« パスワードのおまけ。 | トップページ | 地震と通信。 »

2005年8月16日 (火)

内蔵の無線LAN。

最近の無線LANの接続設定は、バッファローでは『AOSS』NECでは『らくらく無線スタート』コレガでは『ジャンプスタート』の名前で、以前に比べて格段に簡単にできるようになっています。(コレガはまだ触ったことが無いので想像ですが・・・。)バッファローもNECもそれぞれ30件以上設定していますが一度もうまくいかなかったことが無いので、完成度はかなり高いのだと思っています。ここで大事なのは接続設定が簡単にできるだけではなくAESやTKIPなどの高いセキュリティが自動で簡単に実現できることです。

ただそこで問題になるのが、バッファローやNEC以外の無線子機やノートPCに内蔵の無線子機を同じように簡単に高いセキュリティで接続することはできないのか?っていうことですね。バッファローもNECも対応範囲を情報家電に広げる計画がありますので、間口は広く作ってあるはずです。(たぶん・・・。)今回知り合いのところで少し試してみたので結果をご報告します。

まず手順を・・・、
1.無線ルーターはバッファロー(最近のモデル)
2.パソコンは東芝Dynabook(2005春モデル)
3.無線ルーター電源オン。
4.セキュリティ無しで内蔵無線LANで接続確認。
5.内蔵の無線LANオフ。
6.バッファローの無線LANカードを新規でインストール。
7.インストール終了後自動的に無線ユーティリティのインストールとAOSSでの設定まで自動で進むので、そのまま設定する。
8.接続確認後、パソコンの電源オフ。
9.バッファローの無線カードを外し、内臓の無線LANをオンにして電源オン。
10.内蔵無線LANでの接続確認。バッファローの無線ユーテリティも動作確認。
ーと、こんな感じです。

バッファローでの動作保障もされていませんし、他の組み合わせでできるかどうかもわかりませんので試される場合は自己責任でお願いしたいのですが、子機側がAESやTKIPに対応していればできる可能性が高いと思います。知り合いのところは10日たっていますが何も言ってこないので大丈夫だったのではないかと思います。富士通やNECの無線内蔵パソコンには独自の無線ユーテリティがあらかじめセットされていますので注意が必要です。

私の自宅では無線を導入しないつもりで有線のケーブルが家中を廻っているのですが、新しく買ったFOMAのM1000のおかげで無線を導入することになりました。現在機器選定中ですので購入したらいろいろ試してまたここに書きたいと思います。

|

« パスワードのおまけ。 | トップページ | 地震と通信。 »

家庭内ネットワーク」カテゴリの記事

コメント

gucchiです。
無線LANもどんどん使いやすくセキュリティ設定も簡単にできるようになっているのですね。
我が家でも無線LANも使っていますがずっと前のアイオーの無線LANアクセスポイントとPCカードアダプタなどを利用しています。セキュリティの設定については、MACアドレスによる制限とWEP共有キーによる暗号化ですのであまりセキュリティが高いとは言えないのでしょうね。
速度も遅いし(10M)、そろそろ新しいものに買い換えようかなと思ったりもするのですが、現在問題なく動いているのであえてという気になかなかなりません。

投稿: gucchi | 2005年8月17日 (水) 06時56分

毎度ありがとうございます。
特にバッファローのAOSSは、初めて設定するときはあまりの簡単さにびっくりします。ただ無線はそんなに壊れるものではありませんし、個人宅ならWEPでもそれほど大きな問題にはならないと思います。ESSIDを隠せるとよりよいとは思いますが・・・。ウイルスバスターの無線LANパトロールなども有効だと思いますよ。

投稿: pts. | 2005年8月17日 (水) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/5496806

この記事へのトラックバック一覧です: 内蔵の無線LAN。:

« パスワードのおまけ。 | トップページ | 地震と通信。 »