« いつ使い始めるのか。 | トップページ | ゲームソフトとPentium。 »

2005年9月20日 (火)

IMEのプロパティ。

お客様と話をしていると、不自由な思いをしながら日本語の入力をされているかたが結構いらっしゃることに驚きます。そこで今日はIMEを便利に使う方法を少し書きたいと思います。IMEのプロパティの出し方は、“言語バー”が表示されている場合は、“言語バー”の“ツール”-“プロパティ”の順でクリック。“コントロールパネル”からは、“地域と言語のオプション”-“言語”タブ-“詳細”-“設定”タブ-“Microsoft IME”を選択して“プロパティ”をクリックです。(WindowsXP以前の方は地域と言語のオプションのところでテキストサービスを選んでください。テキストサービスがない場合はキーボード-言語が選べると思います。)

  • 一太郎を使っていたもしくは自宅では一太郎を使っているので、確定や変換の選択などの操作をATOK風に変えたい。

これは簡単なのに意外と知られていません。プロパティの“全般”タブの“キー/ローマ字/色の設定”欄の“キー設定”をATOKに変更します。これは私も使っています。

  • カタカナで入力して、アルファベットで表示させたい。

たとえばカタカナで“マイクロソフト”と入力して変換すると変換候補に“Microsoft”が現れるようになります。プロパティの“辞書/学習”タブの“システム辞書”欄の“カタカナ語英語辞書”にチェックを入れることで可能になります。特にブログなどで綴りを間違えていると結構恥ずかしいので私も重宝しています。

他にもたくさんの項目がありますので時間があるときにぜひいろいろ試してみてください。

|

« いつ使い始めるのか。 | トップページ | ゲームソフトとPentium。 »

お役立ちツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/6030226

この記事へのトラックバック一覧です: IMEのプロパティ。:

« いつ使い始めるのか。 | トップページ | ゲームソフトとPentium。 »