« WindowsXPの自動再生。 | トップページ | メールソフトがフリーズする。 »

2005年9月10日 (土)

USB Mass Storage Class

WindowsMe(正確にはWindows2000)以降、USBに接続するタイプの記憶装置(フラッシュメモリ・ハードディスクなど)を接続すると自動で認識されて使用できるようになっています。これはUSB Mass Storage Class(USBマスストレージクラス)という汎用のドライバプログラムによるものです。これによって機器に専用のドライバが不要となり、接続するだけでリムーバブルディスクとして扱うことができます。USBフラッシュメモリなどをWindows98で利用する場合にドライバが必要になるのは、Windows98がこのUSB Mass Storage Classに対応していないためです。他にもデジカメやメモリーカードスロット内蔵のプリンタ、携帯音楽プレーヤーなどの多くも対応しています。WindowsXPからパソコンを始めた方はなんでもかんでも接続すると使えるようになると思っている方が多いのですが、“Storage”と付いている通り記憶装置以外には有効ではありませんので注意が必要です。

最近、セキュリティの関係でUSBに接続する記憶装置が問題になることがありますが、このUSB Mass Storage Classを無効にすることで対応は可能です。詳しい方法はここでは書ききれないので検索するなどして探していただきたいのですが、レジストリを触ることになる点と日常使っている機器にUSB Mass Storage Classを利用しているものが無いか事前に把握をしたうえで作業を行うことをお勧めします。

|

« WindowsXPの自動再生。 | トップページ | メールソフトがフリーズする。 »

お役立ちツール」カテゴリの記事

コメント

ども、gucchiです。
私はWinMeは使っていませんので、Windows2000からですが、この機能は本当に便利だと思っています。USBメモリを持ち運んで他のパソコンで使うたびにいちいちドライバをインストールしないといけない(98などの場合)というのは本当に不便ですよね。
たまーに古いOSのパソコンで使う場合などはいちいちWebページからドライバをFDにダウンロードしてインストールして使っていますが。
「セキュリティ関係でUSBに接続する記憶装置が問題になる」というのはどういうことなのでしょうか?もう少し詳しく教えていただけると有り難いです。

投稿: gucchi | 2005年9月11日 (日) 06時15分

いつもありがとうございます。
すみませんわかりにくかったですね。パソコンのデータを待ち出せないように記憶装置をつなげなくしたいというご要望があるってことですね。主に法人でのことなのであまりかかわりたくはないんですけどね・・・。

投稿: pts. | 2005年9月11日 (日) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/5873849

この記事へのトラックバック一覧です: USB Mass Storage Class:

« WindowsXPの自動再生。 | トップページ | メールソフトがフリーズする。 »