« 連続で・・・。 | トップページ | 絵心の逆襲。 »

2005年7月 4日 (月)

デスクトップパソコンのスピードは・・・。

デスクトップパソコン本体でスピードにかかわる部分といえば、
CPU・メモリ・ハードディスク・チップセット・ビデオボードあたりです。。
一時、メモリさえ追加すればどんどん早くなるといわれたこともありましたが、
今は、パソコンで扱うソフトも多種多様になりパソコンに求められる性能も増え。
Officeソフトが快適に動作すればよいとわけではなくなっています。

●CPUは演算処理を行う部品。
動画をエンコードするときや3DゲームなどはCPUの性能で差が出ますが、
一部のパソコンに詳しい方を方を除いて交換は余り現実的ではありません。
ーなので最初の購入時に自分の目的に合ったCPUを選ぶことが必要です。

●メモリはパソコンが実際の作業を行う場所。
ウイルス対策ソフトなどはメモリに常駐するのでメモリの増設によって
快適に動作するようになります。交換増設もどちらかと言えば簡単な部類。
パソコンの速度アップのために最初に取り掛かるにはよい部品ですが、
メモリの増設で全てが解決できるわけではありません。

●ハードディスクはファイルが保存されている場所。
高い性能のハードディスクを使用するとファイルへのアクセスが速くなります。
交換作業自体は簡単だが、データの移行が伴うとなると結構大変です。
現在低い性能のハードディスクが内蔵されているなら、新しいものと交換、
外付け用のケースを利用してバックアップ用などに利用するのがお勧めです。

●チップセットは他の部品を相互に接続している。
チップセットこれまではあまり表舞台で注目されることは少なかったのですが、
その性能によって各部品からのデータを早く転送できるので大変重要な部品です。
ただマザーボードと一体で、交換によってCPUが使えなくなったりするので
CPUと同じく多くの人にとって交換は現実的ではありません。
最初の購入の際によいものを選ぶことが大切であるといえるでしょう。

●ビデオボード(ビデオカード)はディスプレイに表示を行う部品。
比較的簡単に増設・交換ができる部品であるといえますが、
チップセットにグラフィック機能が内蔵されているために
ビデオボードの追加ができないこともあるので注意が必要です。
最近のゲームなどではビデオボードに高い性能を要求する製品が多く、
DVDやデジカメ写真の大量表示など活躍できる場面が大変多いです。
値段も数千円から数万円までかなりの種類があるので、購入に当たっては
目的を明確にした上でショップの店員さんに相談するのをお勧めします。
かなりメジャーな交換部品なので詳しい店員さんも多いです。
パソコンの画面をテレビに映したい場合もこの部品で解決できたりします。
(条件によるのでよく店員さんと相談して購入してください。)

大切なのは上に挙げた五つの部品全体のバランスであり、
どのような目的でパソコンを早く動かしたいか?をはっきりすることです。
できれば『自称ちょっと詳しい』素人の友人には頼らず、
信頼できるショップで相談されることをお勧めします。

|

« 連続で・・・。 | トップページ | 絵心の逆襲。 »

パソコンのスピード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118959/4830478

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップパソコンのスピードは・・・。:

» CPU [パソコン図書館]
CPUCPU(Central Processing Unit、中央処理装置)は、様々な数値計算や情報処理、機器制御などを行うコンピュータにおける中心的な回路で、記憶装置上にあるプログラム (コンピュータ)|プログラムと呼ぶ命令列を順に読み込み、解釈し、その結果に従ってデータの移動や加工を行う。CPU...... [続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 11時02分

« 連続で・・・。 | トップページ | 絵心の逆襲。 »