きスケジュールの確認やら同業(たぶん)と思われる方からの探りの問い合わせやらの後、何ヶ月かに一度伺うといつも卵を頂戴するお客様から・・・、

長々と状況を説明されましたが、要するにいつも自分が使っているノートパソコン(WindowsXP)の他に、息子さんが使わなくなっておいて行ったデスクトップパソコン(WindowsXP)があって、そのデスクトップパソコンのOfficeの使用者名を変更したいということらしいです。

近くなのでいつもなら、『じゃあちょっと行きますよ』と言うところですが、今日はちょっと手が離せそうにないので、“Officeの救急隊”というフリーソフトをご案内することにしました。できるだけ仕事ではお客様にフリーソフトは案内していないのですが、パソコンの操作自体は問題がない方なので大丈夫だろうと思っていたら、30分後にちゃんとできたと電話をいただきました。今回は卵をもらい損ねました。

夕方近くなって、去年フレッツADSLからeAccessのADSLに変更したらご自分で組んでいた4台の家庭内LANがおかしくなってしまった件で伺ったお客様から・・・、

今度“玄箱”っていうやつがいいらしいから買おうと思うんだけど、あなた設定できる?

お客様のところですでに設定ができているのを何回か見たことありますけど、それって自分で組むのがいいんじゃないんですか?自分で組まないのなら“LinkStation”とかがいいと思いますけど・・・。

え?そうなの?、じゃあ一回自分でやってみるけど、たぶん呼ぶから勉強しておいてよ。

はい、わかりました。

ーということで、ちょうど自宅(仕事場)にもNASを入れようと思っていたし、いい機会なので私も“玄箱”を買うことにしました。お客様が買おうとしている機種は結構評価が真っ二つなのが少し気になりますが、でもそれが仕事なのでがんばって対応したいと思います。面白いことがあったらまたここに書きたいと思います。

一日家にいて、何も稼いでいないのになかなかゆっくりはさせてもらえないですね。電話はいつも全部携帯に転送してしまっているので、自宅の電話機で対応しているとなかなか新鮮でした。明日からまたがんばって稼いできたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

パソコン切換器

今日は元の勤め先の先輩からのお話です。私がやめた後同じように独立して会社組織にされています。
“パソコン自動切換器”を買ったそうなんですがうまくいかないらしいです。最近も何度か飲んだとこはあるのですが、事務所に伺ったことはなかったのでお邪魔することにしました。

切換して使いたいパソコンはショップブランドらしきWindowsXPマシンとNECのデスクトップ(WindowsXP)です。NECはいやな予感がするので背面を確認してみると予感的中、PS2のマウスポートがないタイプです。NECのデスクトップ機はマウスはキーボードに接続する形式なんですが、ある時期のモデルはキーボードは背面のPS2ポート(キーボード用)に繋がっているだけで、PS2のマウスポートが本体にありません。ーなので切換器から伸びているマウスケーブルを挿すところがないことになります。(最近のモデルはちゃんと両方ついています。)切換器のポートがUSBになっているケーブルも別売りでありますが、購入されているのはコレガのCG-PC2KVMSというケーブル一体型なので本体ごと買い換えなければなりませんから、それは何とか避けたいところです。

ーということで、今回はPS2-USB変換ケーブルを使うことにしました。

実は、この変換ケーブルは先月同じように自宅の4台用の切換器にノートパソコンを繋ごうとして見事に失敗した苦い経験があるので、今回は作業も慎重です。

まず、変換ケーブルに何も繋いでいない状態でUSBポートに変換ケーブルを挿してケーブルをパソコンに認識させます。(私はここで切換器を接続したままUSBを繋いだのでキーボードの認識がおかしくなってしまいました。)認識が終わると再起動を求められるのですが、再起動せずに一旦電源を切ります。ここで切換器・キーボード・マウスを繋ぎなおして電源を入れると無事動くようになりました。

今回改めてパッケージの裏面をよく見てみると、“まずマウスやキーボードを変換ケーブルに接続せずにUSBポートの認識を行ってください。”と書いてありました。ちゃんと見ないとダメですね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

ゲームができない。

昨日のお客様、
NECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用なのですが、インターネットでゲームができないとおっしゃいます。このお客様は昨年伺ったときはWindows98でISDN接続だったのですが、パソコンも回線も新しくされたようなので伺って確認してみることにしました。

パソコンはNECのPC-LL350DDで、YAHOO BBをご利用のようです。お客様は『YAHOOにも入ったらびっくりするくらい安かったのよ』とおっしゃいますが、最廉価グレードですから当たり前といえば当たり前です。いやいやこのパソコンではオンラインゲームは厳しいでしょうと思いながら問題のゲーム画面を開いていただくことにしました。

お客様はまずInternetExplorerを立ち上げて、最初に表示されたYahoo Japanのメインページからゲームをクリックして、Yahoo Gamesの中にある無料ゲームの“プロキシー”を指して、『これができなくて困ってるのよ』とおっしゃいます。

『これならこんなに新しいパソコンでできないわけがないでしょう?』と言いながらゲームをクリックして、ルームをクリックしてみますが、確かにゲームは表示されません。最近は少なくなりましたが、JPEG画像なんかが表示されないときによく出る小さくて赤いバツ印が出ているだけです。

これってフラッシュじゃなさそうな感じだしと思いながら、ゲームのヘルプを進んでいくとこんなところに行き着きました。

チャットはやらないとおっしゃいますので、書いてあるとおりにJavaVMをインストールして問題なくゲームはできるようになりました。最近の新しいパソコンはネットにつないだ状態で初期設定をしていると必ずJavaのアップデート画面が出てくるので、必ず最初からインストールされているのだと思っていましたが、訴訟とかそのあたりの関係で変わってしまったのでしょうか?なんだかよくわかりませんが、とりあえず解決です。パソコンはまだ買ったばかりなので、おまけでインストールされているウイルス対策ソフトの設定なんかも終わらせて作業終了となりました。

JavaVMって実はよくわかっていなくてWindowsが勝手にインストールしてくれるものだと思っていたのですが、違うんですね。実は今、自宅でMouseComputerのパソコンをセットアップしているのですが、やっぱりJavaVMはインストールされていませんでした。まだまだ覚えることがたくさんあって大変ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

こんなところに・・・。

アイ・オー、耐衝撃HDDにウイルスが混入

以前に携帯音楽プレイヤーにウイルスが混入していた記事を載せたことがありますが、こいうのって誰かが“悪意を持って、わざと”やっているのでしょうか?怖いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SP2にできない。

昨日のお客様、
VAIOのノートパソコン(WindowsXP)をご利用ですが、SP2にアップグレードが出来ないのだそうです。時間がかかりそうなのと、お仕事がお忙しくてなかなかご自宅にいらっしゃらないということで、お預かりして作業することになりました。

お客様のお話しによると、SP2にアップグレードしようとしてインストールをしていると、必ず途中でフリーズしてしまうとのことです。持ち帰って早速やってみましたが、確かにインストールを始めてから10分ほどでフリーズしてしまいます。

お客様のパソコンはPCG-FX55Zでいわゆる“無印”のWindowsXPです。直接SP2にアップグレードしても問題ないはずなので、ハードディスクやメモリのチェックをしたり付属の診断ツールを使って調べてみましたが問題なさそうです。

しばらく動かしていて気が付いたのですが、どうやらフリーズするのはアップデートのときだけではないようです。“イベントビューワ”を見てみてもなにやら怪しいログが残っていますし、と思っているうちに何も起動していない状態でもフリーズしてしまいました。

こういうときは、電源かディスプレイドライバを疑ってみるのがよさそうなので、SONYのサポートサイトから最新のディスプレイドライバとBIOSをダウンロードしてアップデートしてみました。

その後、チェックディスク・デフラグと進んで問題なさそうなので、少しパソコンを休ませてからSP2のインストール・・・、無事終わることが出来ました。

翌日の今日、MicrosoftUpdateをやってしまってからもう一度チェックディスクとデフラグをやってみましたが問題なさそうなので夕方にお届けする予定です。

デバイスのアップデートについてはこれまで何度か書いてきましたが、これほどあきらかに解決できたのは初めてですね。特にWindowsXPをご利用の方は“最新型”ですのでそのまま使っていて問題になるとは思わないでしょうからね。今回のVAIOはCPUがAMDなので電源の可能性もありますから、コンセントを挿す場所に付いても変えていただくようお願いする予定です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

先週の検索ワードランキング。

年末に向かって対応する件数も増えているので一週間がとても早いですね。アクセスのほうは“低め安定”になってきましたが、“ブックマーク”から来ていただく方の実数が増えていますので、それを励みにしてがんばって続けていきたいと思います。

先週の検索ワードランキング20位まではこんな感じになりました。

1    msconfig
2    windows2000
3    パソコンのサポートやってます
4    パソコン
5    繋がらない
6    Windows2000
7    遅い
8    windows98
9    usbメモリ
10   サポートランキング
11   ドライバ
12   サポート
13   汎用ドライバ
14   DELL
15   富士通
16   ウイルス
17   VAIO
18   LAN
19   ワード
20   無線LAN

“msconfig”と“Windows2000”の組み合わせも2週間続きましたが、これまでの経緯を見てみると大体2週間程度で特定のアクセスは収まってくるので、来週には少し変化がありそうです。でもこれほど“msconfig”が検索されているとは以外でした。

他では、“VAIO”がランクインしました。私のブログでもあえて“SONY”ではなく“VAIO”と書いているのですが、やっぱりメーカー名よりもブランド名が浸透しているということでしょうか。パソコンの分野では最近少しさびしくなっていますが、私も初代“VAIO505”を使っていたことがありますしがんばってもらいたいです。

年末に向けて仕事も立て込んできているのですが、自宅(仕事場)のパソコンの環境も年末に向けてずいぶん変える予定にしていまして、仕事に合間に資料を集めたり自作の師匠に意見を聞きに行ったりとどたばたしています。いつもそうですが、計画しているときが一番楽しいですね、うまくいったらここにも少し書きたいと思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

アドレス変えたら・・・。

本日のお客様、
NECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用なのですが、メールの送信だけができなくなったそうです。このような場合は、ほぼ間違いなくメールソフトの設定入力ミスなのですが、先週までは問題なく使えていたとおっしゃいますので、伺ってみることにしました。

早速見せていただくと、回線はYAHOO BBをご利用で設定は全部YAHOOから来た人にやってもらったそうです。当然そのときは問題なかったわけですね。では問題はいつから起こったかというと・・・。

メールソフト(OutlookExpress)を開いてみると、送信エラーが出ます、ご自分のメールアドレスが違うそうですよって、

『ご自分でメールアドレスの変更しました?』

『したわよ』

『じゃあ、ここのところのご自分のアドレスも変更しなくちゃいけませんね。』

『でもしばらくは前のアドレスも使えるって書いてあったわよ。』

惜しいです。でも前のアドレスを使っても問題にならないのは、相手から送ってもらう場合であって、自分のメールソフトの設定はすぐに変更しなければなりません。変更する場所は、自分のメールアドレス欄とメールアカウント欄です。今回のお客様も設定を変更して無事送信できるようになりました。

最近は迷惑メール対策で、いったん受信をしてからでないと送信メールサーバーにアクセスできなかったり、メールの送信についてはいろいろと制約があることが多くなっていて、今後はもっと厳しくなるのだと思います。プロバイダ各社がそれぞればらばらの対応をするのもひとつの対策なんでしょうかね、できれば統一してほしいものですが・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

不安定なのは・・・。

本日のお客様、
VAIOのノートパソコンをご利用で、最近よくフリーズしたり電源が落ちたりして不安定だそうです。別のお客様からの紹介ということもあり、一度伺ってみることにしました。

パソコンは購入当時WindowsMeだったそうですが、お勤め先でアップグレードしたほうがいいと言われてWindowsXPにしたそうです。

どうやらスパイウエアにやられたと思われたらしく、デスクトップ上にはフリーソフトのアイコンが並んでいます。

よくお聞きすると不安定になったのはそのアップグレードの後かららしいので、『アップグレードにあたってVAIOのWebサイトを確認されました?』とお聞きすると、そんなものはあることも知らないし、とりあえずアップグレード用のCDをインストールしただけとのおはなしです。

ーということで、VAIOのサポートサイトから、ディスプレイドライバとサウンドドライバをダウンロードしてインストールしました。再起動の後問題なさそうなので、BIOSもアップデートしてしまって作業終了です。

メモリは768MBに増設してノートンインターネットセキュリティも問題なく動いているので、ウイルスは大丈夫だということにしました。

その後、30分ほど雑談をしながらパソコンを操作してみましたが、問題なさそうなのでしばらく様子を見ていただくことにしました。

最近は“遅くなった”とか“不安定になった”というとすぐにウイルスやスパイウエアを疑ってしまいがちですが、それ以前に考えないといけないことも多いです。パソコンを購入されて2年以上経つ人は、新しいドライバがメーカーから提供されていないか確認されることをお勧めします。ディスプレイドライバとサウンドドライバは新しくすると随分よくなることが多いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

3,872

昨日の夜、後輩がパソコンを持ち込んできました。
友達のパソコンらしく、自作機でAOpenのマザーボードがついています。年代的にはWindows98の頃のもののようですが、起動しなくなってしまったので見てもらいたいとのことです。

ためしに電源を入れてみると、Windows2000とWindows98のデュアルブートらしくOS選択画面までは表示されますが、その後画面が真っ黒のままです。最近起動不良といえばWindowsXPだったので、違和感を感じながらもとりあえずはハードディスクのチェックをしてみることにしました。

ハードディスクはSeagateでしたので専用ツールでフルスキャンから修復まで進み、“CONGRATULATION!”が表示されたので、念のためもう一度フルスキャンをしてツールを終了しました。ここで再起動をしてみますが・・・、

起動しません。

ここで時間がかかりそうだからと後輩には帰ってもらうことにして、ゆっくりやることにしました。

問題のパソコンからハードディスクを取り出し、検証用のパソコンにつないで、まずチェックディスクをやってみましたが、問題なしです。次に別にいらないとは言っていたものの、マイドキュメントだけでも取っておいてやるかと思ってドライブを開いてみると・・・、ウイルスの警告が出ました。

おいおいウイルスかよっとか思ってそれぞれのドライブ(どうやらCにWindows98、DにWindows2000みたいです)でウイルスバスターでウイルスチェックをかけてみたところ、見つかったウイルスは、PE.VALLA_AとVBS.REDLOF_A-2、VBS.REDLOF_A-1、VBS.REDLOF_AGENの4種類ですが、感染ファイル数はなんと3,872個でした。別に記録をとっているわけではないですが、新記録かもしれません。

それぞれのドライブのマイドキュメントだけを保存して、念のためデフラグもやった上でハードディスクを元に戻すと、Windows98は無事起動です。Windows2000はまだ起動しませんが、『システムCDを使用して修正セットアップをしてください。』のメッセージが出るようになりました。ウイルスバスターのホームページに

マシンの起動時にプログラムが実行されるように、レジストリの改変が行われます。また、マシンを起動する為に必要なシステムファイル"Kernel32.dll"を上書きし、マシンの起動ができなくなる場合もあります。

ーの記述がありましたので、それかもしれません。

ここで後輩に連絡して本人に連絡を取ってもらうと、『OSのCDは自宅に持っていて、修正セットアップはやったことがありますので自分でやってみます』とのこと、作業はここまでにして引き取ってもらうことにしました。

自作機でWindows98とWindows2000のデュアルブートのパソコンを使っている人(サポートを頼むレベルの人)は、ほとんどといっていいくらいOSのCDを持っていません。(つまり他人のCDを使っている、もしくは他人に組んでもらって内容はよくわかっていない。)今回も多分そうだろうと思っていやみのひとつも言ってやろうかと思いましたが(後輩だし、)、肩透かしでした。しかしウイルスが3,872とは・・・、夜中に引き取りに来た後輩の友達にウイルス対策ソフトの件とハードディスクは近々に交換したほうがいいと伝えて、料金も“気持ちだけ”いただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

無線ユーティリティ

本日のお客様、
NECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用で、インターネットに繋がらなくなったそうです。伺って見せていただくと、なにやら見覚えがある機種です。やはりAirTVとのセットモデルでした。

AirTVについて少し書いておくと、ちょうどブロードバンドルーターのような形・大きさの“AirTV本体”にアンテナ線とブロードバンド回線(LANケーブル)を接続しておけば、ワイヤレスでテレビやインターネットが楽しめるというものです。無線の規格は“IEEE802.11a”なので間に障害物があったりすると接続が難しくなります。隣の部屋でも同じです。アクセスポイント機能だけでルーター機能はありませんが、192.168.0.***のIPアドレスが最初から設定されています。(ルーター機能付きのADSLモデムやブロードバンドルーターと接続するときは、このあたりに注意が必要です。)

昨日からNECとプロバイダ(@nifty)のフリーダイヤルでたっぷり問い合わせはしてあるらしいので、ウイルスやファイヤーウォールが原因ではないらしいです。一応信用することにして、AirTV抜きにして有線でつなぐと問題なく接続できます。どうやら問題はAirTVらしいので、コントロールパネルから“ワイヤレスネットワーク接続”のプロパティを開いてみました。

AirTVは本来NECの無線ユーティリティである“ワイヤレスクライアントマネージャ”を使って接続を行う仕組みになっていますが、お客様のパソコンはWindowsの機能でワイヤレス接続を行うようになっています。お客様はよくわからないとおっしゃっていますが、このあたりが怪しいです。

“ワイヤレスクライアントマネージャ”はWindowsXPのSP2が出た後新しいバージョンが出ていますので、バージョンアップして接続をもう一度やり直してみると問題なく接続できるようになりました。

2年程前までは、各社から提供されている無線接続用のユーティリティはあまり出来がよくなくて、WindowsXPの場合はWindowsの機能を使って無線の接続を設定したほうがうまくいきましたが、最近は随分と改善されてWindowsの機能で接続するよりも、“安定して早く”接続が出来るようになっている事が多いです。特にNECや富士通などの無線LAN内蔵モデルでのユーティリティがプリインストールされている場合は、多少面倒でもそちらを使ったほうが後々問題になる事が少ないです。(メーカーの自動アップデート機能で優先するユーティリティが替わってしまうことがあるので・・・。)

今回は接続と切断を繰り返しているうちに、何度かAirTVが“見えなくなる”ことがあり、AirTV本体も何かおかしくなっている可能性があるので少し様子を見ていただくことにしました。無線のトラブルはやっぱり“見てみないとわからない”ですね。NECと@niftyで電話対応された方は本当にご苦労様ですって感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

表示しないだけで・・・。

本日のお客様、
Gatewayのデスクトップパソコン(Windows98)をご利用なのですが、リカバリが途中で止まってしまうのだそうです。『そりゃあハードディスクでしょう』などと思いながらお伺いすることにしました。

お客様のパソコンはデスクトップタイプといっても一体型で、設置屋をやっていたときにカバーのはずし方がわからなくて半泣きになりながらLANボードを取り付けたことがある思い出深いタイプでもあります。『ハードディスクの交換になったら絶対に預かってしまおう。』と勝手なことを考えながら、“途中で止まってしまう”とおっしゃるリカバリを一度やっていただくことにしました。

Windows98の時代ですから、リカバリはCD-ROMで行います。起動用のフロッピーを使って起動した後、システムCD(たぶんWindows98そのもの)でリカバリというより再インストールを行って、うまくいったらドライバCDでデバイスのインストールを行う形です。リカバリの形式にはいろいろありますが、個人的には一番好きな形です。

起動用のフロッピーを入れて立ち上げると、“システムCDを挿入してenterを押してください”と表示されますので、そのとおりにして“enter”・・・、dosの画面がいったん消えてWindows98のインストール画面が現れるはずなんですが、画面は真っ黒のままです。『何回やってもここで止まってしまうんですよ』とお客様はおっしゃいます。

ハードディスクなどに問題があると、何らかのエラーメッセージが出るはずです。画面は相変わらず真っ黒のままですが、電源のパイロットランプはしっかり点灯しています。ためしに“enter”キーを押してみるとハードディスクのアクセスランプが点滅します。一体型なのでうまく確認できませんが、どうやら本体は正常に動いていてディスプレイの信号だけがモニタにまで届いていないようです。

すでに開いていた取扱説明書で確認すると、Windows98のインストールの確認画面になっているはずなので、“enter”をゆっくり3回押下するとハードディスクのアクセスランプが激しく点滅を始めたのでうまくインストールが開始できたようです。

40分ほどでインストールが終了したようなので、もう一度“enter”を押下してみると、見事に再起動を開始してモニタも表示されました。作業をドライバCDに移して残りの作業は順調に進みました。

一体型の場合は接続がどうなっているかがわかりにくいので原因ははっきりしないのですが、モニタ側で“読めるはず”の信号が読み取れなくなっていたのだと思います。購入当初はそうではなかったはずですから、何か不具合が起こっているのかもしれませんが、よくわからないのでしばらく様子を見ていただくことにしました。お客様にまたリカバリしても多分同じ症状だと思いますとお伝えしましたが、『また呼ぶからよろしくね』とのこと、こちらこそよろしくお願いします。リカバリするより先に他の部品がどうにかなってしまうかもしれませんが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年11月15日 (火)

本体でなくて。

本日のお客様、
富士通のノートパソコン(WindowsXP)をご利用のお客様で、ご自分でバックアップを取ってリカバリをしたそうなのですが、バックアップから元に戻しても開くことができないファイルがあるそうです。朝から伺ってきました。

お客様によると、マイドキュメントとデスクトップのファイルを一旦Dドライブに保存をして、Cドライブのみをリカバリしたそうです。すべてのリカバリが終わってからDドライブからデスクトップとマイドキュメントにファイルをそれぞれ戻したそうなのですが、デスクトップにあったはずのファイルで開かないファイルがあるそうです。

見せていただくと、デスクトップにワードのファイルが並んでいますが、中にいくつかファイル名がおかしなアイコンがあります。お客様は“ファイル名が文字化けしている”とおっしゃいますが、おかしいのは最初の文字だけで、“$”こんな文字に変わってしまっています。

バックアップを何度かしたことがある方はもうお分かりだと思いますが、これは元々ショートカットアイコンだったものです。(ファイルの大きさが1KBしかないのですぐにわかります。)ドライブを越えて移動したことでリンク先情報が壊れてしまったのでしょう。(リカバリしてしまっているのでリンク先はもうありませんが・・・。)

お客様に状況を説明して、“本体がどこかにあるはずですよ。”と言いながらファイルを探すと、マイドキュメントの中にすべてのファイルがありました。

あっという間に終わってしまって申し訳ないので、DドライブにバックアップしてあるファイルをCDに焼いたり、今回断念されたメールのアドレス帳や本文のバックアップの取り方をご案内して終了となりました。

今回のトラブルもパソコンに詳しいお知り合いに聞きながらバックアップからリカバリまでやってしまわれたようですが、“惜しい”というか“あと一歩”というか結局中途半端(よくお聞きするとメールのデータは残したかったそうですし・・・。)になってしまったように思います。もっと多くの方に知ってもらえるようにがんばらないといけないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

先週の検索ワードランキング。

今週も先週と同じ形式で進めたいと思いますが、内容はずいぶんと変わってしまいました。先々週はGoogleの検索からいらっしゃる方が一時的に増えた結果だと思われるので、“元に戻った”と言う表現のほうが近いかもしれません。

20位までの結果は下の通りです。

1  msconfig
2  windows2000
3  ソフト
4  パソコン
5  書き込み
6  遅い
7  DVD
8  繋がらない
9  Windows2000
10 リカバリ
11 パソコンのサポートやってます
12 フリーソフト
13 トラブル
14 NEC
15 起動
16 ハードディスクリカバリ
17 ネットワーク
18 タッチパッドを無効
19 キャノン
20 windows98

msconfig(1)はWindows2000(2)(9)と一緒に検索されているので、記事が検索にヒットしていると思うとうれしいです。ご家庭ではWindows2000を使われている方が少ないことと、先週は土日にアクセスが急に減ったことを考えると、お勤め先からのアクセスが多いということでしょうね。。ココログのアクセス解析では大文字と小文字が別に認識されているのも改めてよくわかりましたけど・・・。

“遅い”は“起動”と、“繋がらない”は“ネットワーク”と一緒に検索されていることが多いですが、このあたりはもう定番になってきましたね。特に“起動が遅い”に関しては、実際にトラブルが原因で起動が遅くなっている人は実はそれほど多くないと思っているのですがどうなんでしょうね。自分のお客様には、電源を入れてパソコンの前でじっと待っているのは精神衛生上よくないので、『電源を入れてからゆっくりトイレに言ったりお茶を入れたりしてください。』といつもご説明しています。量販店でメーカー製のパソコンを購入されている方はプリインストールのウイルス対策ソフトを変えるだけでずいぶん変わることもありますしね。

他では、やはり自分のブログタイトルがランキングに入ってきたのはうれしいですね。最近は調べていないですが、たぶんこのタイトルで検索してもらうと、だいたい一番上とか上位のほうで検索結果が出ます。多くの方は私のブログに来るために検索していただいたんだと思いたいんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

操作はできる。

今日は電器店でサポートです。
朝から『何もしていないのに急にインターネットに繋がらなくなった。』といって何度も電話を頂いたお客様は、結局ADSLモデムのリンクランプが点灯していないことがわかったので、モデムの電源を切ってケーブルを全部はずして電源の入れなおしをして解決しない場合はプロバイダに連絡していただくことにしました。そのあたりは電器店としての限界です、自分のお客様ならすぐに行ってあげるんですけどね、もちろん有料ですが・・・。

お昼前にいらっしゃったお客様、
まず自分はパソコンは昔から使っていて、操作は問題なくできるとわざわざ前置きした上で、先月新しく購入したパソコンとプリンタで印刷ができないとおっしゃいます。まずプリンタドライバやユーティティのインストールについてお聞きすると、それは問題なくできているそうです。

ではどういうときに印刷ができないんですか?

いや、印刷してみたことがないから、

ワープロですか?

そうそう。

(店のパソコンでWordを起動して)
どんなソフトでもなんですけど、
いきなり印刷せずにまず印刷プレビューで確認してですね、
問題なかったら、印刷メニューを出して、
プリンタとか、枚数を確認します。

A4じゃなくてはがきに印刷するんだけど、

はがきですか?
年賀状ソフトじゃなくてワープロでですか?

そうそう、筆王。

筆王ですか?ワープロじゃなくて筆王ですね。

買ったパソコンに筆ぐるめしかなかったから、
先週筆王を買ったんだよ。

(筆王を起動して)
では筆王でどのあたりまで進まれているんですか?

いや、その画面は見たことないけど・・・、

(筆王のパッケージを出して)
筆王ってこれですけど。

そうそう、これこれ。

インストールはされているんですよね?

インストールって?

この箱の中にCD-ROMは入ってましたよね?

中は見てないけど。

ーということで、まず筆王のインストール方法のご説明をして一度やってみていただくことになりました。最初に“印刷ができない”とおっしゃっていたのはなんだったのか、なんだかまったくわかりません。“操作はできる”と何度も繰り返しおっしゃいますので、そこにはあえて突っ込まないようにしましたが、大丈夫なんでしょうか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

無理と言うより・・・。

今週は中盤からずっと法人の仕事をしていたので、実はネタが全くありません。こんなに続くとは思っていなかったとかいいわけをしても仕様が無いので、今日までに電話で問い合わせを頂いた話を少し書きます。

最初はお客様ではなくて、年下の飲み友達から・・・。
昨年購入したノートパソコンを質屋さんに預けていたそうなのですが、3週間ほどで引き取っては来たものの、どうも使われていたような気がするとのこと、それを調べる方法は無いかとのことです。

“最近使ったファイル”なんかは簡単に消せますし、とりあえず“マイコンピュータ”を右クリック-“管理”をクリックして“イベントビューア”のなかのログを確認してもらうことにしました。たぶん正式な方法では無いと思うのですが、電話で急に言われてもということで、その後どうなったのかはよくわかりません。大体質屋さんの仕組みもよくわかって無いですし・・・。

次もお客様ではなくて、勤めていたときの取引様から・・・。
私と同じ時期に同じく会社を辞めて独立していて、最初の内は“おいしいけれどやばそうな仕事”をずいぶん紹介されましたが、私はのんびりやりたかったのでずるずる引き延ばしているうちに最近はご無沙汰になっていました。

電話の内容は、指紋認証でロックされているノートパソコンをなんとか起動させる方法は無いかとのことです。いやいやそれはいつもにも増してやばそうです。そのあたりの問い合わせにはいつも『開けないようにロックしてあるわけですから、無理です。』とお答えしているので、今回も丁重にお断りをしました。やっぱり怖いですよね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

USB-シリアル。

今日は私の話です。
現場に持っていくノートパソコンは、セキュリティのためデータを入れておくことができないので、現場で検証用に使う他には怪しそうなフリーソフトをインストールしてみるためにいつも使います。そんなわけでいつも3ヶ月ぐらいでリカバリをする羽目になるのですが、そんなリカバリをしたばかりの先週のことです。

法人向けの仕事ではteratermというソフトを使うのですが、私のノートパソコンにはシリアルポートが無いのでいつもUSB-シリアルの変換ケーブル(エレコムのUC-SGT)を使用しています。リカバリをした後は仕事で使うときのためにドライバをインストールしておく必要があります。

ここでいつも面倒なのが、普通にインストールをすると変換ケーブルが“COM8"あたりに割り当てられるのですが、teratermは通常では"COM4"までしか認識しないので、設定を変更しなければなりません。これまでは“ProgramFiles”からteratermの設定ファイルを開いてCOMポートの設定を変更していたのですが、仕事仲間からエレコムのWebサイトに変換用のユーティリティがあると聞いたので、今回はそれを使ってみることにしました。

ダウンロードからインストールまで問題なく終わり、念のため再起動して“すべてのプログラム”から開きました。

おや?

画面には何も現れません。念のためもう一度やってみてもだめですし、タスクマネージャにもなにも表示されません。なんだかわからないので“read me”を確認してみると・・・、

「SetCom25」は、実行するとタスクトレイに常駐します。
タスクトレイ上のアイコンを左ボタンでダブルクリックすると
設定画面が開きます。

なんだよそれ、とか思いながら無事起動して、設定も変更終りました。せっかくなので“read me”を最後までよく読んでみると・・・、

Windows98/Meにおいては、正常に動作しない場合があります。
Windows2000/XPのデバイスマネージャ上では、
デバイス名に付くCOMポートの番号は、本ツールで変更した後も
変更後の番号が反映されません。
これはWindows上の仕様です。
変更後のCOMポートを確認するには「SetCom25」の設定画面を
ご利用ください。

ーなんだそうです。あんまり使って欲しく無いってことでしょうか・・・。COMポートの変更ができるのは確かに便利なんですが、多分そんな機会が今後あるようには思えないので、このまま使わなくなってしまうのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ウイルス対策ソフト。

今日はもともと予定していた仕事が延期になってしまったので仕事部屋の片付けなどをしています。

たいてい片付けなどをすると思わぬものが出てきたりして、じゃあ今日はこれをネタになんてことになるのですが、よく考えてみると先月大幅に模様替えをしたばかりで思わぬものなど出てくるはずもなく、普通の掃除になってしまいました。

そこで本当は来月に書こうと思っていたウイルス対策ソフトの2006年版について書いてみます。それぞれ少し使ってみてからと思っていたのですが、とりあえずカタログからの印象を中心に書いておきます。

ノートン、
2006年版もInternetSecurity、AntiVirus、PersonalFirewallの3本立てですが、とうとうWindows98/Meには非対応になってしまいました。Windows98/Me用に2005が同梱されているようなんですが、やっぱり間違って買う人はいるでしょうね。内容はスパイウエアとフィッシング対策が強化されたりしていますが、アイコンもメニューも全体的には大きくは変わっていないように感じます。後は使ってみないとわかりませんね。“強力だけど重い”のは変わらないと思いますけど・・・。

ウイルスバスター、
相変わらす総合対策ソフト1種類です。2005がInternetExplorer6.0でないとインストールできなかったことにクレームが多かったのか、2006では5.5SP2以上になっています。通知領域のアイコンが従来の稲妻マークから薬のカプセルに変わりました。メニューは毎年少しずつ変わっていますが2006はますますマンガチックになっています。こちらもスパイウエアとフィッシング対策が強化されているようですが、このあたりはよくわかりません。ファイヤーウォールの警告が表示されないところが初心者向きでもあり、ヘビーユーザーには物足りないと感じられるところなのは変わらないと思います。

マカフィー、
こちらも2005と同じインターネットセキュリティスイートとウイルススキャンの2本立てです。上の2社と大きく変わるところは、年度版の更新を毎日のアップデートの中でやってしまう点です。なので2004年度版(90日有効)がプリインストールされているパソコンをリカバリしてアップデートすると2006年版になっています。なのでわざわざ2006年版と分ける必要があるのか少し疑問ですが、スパイウエア対策などが強化されている模様です。私はA4のノートパソコンを1年に3-4回リカバリをかけるので、マカフィーがいつも最新版ですが、新しいバージョンは少し軽くなった感じがします、“軽いマカフィー”か少し復活したのかもしれません。

その他、
ウイルスセキュリティは2006がまだ発売されていないのでまだよくわかりません、AhnLabのV3ウイルスブロックは2005では2,980円という価格と最低メモリ32MB、Windows95対応が目を引きましたが、2006年度版では同じ2,980円ですがメモリ64MB、Windows98以降対応に変わってしまいました。今年インストールや削除がうまくできなくてトラブルが発生していたのは修正されていると期待したいところですが、少し中途半端になってしまいましたね。

本当はウイルスセキュリティが発売になってから書こうと思っていたのですが、ネタがなくてとりあえずの速報版になってしまいました。少し使ってからの感想はまた後日書きたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年11月 9日 (水)

向きによって切断する。

本日のお客様、
VAIOのデスクトップパソコン(WindowsXP)をご利用で、リカバリを自分でおやりになってプリンタの接続までやったそうですが、どうも以前と使い勝手が違うので見て欲しいとの事です。このお客様は前回伺ったときもメールの設定はちゃんとできているのに、メモに控えていた自分のメールアドレスを間違えていたために送受信がおかしくなってしまっていたという“惜しい”人です。近所なので朝から伺ってきました。

パソコンを見せていただくと、リカバリの直後らしいさっぱりした場面です。コントロールパネルからプリンタ(エプソンPM-860PT)のプロパティを開いてみると、“プリンタウインドウ3”の欄がグレーアウトしています。お聞きしてみると、リカバリして周辺機器のドライバをインストールするときは、ネットから最新版をダウンロードしたほうがよいとパソコン教室の先生から言われたのだそうです。

うーん、今回も“惜しい”です。ここ何年かのプリンタはCDからインストール作業を行うと、ドライバの他にたくさんの関連ソフトをインストールするようになっていて、エプソンの場合はドライバの他に最低でも“プリンタウインドウ3”というソフトをインストールしないと、インクの残量が表示されなかったりします。このあたりは“キャノン派”の方にはなかなかわからないでしょうね。今回はWebページを印刷することもあるというお話でしたので、“Web To Page”も一緒にインストールをして使い方のご説明まで終りました。

今回も簡単に終ってしまって申し訳ないなと思っていると、ADSLのモデム(NECアクセステクニカ製スプリッタ内蔵)がテープで床に固定されています。どうしたんですかとお聞きすると、“その向きで置いておかないと切断してしまう”のだそうです。そんなばかなとテープを外してモデムを持ち上げてみると、確かにADSLランプが点滅を始めて切断してしまいました。

ん?

モデムを持ち上げただけなのに回線側の電話線が外れてしまいました。よく見ると電話線のモジュラージャックのプラグの“ツメ”が折れてしまっています。モデムの角度を変えると、電話線が引っ張られてモデムの差込口からモジュラージャックのプラグが浮いてしまうのでした。では電話線の交換かと思ってたどって見ると、たぶん元々電話の差込口があったであろう位置からモールで電話線が延ばされていて、先がモジュラージャックのプラグになっています。モールを全部外すのも大変ですし、ローゼットを家まで取りに帰るまでもないだろうということで、モジュラージャックのプラグだけ新しいものと交換してしまって解決です。(一応デジタル3種持っています。)

LANケーブルもそうなんですが、プラグのツメが折れてしまったまま使っている方は結構いらっしゃいますね。そのままにしていてもろくなことは無いので早めの交換をお勧めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

そろそろ年末モード。

今日は電器店です。
朝から起動不良や本体内部から音がするなどハードディスクが原因だと思われるもの2件、今月に入ってから結構な勢いでハードディスクのトラブルが増えています。やっぱり気温など関係するのでしょうか?

午後からはいわゆる“質問おじさん”の登場です。
このブログに登場するのは初めてですが、なかなか手ごわいお客様で、一昨年私が初めて応対したときは“ブロードバンドルーターとハブの違い”を30分にわたって説明させられた上に、『要するに、LANの口がいくつもついているやつがルーターやってことやね』とまとめられてさすがにすっかり力が抜けました。よっぽど私の説明が悪かったのかと思って、いつもここでサポートをしているメインの人に聞くと、いつもそんな調子らしく、要するに“質問すること”が目的になってしまっていて答えはどうでもよいのだそうです。ちなみにWindowsXP発売当時のパソコンを一応持っているらしいのですが、インターネットはやっていないはずだというお話でした。今日のお題は、“パソコン用のDVD-Rとビデオ用DVD-Rはどこが違うのかというものです。忙しいときには邪魔なだけですが、そのあたりはちゃんと心得ていて、暇そうなときを見計らっていらっしゃるので、いつものように30分ほど説明させていただきましたが、ご理解いただけたかはいつものようによくわかりません。

その後、年賀状関連のお問い合わせが続けて2件です。この時期は毎年恒例で“久しぶりにプリンタを使ってみたら色がおかしい”の問い合わせに同じ答えを連発することになります。今日は2件とも、“それほどきれいに印刷できない”というもので、最初の方はプリンタヘッドの交換、次の方はインクジェットはがきでも光沢の写真用紙のようには印刷できないのでとご案内することになりました。最近はL版の写真用紙が“超光沢”とかいってずいぶんきれいにプリントできるようになっていますから、インクジェット用のはがきと比べられるとつらいでしょうね。私の住んでいる地域では光沢の写真用年賀はがきは発売してすぐに売切れてしまって、光沢のはがき用紙に年賀用の切手を貼るぐらいしか選択肢がないので、ご検討をお願いしました。

年賀状ソフトの問い合わせが増えるとそろそろ店でも年末モードに入ってきた感じがします。(といっても平日は10-15件くらいですけど・・・。)あとは去年のSasserや一昨年のBlasterみたいなことがないように祈るばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

先週の検索ワードランキング。

前回の予想通り、ランキング上位に変動がなくこの傾向は今後も続くと思われるので、検索ワードの1位にこだわることなくランキングを見て感想などを書かせていただければと思います。今週は試しに20位まで載せてみます。

順位  検索ワード
1    パソコン
2    トラブル
3    リカバリ
4    DVD
5    ソフト
6    富士通
7    書き込み
8    リカバリー
9    パスワード
10    ノートパソコン
11    DELL
12    WindowsXP
13    windows98
14    CD
15    キーボード
16    消去
17    言語バー
18    書き込めない
19    繋がらない
20    USB

1位の“パソコン”は1位以下を二倍以上引き離しています。多くの方は三つ程度のフレーズを組み合わせて検索されますので、その中に“パソコン”という言葉が含まれているのはこのブログの内容から考えても当たり前と言えば当たり前なのですが、先々週までのYahooからいらっしゃる方が多かったときには“USBマスストレージクラス”や“検索履歴の消去”に関連する言葉が上位を占めていたのに、Googleからいらっしゃる方が増えたとたんに“パソコン”が群を抜いて多くなるのも面白いですね。

全くの初心者ではない、ある程度パソコンの操作ができる人がWebでの検索を利用されるのだと思っているのですが、パソコンメーカーでは“日経2005年版パソコンメーカーサポートランキング”のなかで“電話サポートのつながりやすさ”第10位の富士通と第8位のDELLがランキングに入っているのも興味深いです。電話して繋がらないからネットで検索するというスタイルなんでしょうか?

WindowsXPとWindows98が並んでいるのも面白いですが、WindowsXPは“できない”や“繋がらない”などの言葉と一緒に検索されることが多く、Windows98はランキングでは定番の“USBマスストレージクラス”にかかわる言葉と一緒に検索されています。Windows98のパソコンに一度インストールしておけば、その後USBマスストレージクラスの機器を自由に使うことができる“汎用ドライバ”を探している人が多いようで、ここ何ヶ月かずっとランキングの上位に並んでいます。検索され続けているということは“やっぱりない”んじゃ無いかと思っているんですが、実際はどうなんでしょうね。

さすがに20位まで載せると書くことがありますね。来週もこれで行こうかとは思っているのですが、昨日あたりから“リンク元”の様子がまた変わってきているので、また方針転換しないといけないかも知れません・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

熱中しすぎです。

本日のお客様、
NECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用で、カセットテープの音源をCDに録音していたら、エラーが出てその後使えなくなったので見てほしいとの事です。またもや苦手分野ですが、昨年パソコンを買い換えられて以来のお電話で、近くだったのでまず伺ってみることにしました。

カセットテープ(DAT)をCDに変換しようと思ってNECのフリーダイヤルに電話して聞いてみると、もともとインストールされているアプリケーションの“BeatJam”を使ってできますよといわれたので、昨日の夜から今朝まで続けて作業していたそうです。朝になってさすがにきつくなってきたので、そろそろやめようと思ってアプリケーションを終了しようとしたそうですが、“ご迷惑をおかけします・・・。”のメッセージと共にパソコンが操作不能になったので、電源ボタンの長押しでパソコンの電源を切った後お電話を頂いた模様です。

早速見せていただこうと思って、電源を入れて操作していただきましたが問題なさそうです。もともとパソコンの操作自体はちゃんとできる方ですので、試しにもう一度テープの取り込みからCDに書き込むところまでやっていただきましたがスムーズに進みます。このパソコンはインターネットにつないでいなくて、他のパソコンとファイルのやり取りもされていないそうなのでウイルスやスパイウエアの可能性もなさそうです。

ここで改めてパソコンの周りをよく見てみると、昨日から熱中されていた様子を物語るように大量のテープとCDと曲名を入力するのに使ったと思われるメモが山積みになっています。

作業の後半は続けて何枚もCDの書き込みをされていたそうなので、やっぱり熱でしょうかねということで、パソコンの周りを片付けてしばらく様子を見ていただくことにしました。

お客様はもうすぐ70歳になられるのですが、朝まで熱中して没頭できることがあるとはなんともうらやましいです。私は何もお役に立てなかったばかりか“BeatJam”の使い方まで教えてもらってちょっと申し訳なかったですね。(料金はちゃんと頂きましたが・・・、あと卵も。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月 5日 (土)

管理画面が開かない。

今日は朝の内に法人の現場作業が終って後はお休みです。
ネタが無いので先日我が家でのトラブルを書いてみます。
Bフレッツのファミリー100にIP電話アダプタというのを使っているのですが、先月からこのIP電話アダプタのファームウエアをバージョンアップしてくださいというお知らせが来ていましたので、先週時間があったときにやってみました。

作業はそれほど大変ではありません、年に何度かやっている作業ですし、お客様のところでも何回も作業しています。まず自分のパソコンから伸びているLANケーブルをブロードバンドルーターから外して、IP電話アダプタのLANポートに接続します。

次にコマンドプロンプトを開いて、IPアドレスを取り直し、IPアドレスが〔192.168.100.XXX〕に変わっているのを確認して、InternetExplorerを起動。アドレス欄にIP電話アダプタのアドレスである〔192.168.100.1〕を入力して“移動”をクリックします。

おや?

ステータスバーに“開いています”と出たまま画面には何も表示されません。なんだろうと思いつつ、パソコンの再起動、インターネット一時ファイルの削除、IP電話アダプタの再起動までやってみましたが、状況は全く変わりません。

確か、前回アダプタの設定画面を開いたのは今年の春ごろで・・・、などと考えているうちに一箇所だけ前回から変わっていることを思い出しました。確か“MSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ”をインストールしてInternetExplorerをタブブラウザ化したのは夏ごろだった気がします。

まさかと思いながら、とりあえずInternetExplorerを起動して、“表示”-“ツールバー”から“MSNサーチツールバー”のチェックを外してタブを使わなくしてみました。

すると、何事もなかったように管理画面が表示されてファームウエアをアップデートすることができました。

ではツールバーに問題があるのかと思って、WindowsXPのノートパソコンを取り出して、同じようにタブをオンにして管理画面を開くと問題なく開きます。ついでに問題のメインマシンからタブをオンにしてブロードバンドルーターの管理画面を開くとこれまた問題なく開きます。どうやらWindows2000のメインマシンからIP電話アダプタの管理画面を開こうとしたときだけ問題となるようです。なんだか全くわかりません。

NTTのIP電話アダプタはなかなかお客様のところでもお目にかかることが無いうえに、IEをタブブラウザで使っている人も少ないので、こんな経験が役に立つのかどうかよくわかりませんが、やっぱりそろそろメインマシンもXPにしろよってことかなと思っていま検討中です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

平日のいろいろ。

今日は電器店でのサポートです。
ー特に平日は小ネタ連発です。

最初のお客様、
最近退職されたばかりのようなお年の男性です。
VAIOのデスクトップ機(WindowsXP)の本体のみを抱えていらっしゃいました。
店にあるモニタとマウス・キーボードに繋いで電源を入れてみると、モニタには壁紙だけが表示されてアイコンがありません。

お聞きしてみると、どうやら昨日遊びに来ていたお孫さんにいたずらされたそうです。これは簡単です、モニタ上で右クリック-アイコンの整列-デスクトップアイコンの表示を確認して、チェックマークが付いていなければ、クリックすると10秒ほどでアイコンが表示されます。

午前中は余裕があるので、他に言語バーの表示・非表示の切替や“送る”-“デスクトップ(ショートカットを作成)”などをご案内しました。最近は学校にもパソコンがあるのでこんないたずらがはやっているのでしょうか?どうせならInternetExplorerのスクリーンショットを背景に貼り付けるぐらいまでやってもらいたいですけどね・・・。(昔、店の展示機にやられたことがありまして・・・。)

次のお客様、
中国からの留学生らしき学生さんです。
NECのノートパソコン(WindowsXP)を持ち込まれたのですが、昨日から急に電源を入れると内部からコチコチ音がするそうです。電源入れてみましたが、確かに音がします、どうやらハードディスクのような気がします。

データのバックアップは取ってますか?・・・Yes.
5年保障に入ってますか?・・・Yes.
2週間程度お時間を頂いてもかまいませんか?・・・Yes.

ーで修理決定です。ハードディスクは長期補償の対象にならない販売店もあるらしいですよ、などと話をしながら詳しい受付のために修理受付カウンターにご案内です。

後の時間は、プリンタのヘッドクリーニングのやり方だとか印刷待ちドキュメントの取り消しの方法なんかをご案内して午前中は終わりです。午後からはLANケーブルの種類(線が4本と8本の違いについて・・・。)についてのご案内とスキャナのインストールがうまくいかない問い合わせのご案内(削除ツールで一旦削除をしてからインストールのやり直しで解決。)が終るとお客様が途切れたので、先週から新しくなった店内用のYahooBBのモデムをいろいろ触って遊んでいます。今年から有線接続でもNATが利用できるようになっているのは知っていたのですが、今度店にやってきた3GモデムはLANポートが4つ付いています。こんなにどんどん変わるとついていくのが大変ですね。

平日は大体今ぐらいの時間帯が暇なので休憩をもらいながらブログを書いたりしています。夕方からまたお客様が増えるのであとひとがんばりです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

無線LANアダプタ。

本日のお客様、
VAIOのノートパソコン(WindowsMe)をご利用で、バッファローのUSBタイプの無線LANアダプタがうまくインストールできないのだそうです。もともとコレガの無線LANを親子セットでご利用になっていたところに今回のノートパソコンを友達からもらったので、バッファローの無線LANアダプタを追加で購入されたそうです。ご自分で何度もインストールと削除をしてみたそうで、ご自宅のデスク上にはなにやら格闘のあとが伺えます。

お伺いした時点ではいったん削除されていましたので、“インストールできない”状況の再現のために私がもう一度インストールをやってみることにしました。

まず、無線LANアダプタはUSBポートにつながったままになっていますが、気にせずCD-ROMからドライバのインストールをはじめます。ドライバのインストールが終わるとそのまま“クライアントマネージャ2”のインストールが始まるのでそのまま待ちます。クライアントマネージャ2のインストールが終了したところで、本来は無線の親機の設定に入るのですが、今回は親機の設定はすでに済んでいるので一旦パソコンの再起動を行います。

再起動後、自動で起動しているクライアントマネージャ2の設定画面から“検索”でcoregaの親機が見つかるので、WEPキーを入力して“接続”で問題なく接続ができます。(コレガはWEPキーに16進数を使っているのでそのあたりに気をつければ問題ありません。)

お客様はびっくり、私はお客様のあまりの驚きようにびっくりです。

バッファローの場合は取説通りに一気に親機の設定にまで進むときにはあまり問題が起きないのですが、メニューの途中で終わる場合にはまず再起動をしないとユーティティがうまく作動しないときがあります。お客様はここで再起動をしなかったためにうまくいかなかったようですね。今回のように接続を変更したり新しい機器を追加したときなどは再起動を行うのは我々にとっては常識です。再起動を促すメッセージが出ないバッファローのユーティリティにも問題があると思いますけどね・・・。ちなみにNECでも無線LANのアダプタのインストールの後に再起動を促すメッセージが出ませんが、再起動をしたほうが問題になりにくいのはいうまでもありません。

私はこのあたりが得意分野なので、今回は助かりました。悪く言う人もいらっしゃいますが、私はバッファローはよいメーカーだと思っています。我々はうまくいかないときに呼ばれるわけなので、文句を言いたくなる気持ちもわかりますが、よく売れていて分母が大きいほど、よくない商品の実数も多くなりますからね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

遅いのは・・・。

昨日のお客様、電器店のサポートコーナーでのことです。
SOTECのノートパソコン(WindowsXP)をご利用なのですが、WindowsXPでメモリが256MBにしてはどうも反応が遅い気がするのでウイルスにかかっていないか見て欲しいとの事です。

お客様に起動していただくと、確かに遅いです、ハードディスクのアクセスランプが大方止まるまで5分以上かかります。ーと最後にノートンアンチウイルス2002が立ち上がってきたのでお客様に確認しましたが、全く更新されていないとのことですので一応削除候補です。少し様子を見てみましたがウイルスやらスパイウエアらしき症状は現れませんが、InternetExplorerやOfficeもゆっくり起動する感じでやっぱり何かおかしいです。

店頭では一人のお客様にあまり時間がかけられないので、ここでお客様に“ファイルや設定がどうにかなっても文句を言いません。”という書類にサインを頂いて、一旦お預かりとなりました。次のお客様の応対をしている間にノートンアンチウイルスの削除とオンラインウイルスチェックをして見ましたが何も見つかりません。

SOTECのことだからメモリかもと思って“memtest86”を使ってメモリのテストをしてみると・・・、

おや?

メモリが127MBと表示されています。お客様に連絡をしてみると、『あー、そうだったかもね』とのことでした。念のため確認しなかった自分も悪いのですが、すっかり力が抜けました。

引取りに来ていただくことにしましたが、まだずいぶん時間がある上に店も暇になってきたので、チェックディスクとデフラグまでやってしまい、お客様が見えたところで、ウイルスセキュリティ2005の30日試用版をインストールしてアップデートとウイルスの検索を行いましたが問題なしです。

よくお聞きしてみると、最近お勤め先のパソコンが新しくなってWindowsXPになったそうなのですが、自宅のパソコンと比べてみると明らかに自宅のパソコンの動作が遅いので、ウイルスか何かに違いないと思われたそうです。ご自宅ではこれからの季節に年賀状を作るのと、Webページを少し見る程度しか使われていないそうなので、ウイルスセキュリティの試用期間の間にメモリを追加するかご検討いただくことにしました。

電器店では購入していただいたお客様へのサービスという意味合いもあって、“診断は無料”という打ち出しをしていますので、まだまだ症状が軽いうちに相談や持込があって助かります。本当はもうちょっとご自分のパソコンのことをわかっていていただきたいですけどね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

Windows2000でmsconfig。

昨日のお客様、
VAIOのノートタイプをご利用で、どうやらウイルスに感染したらしいそうですが対策ソフトでも駆除できないので何とかしてもらえないかとのことです。外出先で電話を取ったのであまり詳しくお聞きすることなく、帰る途中で伺うことにしました。

早速見せていただくと、VAIOは珍しいことにWindows2000がプリインストールされていて、OCNでACCAのADSLを利用されています。少し見せていただいた感じではどこも悪そうにありません、メモリも増設されていますし、ウイルスバスターも問題なく動いているように見えます。

お客様に内容を伺ってみると、最近起動に時間がかかるようになったのでお勤め先で詳しそうな人に相談してみたら、“ファイル名を指定して実行”から“msconfig”を立ち上げて“スタートアップ”項目から不要なものを削除するとよいとアドバイスされたそうなのですが、“msconfig”は起動せず、再度聞いてみると“msconfig”が起動しなくなるウイルスがあるのでたぶんそれですよと言われたそうです。

もうお気づきの方も多いと思いますが、確かに“msconfig”を無効にするウイルスやスパイウエアはあるみたいなのでまんざらいい加減なアドバイスでもないようですが、そもそもWindows2000では“msconfig”は使えません。

“なんで?”とか聞かれてもよくわかりませんが、とにかくWindows2000では“msconfig”は使えません。私の自宅でもWindows2000を使っていますが、特に不自由はしていませんし・・・。スタートアップ項目は普段使っている“ccleaner”というフリーソフトで何とかしています。

ーということで念のためスパイウエアのチェックもしましたが問題なさそうなので、お客様にその旨をご案内しましたが、せっかくなので何とかスタートアップ項目をチェックしたいとのことです。できることなら仕事でフリーソフトは使いたくないのですが、お勤め先で“msconfig”を使ったことがあって英語もご堪能だということでしたので、『必ず利用条件を確認してくださいね』とお願いして、その名もずばり“msconfig”というフリーソフトをご案内しました。
ご興味がある方はこのあたりをご参考にされるとよいと思います。

Windows2000は私もそれほど詳しく知っているわけではありませんが、いろんな経緯があっていわゆるコンシューマー向け(量販店で売っている)のパソコンにはあまり搭載されていません。電話でWindows2000だといわれて伺ってみると、Officeが2000だったり『ミレニアムって2000でしょ?』とか言われたりします。他にも、WindowsMeより以前に発売されているのにもかかわらず、Meから2000にアップグレードしてほしいと依頼されることが結構あったり(条件付で可能です、あまりお勧めしませんが・・・。)、なんだかかわいそうなOSです。法人では定番のところも多いですし、私も普段使っているんですけどね・・・。ちなみに起動が遅くなったのはウイルスバスターをインストールしてからでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »