« 検索履歴の消去。 | トップページ | WindowsXPの自動再生。 »

2005年9月 8日 (木)

DVDの互換性。

前回のDVDの話は食いつきがよかったのに反応は今ひとつでした、表現力不足というかうまくこなれていない感じですね。もっとがんばりたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。ーということで今回は互換性の話です。パソコンで作成したディスクがテレビ用のDVDデッキで再生できるかとかその逆については今回省かせていただきます。『メーカーの保証はありませんが結構いけるみたいです』とよく答えていますが、例外やら特記事項があまりにも多くて短くまとめるとかえって誤解を招きそうな気がしますので・・・。

一番よく売れている規格であるDVD-Rについては、現在1-4倍速、1-8倍速、1-16倍速の3種類のメディアが発売されています。一見すると1-16倍速のディスクを買っておけばなんでも対応できそうに思えますが、これが結構微妙で、4倍速までのドライブを使っている人は1-4倍速、8倍速のドライブを使っている人は1-8倍速のメディアでないとうまくいかないようです。さらに8倍速のドライブを使用している人でも1-8倍速のメディアが使えない場合があります。そのような場合は最新版のファームウエアを“あてる”ことで対応ができるようになることもありますが、新しいファームウエアが公開されていないメーカーもあって、どうしようもないこともあります。

他のDVD-RW・DVD+RW・DVD-RAMなどの規格については低速用のメディアと高速用のメディアに互換性がないと製品に明記されていることが多いです。いずれにしても必ず購入前によくご確認されることをお勧めします。『やっぱり安いからだめだった』とか『あのメーカーは品質が悪いから2度と買わない』とおっしゃる方は多いのですが、最初から使えない仕様であったり、ファームウエアをアップデートすれば使えたケースが結構あるように思います。他にクリーニングしたら使えるようになったとか、書き込み用のアプリケーションソフトを入れなおしたりアップデートしたら直ったとかも聞きますので、すぐにあきらめずにいろいろやってみることが大切なのかもしれません。

|

« 検索履歴の消去。 | トップページ | WindowsXPの自動再生。 »

ハードウエアのトラブル」カテゴリの記事

コメント

お世話なっています。
DVDのメディアについては本当にいろいろある上に、同じ種類のメディアでも互換性が無かったりでホントややこしいです。
それに異様に安いノーブランドのメディアが出ていたりしますが、やはり信頼性は低いのでしょうね。
私も高速のメディアを買っておけばなんでも対応できるんじゃないかと勝手に思っていました。気をつけないといけませんね。

投稿: gucchi | 2005年9月 9日 (金) 06時47分

いつもありがとうございます。
全く気にせずに使っていて大丈夫な人も多いのですが、個別の事情が多いので結構困っています。少し時間を置いてもう少しまとまったものを書きたいと思いますのでまたよろしくお願いします。

投稿: pts. | 2005年9月 9日 (金) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/5843335

この記事へのトラックバック一覧です: DVDの互換性。:

« 検索履歴の消去。 | トップページ | WindowsXPの自動再生。 »